fc2ブログ

Latest Entries

【投稿小説】第2型ライフ EX 《サブエピソード ~プリモアモーレ・ディ・キノット 2~》

《サブエピソード ~プリモアモーレ・ディ・キノット 2~》
①はこちら ②はこちら ③はこちら ④はこちら サブエピソード ~プリモアモーレ・ディ・キノット 1~はこちら  サブエピソード ~プリモアモーレ・ディ・キノット 2~はこちら
 ⑤はこちら ⑥はこちら

作:旅わんこ https://twitter.com/Bul_let
イメージキャラデザイン:ささみ https://skima.jp/profile?id=16473

 ある日の朝。
 詩の月中学校、昇降口の陰となっている壁際。
 そこであたしは、ミカンから衝撃的な告白をされた。

「……え? ユガワラ、TS病って、それって……!?」
「ああ。俺、女になっちまうみてぇなんだ」

 TS病と言えば、ウイルス性性別転換症。文字通りウイルス感染によって引き起こされ、発症すれば性別が反転してしまう症状だ。
 それも、ミカンが発症したのは第2型。これは性別が反転するまで発熱や体の軋みなどの症状が治まらず、しかもかなりエロティックな感情に流されやすくなるらしい。
「どうしよう…… 俺、このまま女になっちまうのかな。そんなの嫌だよ、これまで16年間男としてやってきたのに、水泳でも男子としてやってきたのに、男友達もそこそこいるのに、こんなのってねぇよ……!」
「落ち着いて、ユガワラ! とりあえずどこかに行こう、ねっ!?」
 体育館の裏だって、人が来ないわけではない。
 確実に人通りが少なく、人が来ればすぐに息をひそめられる場所、あたしはそこにミカンを連れて行った。
 思い当たる場所は、屋上しかなかった。
 屋上に来る頃にはミカンも少しは冷静になれたらしく、死んだような顔はそのままでも、取り乱している様子はなかった。
「ユガワラ。さっきの話、ホントなの?」
「ああ。しかも2型だ」
 それは第1型のように発症からすぐに対処すれば元の性別に戻る可能性があるものではなく、確実に性別が反転してしまうことを意味している。
「そっか……。でっ、でもユガワラ。そんなに落ち込むことはないよ。水泳の選手としては男子から女子になるだけで水泳そのものは続けられるし、女の子はおしゃれの幅が広がったり映画館やアミューズメントではレディースデーが豊富だったりするからいろいろお得だよ? 悪いことばかりじゃないって。ね?」
「……悪いことだよ」
 ミカンは言い切った。
「なっ、何が?」
「去年、俺の小学校の頃の友達も同じような病気にかかってさ、いじめにあったんだ。やーい男女、ヘンタイ、おかま野郎。挙句の果てにお前なんか俺たちの友達じゃねぇって、それまで仲が良かった男子のグループからはじき出されただけじゃねぇ、女子からも一緒の授業を受けることを拒否され、SNSに裸にひん剥かれた画像をアップされ、挙句そいつは引きこもりになったんだ。
 心配した俺がそいつの家に行くとどうしてたと思う? それまで大切にしてたおもちゃ屋マンガ本はみんな売り払い、自殺に関するサイトをあさり、墓には大切にしていたサッカー選手のサイン入りユニフォームを一緒にしまってくれとか言い出しやがったんだ。
 お前なんてこと言ってんだって最初はぶん殴ってまで食い止めたよ。けどそいつは、それほどまで追い込まれてたんだ。性別が反転してしまう、たったそれだけのことで、友達がいなくなってしまうだけじゃない、社会からヘンタイのレッテルを貼られちまうんだ。
 だから……」
 ミカンはそう言ってコンクリートの床に座り込み、膝を抱えて震えた。
「俺もそうなっちまうのかなって、怖くてさ。でもそうなる前に、サンペレグリノには知ってほしかったんだ」
「そう、だったんだ…… うん、それはひどい話だね。性教育でそう言ういじめはやめようって、小学校のうちから習ってたはずなのに。でもね」
 あたしはミカンの左に座り、肩を寄せた。
「どんなことがあっても、あたしはユガワラの味方だから」
「サンペレグリノ……?」
「大丈夫だから」
 ミカンの左手を両手で包み、そして心成しか以前より小さくなったミカンの肩に頬を乗せた。
「大丈夫だから……」

 しばらくするとミカンは落ち着いたようだ。
 チャイムは何回か過ぎてしまったようだ。
 ――もう2時間目の授業中かな。
 ――このまま保健室に行って、具合が悪くて寝ていたことにしてもらお。
 ミカンはなお膝を抱えてうつむいたまま。
 あたしはミカンの方に預けていた顔を上げて、ミカンに言った。
「あのさ、ユガワラ」
「ん?」
 横目でちらりとあたしを見る。
「あたしたち、友達ってことでいいよね?」
「……そうだな。いつの間にかよく話すようになったし。からかわれてばっかだけど」
「じゃあさ。ミカン、って呼んでいいよね?」
「え?」
 ぽかんとした表情になる。
 鳩が豆鉄砲を食ったようとはこんな状態を言うのかもしれない。
「だから、ミカンもあたしのこと名前で呼んでよ。キノットって」
「サンペレグリノ……?」
「いいから、ほら。ミカン!」
 あたしは両手の人差し指で、ミカンの頬を左右からはさんだ。
 ぽかんと開いた口の中に、押し出された頬の内側の粘膜が見える。
「キ・ノ・ッ・ト! あたしの名前、呼んでみてよ」
「………… ………… ……ふぃもっ、ぽぉ?」
「うん」
 両手を戻した。
 そしてもう一度。
「ね、ミカン」
「……いいのか?」
「うん、全然」
「……そっか」
 名前を、呼んでもらおう。
「じゃあ、これからも友達としてよろしくな、キノット」

 それからしばらくして。

 水泳部活動場所、詩の月町民プール。
 TS病にかかったとはいえすぐに体に変化が現れると言うわけではないけれど、ミカンの少しずつ体つきは変わり始めているらしい。TS病の代表的な症状のひとつである体の軋みが始まり、ミカンは水泳どころか私生活すらままならないのだとか。
 それでもミカンはショートパンツタイプの水着(いわゆる男子用スクール水着)と言う格好で部活に参加している。それはどうしてかって言うと。
「ほらキノット! もっとリズミカルに! 足はしっかり延ばす!」
 プールサイドでバインダーとストップウォッチを持って、ほかの部員のタイム計測をしたりあたしのように泳ぎがまだまだ下手な部員の指導をしたりしている。特にあたしは年明けに入部したばかりなので誰よりも泳げない。
「だめー! 息継ぎのタイミングがよく分からない!」
「しゃーねぇな。ちょっと横で泳いでやっから、リズム掴めよ?」
 やがて、ミカンは体の軋みがひどくなるとプールに入ることがなくなった。胸がすれる感じにまで襲われるようになったからだ。それでも、ミカンは水泳部を休むようなことはしなかった。膨らみ始めた胸や変わり始めた体のラインを隠すようにジャージを着て、プールサイドでできることをこなした。
 ある時、あたしはミカンに尋ねた。
「どうして、そんなに水泳に一生懸命になれるの? あたしだったら、体中が痛いのに部活はがんばれないよ」
「ああ、俺も何度もいい加減休みてぇなーって思った。今も休みてぇさ。そんでも一生懸命に頑張ってるやつがいるってのに、俺だけ休んでらんねぇよ」
「ミカン……」
 ミカンはそう言って、飛び込み台に座った。
 あたしを見上げる形になったミカン。
 そんなミカンの表情は、年齢よりも幼くなったようにも、ボーイッシュな女の子のようにも見える。上目遣いのミカンの表情は、凛とした中にどこかはかなさすら感じる。
「お前こそ何で一生懸命になれるんだよ。こんな時期に水泳部に入部してまで。何か夢でもあるのかよ」
「ううん、そんなんじゃない。ただ、同じことがしたいだけかな」
「同じこと?」
「うん。ある人にあこがれて」
「そっか。そりゃいい目標だ」
 そう言ってミカンは笑う。
 下唇に八重歯を引っかけて、にかっと笑うミカン。

 ――そんでも一生懸命に頑張ってるやつがいるってのに、俺だけ休んでらんねぇよ。
 ――お前こそ何で一生懸命になれるんだよ。こんな時期に水泳部に入部してまで。

 きみは知らないのだろう。
 その目標は、きみだと言うことを。
 自分のことにも自分以外の人にも全力になれる人。
 人に優しいくせにそれがなかなかわかりづらい、ぶっきらぼうな人。
 それでも、あたしはこの人に魅かれていった。

 のちにあたしは、ミカンに「お前ってレズだったのかよ」と酷いことを言われてしまう。
 でもそうではない。
 もちろんあたしの恋愛対象は男子だ。
 だけど、どうしようもなく意識してしまった相手がたまたま『やがて絶対に女の子になってしまう男の子』だっただけの話。
 あたしは間違いなく、ミカンと言う人間を好きになったのだ。
 友達として、そして初恋の人として。

 そして、あたしは言ってしまうのだ。
 ――「ずっと友達になりたいと思ってた。でも今は違う。あたしは、ミカンが好き」
 ――「あたしはどんなことがあってもミカンのことをずっと好きでいるから。これだけは、絶対だよ」

 ……、と。



《登場人物紹介》
リモンチェッロ・サンペレグリノ
 キノットの姉。3歳年上の高校生。今後の出番は……未定。
 名前の由来は、イタリア発祥のレモン酒。

川夏綾子(かわなつ あやこ)
 水泳部顧問の女性教師。今後の出番は……同じく未定。
 名前の由来は、カワノナツダイダイ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/20666-4c6d53a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2024-02