FC2ブログ

Latest Entries

TS投稿小説第127番 クリスマス・プレゼント

作.うずら

多くの子供たちが待ちに待ったクリスマス。街も人も浮かれる季節。
小さな兄弟のいるこの家も例外なく幸せに包まれていた。
「うわあ、ご馳走だね、お兄ちゃん」
「ああ!」
お母さんに呼ばれた兄弟が二階にある共有の部屋から降りてきた。
テーブルに並んだフライドチキンやケーキに、二人の目は釘付けになる。
お父さんがスイッチを入れると、小さなクリスマスツリーが部屋の隅でピカピカと輝き始めた。
二人が歓声を上げている間に、お母さんとお父さんも席につく。
お父さんがニコニコと笑いながら、弟のあさきに問いかけた。
「あさき、今年はサンタさんに何を頼むんだ?」
「えー、ヒミツだよー」
「そうかぁ。ゆうきはどうだ?」
「俺もナイショ」
「なんだ、二人ともお父さんには教えてくれないのか?」
示し合わせたようなその姿に、お母さんもお父さんも楽しそうに笑っている。





そんな幸せな家族団らんの時間は、兄・ゆうきの怒鳴り声で消滅してしまった。
「今、グリーンピース、俺の皿に入れたな!」
「先にニンジンをおしつけたのはお兄ちゃんだよ」
「俺は兄貴だから、何してもいいんだ!」
「うー、お兄ちゃんのばかぁ!」
「ばかって言った方がばかなんだぜ、知らないのかよ!」
勝ち誇ったゆうきにあさきが拳を振り上げた時、お父さんが立ち上がった。
二人の頭を痛みを感じる程度の強さでたたく。
「こら二人とも! こんなときぐらいケンカするんじゃない!」
「もう、ケーキは抜きだからね! ちゃんと反省しなさい!」
「「あ……」」
お母さんもケーキを冷蔵庫に仕舞いに行ってしまう。
兄弟は互いを恨みながら、黙々と食事を再開した。
たまに目が合ってはそっぽを向くその姿に、両親は密かにため息をつくのだった。


「「ふんっ!!」」
結局、仲直りをしないままの兄弟はケーキを食べられずに、寝る時間になってしまった。
まだ個人の部屋を与えられてないので、嫌な相手と同じ部屋でも仕方がない。
お互いに心の中でののしりながら、二段ベッドにもぐりこむ。
(あんなヤツ、うるさいだけだっ。佐藤の妹みたいに可愛くておとなしい妹なら、オレだって可愛がったのに……。よし、サンタさんのお願いにそう書こう!)
(お兄ちゃんなんか嫌いだっ。たかし君のお姉さんみたいに優しくてビジンのお姉さんだったら、僕だって仲良くしてもらえるのに……。あ、サンタさんだったら、お姉さんくれるかな?)
靴下に願い事を書いた紙を入れ、二人は眠りについたのだった。


25日。
朝早く目が覚めた兄弟は、すぐにお互いの枕元に置いてあるはずのクリスマスプレゼントを探し始めた。
「あれぇ?」
「……おかしいなぁ」
しかし、探しても探しても見つからない。
とうとうケンカをしていたことも忘れて、ゆうきがあさきを呼んだ。
「ちょっと、降りて来いよ」
「う、うん」
あさきは梯子を使って、素早くゆうきのベッドに降り立った。
そこで、顔を見合わせた兄弟は息を呑んだ。
「え?」
「あ?」
お互いの目に、自分と同い年ぐらいの女の子が映っていた。
「お前、誰? あさきは?」
「え、僕があさきだよ。君こそ、誰? お兄ちゃんはどこに行ったの?」
「……おい、ちょっと、そこの鏡取れよ」
ゆうきは質問に答えずに目の前の美少女に命令した。
半ば無視された格好のあさきは、憮然としながらも指示に従う。
小さな鏡を受け取って、まじまじとそこに映った自分の姿を見つめるゆうき。
やがて蒼白の顔で鏡をあさきに押し付けた。
「こ、これが僕、なの……?」
認めたくないのに認めざるをえない。
その事実はやはり受け入れがたく、二人そろって体中を弄り回す。
「や、やっぱりおちんちんもない」
「僕もないっ! それに胸もなんだか腫れてるよぉ!」
「し、死んじゃうのかな、オレたち」
「うわああん、そんなのやだあっ」
とうとうあさきは不安に耐え切れずに泣き出してしまった。
その様子に、ゆうきもしゃくりを上げ始める。
「もう、朝から何を騒いでるの?」
「お、お母さん……」
泣き声を聞きつけて、お母さんが慌てて部屋に入ってきた。
二人の頭を撫でながら、大きくなったあさきを諭す。
兄弟から姉妹に、それも年齢が逆になってしまったにも関わらず、まったく動じていない。
「あさひはお姉ちゃんなんだから、ゆうひが怖がってたらちゃんと慰めてあげないとだめでしょ」
「え、僕? あさひ? お姉ちゃん?」
「ゆうひ……ってオレのこと?」
「こら、ダメでしょ、女の子がそんな言葉を使っちゃあ」
「え、だって」
「だってじゃないでしょ。いつもはわたしって言ってるのに」
まるで元から女の子だったかのように言われ、なぜかそうだったかも、と思ってしまう。
「えっと、ごめんなさい、ママ」
「ごめんなさい……」
「いいのよ。怖い夢でも見たのね?」
「うん、ゆうひが泣いちゃって、私まで不安になっちゃったの」
「だ、だって、わたしやおねえちゃんにおちんちんが生えてたんだもん……」
姉妹を安心させようと微笑んでいたお母さんは、すっと真顔になった。
その急激な変化に戸惑う二人。
「ま、ママ?」
「どうしたの、どこか痛いの? パパ、呼ぶ?」
「え、あ、大丈夫よ。その、二人が男の子だったらって想像しちゃってて」
しどろもどろになりながらも、またいつもどおりの微笑を浮かべた。
「そうそう、今年はサンタさんからのプレゼント、廊下に置いてあったわよ?」
「「あ!」」
お母さんに指摘されて、そろって声を上げた。
我先にとプレゼントに向かって駆けて行く。
すぐに甲高い歓声が聞こえた。
「ふふっ、男の子用のは無駄になっちゃったわね……」


子供たちが寝付いた後、今では両親が話し合っていた。
「あなた、二人ともすっかり仲良くなって、一緒に寝ちゃったわ。大成功ね」
「ああ。でも、大人にまであのクスリが効果があるなんてな」
「ええ。世間の認識や知識もずれるから大丈夫だとは思うけれど……」
「それより、体の心配をした方がいいぞ。今日は女の快感をたっぷり味あわせて
やるからな」
「もう、あなたったら。……3人目、できるかしらね」

<END>





質問 クリスマス・プレゼント のご評価をお願いします♪


とてもよい

よい

まあまあ

いまいち






コメント







- レンタルサーバー -






結果


過去の投票


FC2ID








コメント

兄弟が姉妹になって、年齢まで逆になるなんて最高でした!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1968-36618968

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-09