FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(10)  「Be My Lover」 (13)パーティーの夜

(13)パーティーの夜 ----------------------------------------------------------

 アドミラルデイ当日。
 アンドレア・ドリアの広いフライトデッキいっぱいに、パーティー会場が作られていた。
 デッキよりも一段高い位置で停止させた、艦載艇用のエレベーターにはステージが設けられ、ラヴァーズはもちろん、有志の兵士・士官たちがさまざまなパフォーマンスを繰り広げていた。
 会場にはアンドレア・ドリア乗組員以外にも、他の艦から大勢の人間が集まり、大変な賑わいとなっていた。
 フランチェスカは裏方に徹し、普段の士官服のまま、雑多な業務を目の回るような忙しさでこなしていた。

 そして昼の部が終わり、夜の部は艦内のいくつかの場所に別れて、それぞれに宴会の席が用意された。

 ラウンジでは、亜里沙の快気祝いのパーティーが行われ、艦の主だった人物が顔を揃えていた。
 昼間は裏方に徹していたフランチェスカも、請われてラヴァーズのドレスに身を包み、会場の華となっていた。
 そして会場の隅。宴が盛り上がりを見せる頃合を見計らって、リッカルドは席を立ち、ラウンジを出ようとした。

「あら、提督。もうお戻りですか?」


 リッカルドが振り返ると、グラスを持ったエミリアが立っていた。

「艦橋が手薄でな、当直士官が一人居るだけなんだ。せっかくのパーティーだし、彼と代わってやろうと思ってな」
「あら、提督も大変ですわね」
「まぁな、でなきゃ勤まらんよ」
「後で、彼女を行かせますわ」
「ふん」

 リッカルドは、鼻で返事をすると、手をひらひらさせて会場を後にした。
 エミリアはグラスをマスターに預けると、フランチェスカの元に寄った。

「フランチェスカさん」
「ああエミリア、どうしたの?」
「提督のお姿が見えないですけど」
「リッカルドのことなら、エミリアの方が良く知っているんじゃないの?」
「確かに、今あの方がどちらにいらっしゃるか、本当は私、知っていますわ」
「そう……。それなら、どうして私に聞くの?」
「リッカルドさんが、今どこにいらっしゃるか、知りたくはありませんか?」
「別に、私は……」
「まだ、誤解していらっしゃるのですね」
「だって……」
「私が言いたかったのは、今が“その時”ではありませんか? ということですわ」
「“その時”?」
「仲直りのチャンスだと、いうことです」
「リッカルドが仲直りしたいと思っているかは、わからないよ」
「リッカルドさんのこと、まだ信じてあげられないの?」
「良く、分からない……」

 口ごもるフランチェスカの肩に、エミリアはそっと手を載せた。

「私は、とっくにリッカルドさんは貴女に、意思表示をしていると思いますよ。あとは、貴女ご自身の問題でしょう?」
「私の?」
「そう。フランチェスカさん自身は、どうしたいの?」
「……」

 フランチェスカは即答することができず、エミリアを見上げた。
 今にも泣き出しそうな、恋に怯える少女の様に不安な顔をしていた。
 エミリアは少しかがんで目線をフランチェスカに合わせると、優しく語りかけるように言った。

「戦場で判断を誤った事の無いといわれる、聡明なフランチェスカさんも、自分自身の気持ちになると、決心が鈍いんですのね」
「でも、どうすれば良いのか、本当に……、判らないんだ」
「たぶん、リッカルドさんは貴女のことを、自分の副官であると言う以前に、一人の女性として認識していらっしゃるんだと思います。そんな彼の気持ちも、判ってあげてはどうかしら?」
「リッカルドは、私とはなんていうか……、戦友として互いに必要としているだけだと、思うんだ。男ばかりの世界で過ごしてきたから……」
「男同士の友情を超えるような、感情なんて無いと?」
「うん……」
「でも今は、フランチェスカさんは女性なんですよ。元男性なら、信頼に足る女性が常に傍にいたら、どうしたくなるか判りますでしょう?」

 そう言われたフランチェスカではあったが、それでもまだ答えを見つけられないでいた。

「それは……」
「リッカルドは、……本当に私が好きなのかなぁ?」
「もしフランチェスカさんが過去にこだわっているのだとしたら、それよりも大切な未来のために、今しなければならないことがあるはずだわ」
「でも、リッカルドは……」
「リッカルドさんは誰が見ても、フランチェスカさんを”独占”したいと思っていらっしゃいますよ」
「けどそれは……、部下としての私が、欲しいだけであって……」
「“お前は部下じゃなくて恋人だ!” なんて、先輩で上司でもある提督が、あなたに言えると思いますか? いえ、それは私なんかよりもずっとお付き合いの長い、フランチェスカさんの方が良くご存知ですよね?」
「……」
「フランチェスカさんが戸惑い、悩んでるのと同じぐらい、リッカルドさんも傷つき、苦しんでおられますわ。だからどうして良いか判らなくて、子供見たいに拗ねていらっしゃるのだと思いますわ」
「リッカルドが、苦しんでる……?」
「彼の不安と苦しみを解消する、おまじないを教えて差し上げます。そうすれば、きっと仲直りできますよ」

 そういうとエミリアはフランチェスカの耳元に口を近づけて、あることを囁いた。

「うん……。ありがとう、エミリア。リッカルドとちゃんと話して見るよ」
「ええ、それが良いですわ。リッカルドさんは、艦橋にお一人でいらっしゃいますよ。行っておあげなさい」
「わかった、行って見る」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/18372-8d0786b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08