FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(10)  「Be My Lover」 (14)Be My Lover

(14)Be My Lover -------------------------------------------------------

 二人の様子を離れて見守っていたフェラーリオは、フランチェスカと入れ替わるようにエミリアの隣に座った。

「大尉は、提督のところへ?」
「ええ。フランチェスカさんも、ずいぶんと腰の重い方でしたわね」
「あんなに迷っている大尉を見たのは、初めてでした」
「でもそれだけにきっと、決心も固いでしょうね」
「はい、貴女のご協力に、感謝いたします。お二人の友人として、貴女に感謝いたします」

 杓子定規な礼の言葉に、エミリアは少しむっとして、人差し指を立てて言った。

「ところで、ひとつ質問があります」
「私にですか?」
「ええ」
「なんでしょう?」
「なぜ、私のところに、ご相談にこられたのですか? ラヴァーズの誰かに相談するにしても、階級待遇が最上位で、フランチェスカさんのお手伝いもしている、メリッサに相談なさるのが、自然かとは思いますが?」
「それは……」

 明らかに答えに窮していると、誰にでもわかるフェラーリオの様子に、今度は満足げな笑みを浮かべたエミリアは、できるだけ優しい声で言った。

「うふふ。実は私、気がついていましたのよ。参謀殿がずっと前から、“私の当番の時に限って”、ラウンジに来てくださっている事」
「う、……そ、それは……」

 顔を真っ赤にして口ごもり、下を向くフェラーリオに、エミリアは満足げに目を細めた。

「エミリア殿、ひとつ聞いてもよろしいですか?」
「何でしょう?」
「こんな事を言うのは失礼かもしれないが、元男性だった、あなた方が、その、女性として男性を見ているのか、それともやはり本気などではなくて、義務感とか、単に仕事として割り切っているだけなのか……」
「まぁ、アメデオまで、そんなことをおっしゃるの?」
「いや、私はつまり、その……」
「最近では、ラヴァーズと兵士や士官との結婚例も、多いと聞きますわ」
「それは……、昔から同性婚が無かったわけではありませんし……」
「元男性だったラヴァーズと、普通の男性が結婚するのはおかしい。気持ち悪いと、アメデオは思うのね?」
「いや、決してそんな差別的な考えを持っているわけではなくて……」
「私は、過去の経緯はあるにしても、今の自分は女性だと思っています。アメデオは私の事、そうは思ってくれないの?」
「い、いや、その……、からかわないでいただきたい。自分は」
「誰とでも寝るラヴァーズなんか、女としては最低だと」
「そんな事は決してありませんぞ! 貴女がそうなさっているのは仕事だからであって、もし仕事をする必要が無ければ、自分と……」
「アメデオと?」
「いや、今のは忘れてください。他人の人生に口出しするほど、自分は大それた人間では……」
「誰かに好意を持ったり、恋愛感情を抱いたりする事はどんな人間にも赦されている、基本的権利ですわ」

 そしてフェラーリオの耳元にそっと顔を寄せて、囁いた。

「今夜は私も予定がありませんの。もしよろしければ、誘ってくださらない? アメデオ」
「は、はぃ。喜んで!」

 エミリアはそっとフェラーリオの左手に自分の手を絡ませた。
 そして、エミリアがそっと何かを耳打ちすると、フェラーリオは顔を少し赤らめて、エミリアに左手の人差し指と中指を握らせ、ゆっくりと席を立った。

 後に残された飲みかけのグラスの氷が、笑うように音を立てた。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


 リッカルドは当直士官をパーティー会場へ行かせると、自分一人きりになった艦橋を、ぶつぶつと何かをつぶやきながら、落ち着き無く歩き回っていた。
 フランチェスカになんと言うか、それを考えていたのだった。

「“お前はもうラヴァーズじゃないんだから、そんなことしなくてもいいんだ!”  ……いや、それは前にも言った。“お前は俺の副官の仕事だけをしてればいいんだ!” いや、それだと……。ああぁっあああ! 何で俺がこんなことで悩まなけりゃいけないんだ! 俺は上司だぞ! 提督だぞ! フランチェスカはなんだ!? 俺の副官だろう! 士官学校時代に散々面倒を見てやった後輩で、一緒にいくつもの戦場を駆け抜けて、戦果を共にしてきたって言うのに! 勝手に女なんかになりやがって! 俺にどうしろってんだ! 俺に!」

 だが関係の改善を図らなければ、艦隊の士気にも影響するのは明白だった。

 そのときふと、エミリアの言葉が蘇った。

『艦隊の士気? いえ、リッカルドさんの士気の間違いではありませんの? それならば、自ずと何をすべきか、ご自身でお判りになるでしょう? 艦隊のためではなく、貴方ご自身のために、フランチェスカさんにきちんとご自分のお気持ちを、伝えるべきだと思いますわ』

「……俺自身のためにか」

 リッカルドは少し考えてから、口に出していってみた。

「“フランチェスカ、お前がいないと、俺は駄目なんだ” 
 ……って、言えるか! そんな恥ずかしいセリフ!! ああぁあっ! くそっ! 何だってあいつは、ラヴァーズなんかになっちまったんだっ!」


 しばらく腕を組んで、立ち尽くしたまま再び考え込んだリッカルドだった。
 そして、自分を納得させるかのように、口に出した。

「フランチェスカ。お前は、俺だけのラヴァーズでいればいいんだ」
「うん、わかった」

 リッカルドは思わぬ方向からの声に驚き、後ろを振り返った。
 そこには、パーティードレス姿に少し顔を赤らめた、フランチェスカが立っていた。

「あ、いや……その」
「リッカルドは、……私にとって、とても大切な人だよ。言葉では言い表せない。だから、リッカルドがそんなに言うんだったら、もうラヴァーズの当番はしないよ」

 そういうとフランチェスカは、ゆっくりとリッカルドに歩み寄り、リッカルドの手を握った。
 左手の人差し指と中指だけを。
 計算外の出来事に、リッカルドは動揺を隠し切れなかったが、機会を得てそれを逃す男でもなかった。

 リッカルドはフランチェスカを抱き寄せ、白くて小さな頤に手を添えた。
 フランチェスカも上を向いて背伸びをし、そして目を閉じた。

10_5.jpg

<星の海で 終わり>


(E)

コメント

連載お疲れ様でした。
キュートだけど深い題材だったと思ったり。
楽しめました。
ありがとです。

連載お疲れ様でした。
次回作も期待しております~♪

というわけで、「星の海で」はこれでおしまいです。長い間お付き合いありがとうございました<(_ _)>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/18456-2eac3412

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08