FC2ブログ

Latest Entries

ヴァーチャルゲーム小説第101番 僕のデザイア(20)(18禁)

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話  第十六話 第十七話 第十八話 第十九話

「くくく……悪の誘惑を受けた気分はどうかなお嬢ちゃん達。そろそろ、我が軍門に下っては如何かな?」
「そんな事する訳無いでしょ!ちょっとカッコよくて、素敵だからって図に乗らないで頂戴!」
あ、あれ?ラジャを見ていると僕の体の中の何かがざわざわ蠢き、不思議な気分になる。素敵……って、そんな馬鹿な……
「つれないな、カーリ。アリエルはもう、我が軍門に下ったぞ。最早彼女は我のどれい……」
「どうめいですわ、ラジャ様」
「どれい……」
「どうめいですってば、ラジャ様」
「どちらでも良いではないか、アリエル」
ラジャがアリエルの胸を揉む。
「そうですわね、ラジャ様」
「同盟だから縛っても良いな、アリエル」
「勿論です。ラジャ様。ああ……」
「同盟だから絶対服従だな、アリエル」
「勿論です。あああああ……」

大画面で繰り広げられる魔道師同士の痴態。
ああ、憧れのアリエルが、聖なる乙女のアリエルが……ラジャなんかの魔手に……でも、気持ちはなんとなく判る。なんだかとっても気持ち良さそうだ。あれ、又何かがざわざわしている。これは一体……
「てな訳でお前がもたもたしているから、どれい一号の栄誉はアリエルに先を越されたぞ。今ならどれい二号の席が空いているが……」
「ええーっ?ど、どうしようデザイア……」
「……カーリ様、しっかりして下さい!それは悪の誘惑の影響です。気をしっかり持てば大丈夫です」
デザイアも頭を押さえながら言う。
何だか気が進まない。ラジャ様と戦うなんて。ざわざわはどんどん強くなって来る。これは、飲み込んでしまった黒いもの……悪の誘惑?
「カーリよ、我々がすべきだった事は戦う事ではなく愛し合う事……」
ざわざわざわ……ああ、もっともかも。って、そんな訳あるか!
「何やってんですか、カーリ様、聖なる行きますよ、聖なる」
デザイアも苦しそうだ。そりゃそうだ、僕よりたくさん黒いものを飲んだんだから。
「う、うん…聖なる…うぷっ。」
ざわざわざわ……吐き気がする。僕の体がライフの魔法を拒絶する。
「ライフの魔法など使うのを止めろ……何故愛し合う二人が戦わねばならぬのだ……」
ざわざわざわ……う。そ、そうかも……い、いけない……
「しっかりして下さい、ご主人さま!ご主人さまが愛しているのは、このあたしでしょ?この間、結婚しても、一生愛するって誓ってくれたじゃないですか?一年分前払い、超お買い得セットも振り込んじゃったじゃないですか?やい、ラジャ!あんたなんかの魔法であたしとご主人様の絆をどうこうできると思ったら大間違いよっ!」
そ、そうだった。
頭を振り深呼吸する。大丈夫。気をしっかり持てば大丈夫。何てこと無い。僕とした事が危うく、ラジャの術中に嵌るところだったよ。
ごめんよ、デザイア。ラジャの邪悪な魔力なんて僕たちの愛の前には無力だ。
「「聖なる祈り!」」
聖なる祈りの魔法が発動すると共に通常戦闘モードに移行し、兵達が動き始める。
今回はこちらの戦力が精鋭だったのでなんとか勝てた。
「く……最早これまでか……また来るぞ、愛しいカーリ……ふはははは……」
闇に消えていくラジャ。ふぅ。
「はぁ、あぶなかったですね」
「う、うん。ねぇ、デザイア?」
「はい?」
「わたし、そんな事……」
言ったっけか。
一生愛するとか、色々。
デザイアは、ぼくを見つめて泣き笑い。
「え、ええ。でも、アレの最中ですし。別に……」
視線を落とすデザイア。
「そっか」
やばい、かも。
本気になりかけてるかも。
「あーあ。いっそあの時、いきなりデリート食らってた方が楽だったかも」
「デザイア……」
いつもは僕よりも大きなデザイアがその時は小さく見えた。
「や、やだな。ご主人さまったら。冗談。冗談ですってば」
「う、うん」
どうしよう。ゲームは楽しいし。デザイアの事は大好きなのに。
いや、だから。
失うのが、怖い。
もしも優奈にゲームの事がばれて、止めろって言われたら……
あ゛あ゛あ゛、ばれてって自分でばらしちゃってるよ。
ヴァーチャル・ゲームに嵌ってるって。
まさかあの時はこんなになるなんて思いもよらなかったし。
しまった、軽率だったかぁ。
「ご主人さま。抱いて下さい。ご主人さまと別れても、体で覚えてられるように。デザイアはコンピュータープログラムですが、ご主人さまのぬくもりを忘れたくありません」
デザイアが身を寄せ、ぼくは彼女をぎゅっと抱きしめる。
ううっ。
困ったな。
デザイアの方が優奈より、ひょっとして、好きかも。

つづきはこちら





質問 僕のデザイアのご評価をお願いします


とてもよい

よい

まあまあ

いまいち






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


FC2ID








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2151-cb38b514

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-02