FC2ブログ

Latest Entries

【DLsitecom版も発売】かまいたち事件 女体化され、犯されて行く男たち(真城さん&むらさきいろオレンジさんの新作) 第二章④

 体育の時間が潰れるのみならず、午前中の授業が潰れてしまった。
 一部のお調子者生徒は喜んでいたが。
 鬼留は職員室に呼び出されて行った。一体どんな話をされるのか想像も付かない。
 そして、噂は一瀉千里を走った。

『あの鬼留が男子の制服の下にスクール水着を着こんで学校に投降して来る幼女趣味兼女装趣味の変態の上、別の男子生徒を無理やり女装させようと画策していた』

 こうなると、実はこれまでの二か月間の高校生活においても実は男物の服の下はブラジャーしてたんじゃないかとか、いやブラジャーはバレるからトランクスの下にパンティ履いてたんじゃないかとか勝手な噂が飛び交いまくっていた。
 この日、やはり鬼留は教室に戻ってこなかった。
 取り巻き連中はかわるがわる職員室に呼ばれ、最後にはオレまで呼ばれた。
 取り巻きは「本当に山本を強制的に女装させて恥ずかしい写真を撮る計画」などに同意し、加担しようとしていたのかを厳しく問われたらしい。
 冷たいことに鬼留を裏切って「無理やり強要された」と証言する者もいれば、「知らない」としらばっくれる者も、「確かにそうです」と認める者もいたという。これが決定打となって「鬼留軍団」は事実上崩壊した。
 最後に呼び出されたオレは一方的な被害者の立場…のはずだった。
 だが、まだ鬼留の兇状が信じられない教師どもはオレが何か画策して貶めたのではないかと決めつけて来た。
 こちとら突然着てる服を女子の物にしたり、服の下にスクール水着を仕込んだりはしたが、そんな陰謀で自爆するなんて思ってもいなかった。
 当然「何も知らない」と繰り返した。
 いじめの事実を知っていた担任…だったら何とかしてくれよと思うが…は「報復ではないのか?」と決めつけてくる。
 だが、一体どうすれば「そういう陰謀を巡らせる様に誘導する」ことが出来るというのか。論理がムチャクチャだ。
 結局、何の手がかりも得られないまま聞き取り調査は終了した。


第三章

 今度の鬼留の不登校は三日に及んだ。
 正確には週を跨(また)ぐが、ともあれ登校すべき日にしていない日が三日続いたのだ。
 それにしても人間社会というのも妙なものだ。たった身に付ける布きれ一枚を巡ってこの騒動なんだから。
 取り巻き連中が襲ってくるかと思ったが音沙汰は無かった。
 こちらも多少は警戒レベルを下げられるというものだ。
 その間も取り巻き連中は集団でこちらを見てはヒソヒソやっていたが、それまでとは一味違っていた。
 これまでは嘲(あざけ)る雰囲気だったが、今は明らかに「畏(おそ)れ」ている。
 あの二件で「女装」がらみで鬼留が見舞われた災難にオレを因果で結ぶことが出来るとは思えないが、そこは「野生のカン」と言う奴だ。
 クラスでも鬼留の話題が出ることは無くなった。「触れてはいけない」雰囲気だった。
 だが、その均衡が再び破られる。
 四日目に至ってまた鬼留が登校したのである。
 だが、明らかに雰囲気が変わっていた。
 胸を張って堂々と歩いていたものだが、猫背でオドオドと自信なさげ…と言っては言い過ぎだが、少なくとも今までの様な溌剌としたオーラは無かった。
 それまでは「幾らなんでも間違いでしょ」と思われていた「噂」も二度も決定的証拠が目撃されたとなると修復不可能だった。
 通学路、最寄駅から学校への道すがらだった。
「おはよー鬼留くん」
 クラスの女子の一人が声を掛ける。
「あ…ああ」
 まるで上の空だった。
「鬼留くん…いいかな?」
「…?」
「今も…スクール水着とか来てるの?」
「ッ!!!!」
 くわっと目を見開く鬼留。
 その表情は怒りとかではなく、驚愕とか恐怖といったものだった。
 質問をした女子は「きゃー!」などと言って笑いながらその場を離れ、お友達の女子たちに混ざって姦(かしま)しい声を上げながら学校方向に向かって走り去った。
 その場に呆然と立ち尽くす鬼留。
 …からかわれた…のか?…そう思った。そう、確かにからかわれたのだ。
 もう彼の立場は落ちようがないところまで叩き落とされていた。
 それこそこれまでバカにしていた山本を始めとしたクラスの陰気なオタク野郎どもと全く変わらないじゃないか!
 すると、何かおかしなことに気が付いた。
 周囲の風景が動いていない。制止している。
「…だから言っただろうに」
 山本が近づいてきた。
「お、お前…」
「オレに構うなと言ったろ?言いつけを守らないからこうなる」
「…だ、だってお前…」
 もう何が何だか分からない…という困惑で泣きそうな表情だ。
「オレだってこうやって誰にも気付かれない様にあんたに警告するくらいの大人の配慮してたんだよ?なのに通学中に殴り掛かって来るわ…無理やり女装させるだぁ?よくまあそんなこと考えたもんだ」
「…」
 強気で怒鳴り返そうにも思考が追いつかないらしい。
「もう一度警告する。オレへの危害を今後一切加えないと約束してくれ」
「…」
「勿論、取り巻き連中にやらせるのも駄目だ。また、危機を看過することによって間接的に危害を加えるのも駄目」
「…何だって?」
「あんたの目の前でオレがダンプカーに轢かれそうになったら…別に抱き上げたり突き飛ばしたりしなくてもいいけど『危ない!』くらいは言ってくれ。それでいい」
「…それで?」
「それでとは?」
「それで今後一切関わりを持たないってのか」
「そのつもりだ。大体争い事は嫌いなんだよ。好きそうに見えるか?」
「…いや」
「じゃあ、時間戻すから」
 オレはそういって時間を解除するとやはり呆然と立ち尽くす鬼留を尻目に学校に向かった。

 その日以来、鬼留に組織されたいじめはなくなった。
 サル山のボスの座から実質的に降りた鬼留は何事にも覇気を無くしたのか、サッカー部まで休学してしまった。
 ともあれ、鬼留が大人しくなってくれたのは助かる。こちらも何度も何度も能力なんぞ使いたくないのだ。目立つからな。
 この時はこれで済むと思っていた。
 だが、この後思わぬ展開に巻き込まれて行くことになるのである。

かまいたち事件 女体化され、犯されて行く男たち DMM版 購入はこちら
かまいたち事件 女体化され、犯されて行く男たち DLsitecom版

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/21193-c7b8ae89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-02