FC2ブログ

Latest Entries

アスランとナタリー ~策謀の秩序~ by.黒い枕&松園 〈5-3〉



ぷしゃぁッ!ぶしゅっ……!
(ダメェ……だめよぉ!こんなの……逆らえる訳が無いじゃない!)
理性を希薄にさせる快感の波が、お腹の奥より伝わってくると、太ももに引っかかるほど女の愛液が勢いよく噴出した。
「お、お願い……ほ、欲しい。欲しいの……」
恍惚の笑みを満面に浮かべ、アスランはナナミの体を抱き締める。
ぎゅっ、むぎゅっ。
彼女の顔を包みながら、巨大乳房が盛大に揺れ弾む。
「ほんと……イヤらしいおっぱいだ。それにもうここが準備万端の……お漏らし状態なのか?まったく、とんでもない淫乱娘だなぁ!」
「あっ、ああ!い、意地悪……しないでぇ!」
豊満な乳を堪能しつつ、彼女は手馴れた手付きでアスランの股座を弄ると、二本の指を秘部の奥へと、奥へと差し入れる。
(あっ、あああ――気持ちよすぎてぇ!変になりそう!わ、わたしぃ!)
熱く濡れ浸った粘膜の中、ずぶずぶっ、と指の先が沈んでゆく。
切ない疼きに悩まされていた膣内が一斉に窄まって、全身から汗が溢れ返った。
「あ、あつい!奥が……子宮が熱いわ!!」
灼熱の喜びを走らせて、壷型性器が悩ましく覚醒する。
襞壁が二本の指を、途轍もない力で締め付けた。
「あはは……すごい反応だな。まるで大飯食らいのモンスターだ!」
からかい気味の言葉にさえも、反応できない。
耳がぴくん、と立ち、尻尾は力なく垂れる。
(もう……我慢できない!男のモノを――エリオットの一物が欲しい!!)
ハァ、ハァ、と浅く早い吐息を繰り返し、アスランはお尻をナナミに向ける。
「お、お願い……します。はやく、私の中に……エリオットのおちんぽをい、入れて!!」
淫靡な熱に苛む瞳は、既に彼女の股間にしか向いていない。
「んあっ……ああ!あん……あぁ……!」
「……そうだな。うん、じゃあ……俺のことをご主人様って言えばいいよ」
「えっ?何を考えているのよっ!?ば、ばぁ……そんなこと言えない――んっ!」
「いいじゃないか……こんなにも可愛くて、エッチなナタリーが悪いんだ。もっと……俺を……俺のちんこを興奮させてくれよぉ!なぁなあ!なああ!」
ぐちゅ、くちゃ、ずぶぶっ、ぐちゃっ!!
「はぅンン――!?」
捲し立てるような口調で命じると、ナナミは濡れ浸った女の園を二本の指で穿り返す。
すっかりと発情し熱い粘液に満たされた肉穴と、二本の指が、淫靡な糸で繋がった。
「あっ、あふぅ!んは……はひぃ!」
激しい差し入れに、膣壁が悩ましく捲り返る。
意識を掻き乱す歓喜が頭を襲い、冷静な判断など不可能だ。
アスランは媚びるような眼差しを背後に向けると、弱々しい泣き顔で言い放った。
「ご……ご主人様ぁ!」
その健気な姿に、ますますナナミは調子に乗る。
イヤらしい水音を響かせながら、秘部に差し入れた指を回転させる。
そして、もう片方の手で、充血した勃起乳首を捻り潰した。
ぷしゅわ、しゅわああ!
「あはっ、んん――ご、ご主人さ、さま!さ、さま!」
壊れた玩具のように大きな痙攣を引き起こし、アスランはシーツの上に崩れ落ちた。
(あひぃ!ご主人様ぁ!え、エリオットさまぁ!は、はやく私を――ナタリーを犯してぇ!!)
まるでナナミに差し上げたいと言わんばかりに、お尻を天高く突き出した。
「は、はやく……死んじゃう。ご、ご主人さまぁ……」
その姿はまさしく主人に媚びまくる牝犬そのものだった。
「あああ!お前はどうしてそう!――俺を暴力的な男にしてしまうような可愛い仕草ばっかり取るんだよおお!?」
「あっ、ああ!んはぁ!きゃぅうううう――!」
ずぶ、ぬぶぶっ、じゅぶ!パンパンパン!
濡れ熟した肉花弁を翻し、ナナミの熱い勃起ペニスが内蔵を掻き分ける。
重なり合った股間から淫靡な音色が木霊して、途方もない悦楽が脳裏を打ち上げる。
「あ、あふん!ああ!ご、ご主人――さまぁ!!」
未だに慣れることが不可能な、圧倒的喜びに、アスランは感謝すらも覚えて、吠える。
「いい!イイっ!最高う!あっ、ああ――!!」
ハァハァと熱い息を吐き、はしたなく唇から舌先をこぼして、腰をくねらせる。
ぐちゅ、すぶぶっ、ぐちゃ!
より深く股間と股間がひとつになると、膣内(ナカ)が激しく歪んだ。
「あ、ああ!エリオットの……ご主人さまの!一物……おっきくて!くるしひぃ!んは……ああ!んんっ、くぅううう――!」
伸縮する肉洞穴が、侵入する男根を強烈に絡み取る。
けれども、突進の勢いは止まらない。
亀頭の先が、子宮にまで届く。
あまりにも固くて、太い、極悪ペニスが――グリグリとアスランの壺型性器を辱めた。
「あんん!すごい……あたま!ああ!ばか!ばか!にぃ!ああ――!!」
ナナミが腰を前後する度に、子宮が男根に弾き上げられる。
途端、頭の中を雷のような悦楽が襲いかかった。
(ああ!もう……ゆるして、ください!ああ――だめぇ!いく、いくぅ!!)
ぷしゅ、しゅわああ!!じゅぁあああ!ぶしゅっ、ぷしゅしゅっっ――!!
「い、いくぅ!い、いちゃいますぅ――!ご、しゅじん!ご主人さまぁあああ!!」
膣内が伸縮し、ギュルンギュルンと肉棒を締め付ける。
アスランは四肢を強ばらせながら、弓なりに仰け反ると、夥しいほどの愛蜜を肉花弁の奥より噴出させた。
「あ、ああ!んっ……くうう!」
ガクガクと激しい痙攣に襲われる。
「う!俺の……精子を受け取りやがれ!!」
「あ、ひぃいい――っ!!」
どびゅるぅううう、どびゅ!びゅううぅ!ずぶぶっ、ぶっ!
絶頂の余韻すらなく、ナナミの射精。
常識では考えられないほどの量と濃厚さに、再びアスランの意識は昇天する。

06_20161016172914dd0.jpg
挿絵:松園

(あが……ひいい!し、死ぬぅうう!)
ぷしゅ、しゅわ、じゅわあああ!!
まるで放たれた精液と競い合うかのように、大量の牝体液が再び、膣内より溢れ返った。
「あっん……ああ!」
ぐったりと力が抜けて、アスランは四つん這いの格好のままシーツに蹲る。
だが、お腹の奥底では一層のこと子宮が切ない疼きを発していた。
(も、もっと……欲しい!も、もっと……気持ちよくなりたい!)
淫蕩の色を隠さない、締まりのない表情でナナミを見上げる。
恥ずかしがる素振りも見せずに――本当に男らしい有り様で――彼女は口を開く。
「はあ、はあ……どうする。……もう一度するか、ナタリー?」
その提案を、拒む理由はなかった。
「お、願い……します。この……イヤらしい……はぁ、はあ!え、えっちな……牝犬ナタリーに…‥あなたのおちんぽを、もう一度……ください!ご主人様ぁああ!!」
ぐちょりっ、と男の孕ませ汁を垂れ流す女陰を見せつけながら、アスランは媚びた眼差しで、ナナミを誘った。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/18807-c5daa801

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08