カウンター
[PR] 広島 美容外科 オフィス家具 買取 あむぁいおかし製作所 【TSF小説・DL作品】オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~ ①
FC2ブログ

Latest Entries

【TSF小説・DL作品】オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~ ①

応援上げです♪

【オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~】
作:kagami0235
絵:ささくま きょうた

『第一章』


「本日は、我が組織をご利用いただき――誠にありがとう御座います。鮫塚大将様。私は、ここの総支配人を務めています。松村と言う者です」
妙に腰が低い、中肉中背の男だった。
それなりの値段はするだろう背広を纏い、きっちりと髪型を整えながら、平凡な雰囲気を拭えない彼は、『職業柄、名刺はお渡しできませんが……ご了承ください』と言い、ソファに座ることを勧めて来る。
僅かに抱いていた期待が萎んでいくのを、鮫塚大将は感じていた。
(……やっぱり、か。……どうせ無駄だったんだ)
人里離れた山奥。
山と山の隙間に潜り込むようにして、その洋館は建っていた。
広大な庭には噴水や花園もあり、一目ではリゾート施設に見えなくもない。
だが、しかし……。
「それでは……早速、ご紹介させて頂きます。お父様の方から大将様は、大変におモテになると言うことを聞きましたので――いやはや。珍しい商品を……つまりは女性を取り繕ってみたのですが……どうでしょうか?」
松村が、ぺこぺことお辞儀する。
その手から差し出された写真には、複数の女性があられもない姿で映し出されていたのである。
「例えば……これは、男性器を見せさえすれば絶対に服従してしまう娘。名前はカオリ。また、こちらはどうでしょうか。他人の排泄物を定期的に摂取しないと呼吸困難になるよう躾けた娘……レイコです。……おっと、これもお勧めですね。純潔を守ったまま、性感帯だけを過剰に開発した娘……ナナ。どれも至高の肢体たちです」
「…………」
そう、ここは普通の場所ではない。
陰湿な犯罪行為が平然と行われる日常の裏、世界の闇。
ここでは顧客の注文<オーダー>に応え、商品と言う名の”ヒト”が売り買いされているのだ。
調教済みの奴隷たちは、裏の世界でも人気が高かった。……が、しかし。
(うーん……んーっ……微妙だなぁ……僕の好みじゃないなぁ……)
客室に案内される最中にも、破廉恥な姿――ボンデージや、裸など――で恥辱の仕打ちに晒されている女性たちとすれ違っていた。
悔し気に睨むもの、怯えて震え上がるもの……そして、身も心も奴隷に堕ちたもの。
最初こそはゾクゾクと背筋が粟立ったが、それも一瞬だ。
大将は、どうしても乗り気になれない。
(それに……思う通りになる女なんて……普通にいたしなぁ……)
大企業の跡取り息子の大将は、金にも、女にも困ったことはない。
自惚れでも何でもなく容姿端麗で、優秀、しかも金持ちと来て、周りの人間たちは勝手に媚びて寄ってくるのだ。
困難も、苦しみも味わったことがない。
故に……彼の心は満たされことがなかった。
「…………ま、また。……今からでも新しい商品を納入し……御覧のような
サービスで、大将様好みの性奴隷に仕立てることも可能です。どうですか?」
用意していた商品では釣れなかった松村は、組織で行うサービスの一覧を、慌てて差し出して来た。
高級外食店のような豪勢な品目表には……一般の神経なら目を瞑りたくなるような最低で下品な記述ばかりが、隙間なく埋められていた。
だが、大将は平然と一覧に目を通していく。
(……へえ。アナルに……ダルマに……拷問。あ……壁や床に埋めて、死ぬまで飼うのもあるのか。……肉便器化サービス。なるほど、手が込んでいるのは
……認めるよ)
やはり、大将は狂っているのだろう。
異常を、異常だと思えないのだ。
(……うーん。……僕には、まだいいっていうか。どれも……興味がないっていうか……でも父さんには安心して貰いたいし……わざわざ僕に、ここを勧めるくらいだから――そろそろ奥さんも、孫も欲しいんだろうなあ。……でも)
苦労も、絶望も一度もなかったレールの上の人生。
それだけが、大将を歪ませた――わけではなかった。
むしろ、原因の大半は父親にあるのだ。
鮫塚小五郎。
過保護では、とても言い表せない彼の教育の結果、鮫塚大将と言う人間は、常識と良心を失ったまま大人になっていたのだ。
(…………あれ?……なんだ……これ?)
父には感謝しているし、困らせたくないとは思いつつ、一覧表を流し見ていた大将は、不意に視線を止めた。
それは純粋な興味だった。
内容が、よく分からなかったからだ。
「……せい、てんかん……調教……?」
――『性転換調教』。
この文字だけが、妙に意識に入り込む。すると……。
「ああ……それですか。性転換調教サービス……こちらのコースでは、私たちが用意した商品や、指定して頂いた人物を……文字通りに性転換し……お客様のご注文通りに――身も心も作り変えるサービスです」
「そんな……ことが……可能なんですか?」
「勿論ですよ。技術とは、科学とは……むしろ、世界の裏側で進歩するものです。大将様のご想像を超えて……男をオンナに、女をオトコに――変えてみせます!完璧にっ!」
その言葉が、大将の胸に、心に響いた。
どくん、どくん……どどどっ。
彼の中で、何かが目を覚ます。
「どんな人物でも……僕の望むままにっ――変える。オンナに……変える」
「はい。どんな男でも大将様のためだけの……性奴隷に変えてみせますっ!」
『まぁ、他のサービスと比べても、かなりお値段が掛かるのですが……』と零す松村の声は、もうほとんど耳に入っていなかった。
(僕の周りは……僕の思い通りになる連中ばかりだった。男も、女も……退屈する。むしろ、相対するだけで疲れる、煩わしい奴らだ。けど……普通じゃない、オンナなら?……男だったのに……女に変えられて、僕だけの……奴隷に、牝になる。……うん、いいかも。これにしよう!)
想像したこともない背徳の刺激を――大将は求めていた。
松村の言葉を聞き、男を女に変えて、牝として飼ってみたくなったのである。
まるで子犬や子猫を買い上げる感覚で、にやり、と彼は唇を歪めた。
「決めました。松村さん……僕、このサービスがいいです。これで女に変えた男を……奴隷に。いえ、パートナーにっ。僕の妻にします!」
「……おおっ。畏まりました」
「僕だけを愛して、僕だけに体を捧げる――そう……牝妻と言うくらいに、身も心も牝にして下さい」
「はい、はいっ。分かりました。……ですが、基本料金だけでも二億は掛かります。大将様のご要望のサービス内容だと……恐らく、お値段の方が五億……いえ、六億は超えると思うのですが……」
「ああ、そこは心配しなくていいです。父さんに言えば……今日中にも振り込むと思います。むしろ、どんなに金が掛かってもいいです!」
「…………は、はあ。流石は鮫塚……様で……お支払いが豪快ですねぇ」
「代わりに、完璧に!僕の注文通りの――牝妻に仕上げてください!!」
「そこはご安心ください!我々の調教技術は絶対です!!それでは……ご確認しなければならないことが幾つかあるのですが……まずは――」
先ほどの一覧表の上に……『性転換調教コース』と書かれた別の一冊を提示し、松村がふたつの項目を指差した。
「……商品はこちらで準備した人で構いませんか?それとも……お客様の方でご指定された人に致しますか?」
その問い掛けに――大将は、嬉しそうに口を開いた。
「……指定します」
「では、その方の名前は?」
「……常原勇大。それが――未来の僕の妻となる人間です」
堂々と――何一つ罪悪感なく――大企業の跡取り息子は、そう言った。

その一言が、ひとりの男の人生を壊すことを知りながら――。

オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~ DMM版
オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~ DLsitecom版 販売しました!

オーダーメイド~牝妻唯愛の事情~

コメント

kagami0235さんにもお伝えしておきます。
彼の次回作もスタンバっているようですのでご期待ください!

この作品スゴいです。
特に◯式の件りは背徳感屈辱感で絶頂です。
長編化・書籍化されたら購入します!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/19757-114b0f0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2017-09