FC2ブログ

Latest Entries

【サンプル掲載】女体化劇場短編集その三 から 休み時間パニック②

女体化劇場短編集その三 DMM版 購入はこちら
女体化劇場短編集その三 DLsitecom版 購入はこちら

岩崎「…だ、だめ…」
 自分のものとはとても信じられないブラジャーとそしてシャツに、クリーム色のベストと赤いリボンに覆われた乳房部分が、目の前の美少女のそれと押し付け合った。
岩崎「あ…」
 かつて同級生の女子の中でも胸の部分の発育が特によかった君江をチラ見しては「でかいおっぱいだなあ…」などと男同士で言い合っていたものだった。
 それが…それがよりによって自分のおっぱいと押し合いしてる…なんて…。
 ミニスカートから露出した素脚同士が「するり」と接触した。
 背筋に電流が走った。
岩崎「ぁあっ!」
 君江の圧力は止まらず、背中の壁と目の前の女子高生に挟まれる形となった。
君江「…暴れないでよ…制服がしわになっちゃうでしょうが」
岩崎「え…」
君江「…まあいいわ」
 君江の圧力から解放された。
 岩崎はその場に膝から崩れ落ちそうになった…が、どうにか踏みとどまった。
君江「で?どうよ」
 君江の口調は普段と何も変わらなかった。
君江「女になった感想は」
岩崎「…それは…」
 岩崎は何と言っていいのか分からなかった。
君江「やっぱり『スカートがすーすーする』とか思うの?ねえ」
 別に責めている口調ではない。単純に興味があると言う感じだった。ただ、目を輝かせ、頬を紅潮させての質問という訳でもない。
岩崎「…分 からない」
 背筋を伸ばす岩崎。
 長い髪の毛が揺れた。
 下半身の解放された頼りなさは相変わらずだった。
 定番の感想でつまらないが、「女子はこんな格好で普段過ごしているのか」とやはり思った。
君江「そ…で、何でそんなことになってんの?」
 やっとまともな(?)質問が出た。
君江「さっき早田がどうこう言ってたよね」
岩崎「そう…なんだ…っ!」
 改めて喋ると、『女の子の声』に違和感がある。
君江「岩崎…声も可愛くなってるね…まあいいわ。そんで?」
 何という冷静な女子高生だろう。
 自分が被害者になっている訳でもないからってことなんだろうか?
岩崎「分からんけど…多分、早田は触った男を女にして女装させられる様になったみたいなん だ」
君江「…」
 少し離れたところで腕を組んでいる君江が「女子高生」姿の岩崎を下から上まで眺めた。
君江「…そうみたいだね」
 普通に考えれば馬鹿馬鹿しさも極まるお話なのだが、目の前に生きた証拠があるのだ。
岩崎「…さっき、俺みたいなのに大量に追いかけられてた。…多分、そこいら中の男子を女子にしまくってる」
君江「…そうなの!?」
岩崎「多分」
君江「じゃあ、あんた以外の男子もみんな女子になってんの?」
岩崎「みんなかどうかは分からないよ。でも…かなり」
君江「ふーん…」
 考え込んでいる君江。
 クールな美少女ではあるが、この落ち着き方は大したものだ…と思った。
君江「…確かに全校が結構大変みたいなのよ」
 君江もそれは感 じていたらしい。
君江「あたしの予想だけどさ…」
岩崎「…なに?」
君江「…あんたホントに可愛いね…まあいいわ。多分男を女にする奴がいるってことは、女を男にする奴もいると思うのよ」
岩崎「…どうかな」
 単純な思考だった。
 どんな巡り会わせでそうなったのかサッパリ分からないが、この能力は早田の「思いの強さ」がなさしめたものだろう。
 要は「あくなき女体への追及」だ。
 だから、「男を女にしてまで女体を求める」ところまで行ってしまった。
 その逆パターンってことはありえるんだろうか?
 「男好き」が過ぎて、その辺の女子を手当たり次第に「男」にして食ってしまう?
 余り想像が出来ない。
 そもそも女子には「早田」に相当する存在がい ない。少なくともこの学校には。
君江「何よ…戻りたくないの?」
岩崎「戻りたいよ!」
君江「なら一緒に探しましょ。多分そいつがその辺の女を男にしまくってると思うから。そいつに触ってもらえばあんたも戻れるんじゃない?」
 「女が男になる」のと「女にされた男が男に戻る」では微妙に違う気がせんでもないが、一応そういうことにする。
 それにしてもこのクラスメートはどうしてそんなムチャクチャな条件をすんなり受け入れているんだろう。
 これが女子の順応力の高さって奴なんだろうか。
 その時だった!
「きゃああああーーーっ!」
「むっほほほほおーーっ!!」
 泣きながら嫌がって走る女子生徒の後ろから、いつも購買部で店員をしているおっさんが追い掛 けていた。
 余りのことに固まっている美少女二人。
 すると、追いすがったおっさんが女子生徒の肩に触れた。
「いや…いやあああああっ!!」
 その女子生徒は見る見るうちに制服のスカートがズボン形状になっていった。
 メリハリのあった体型は平板になり、肩まであった長い髪がショート以下になる。
 一見すると女の子のままにも見えるが、そこには男子の制服に身を包んだ美少年がいた。
「そんな…あたし…男の子に!?」
 少年らしさを残したハスキーボイスだったが、間違いなく生粋の少女のそれではない声で言う。
「いやああああーーっ!」
 泣きながら走り去ってしまった。
 電光石火の早業で購買部のおっさんも走り抜けて行った。
 追いかけようとした が、その後をまるで団体のダンサーたちみたいな美少年の集団が追い掛けて行く。
「ちょっと!」
「まってよー!!」
 その口調からして全員が元・女子であることが察された。
 …さっきと同じ構図だ。
 女子を男子にしまくっていたあのおっさんが追い掛けられているのだ。
君江「…やっぱりいたね」
岩崎「…うん」
君江「そういえばあのおっさんって娘しかいなくて、息子が欲しかったってずっと言ってたわ」
岩崎「はあぁ!?」
 ま、まさか…そんなしょーもない理由で女子を男子にしまくってるって!?
 いや、本人にしてみれば切実に息子が欲しかったのかも知れないが、それとその辺の女子を男子にしまくることは繋がらないだろ。
 仮にそうやって「男子を女子に 」したところで自分の娘が息子になるはずもない。
 …もしかして今、この高校に通っている娘を探して駆け回っている内に別の女子も毒牙に掛けたってことなのかもしれない。
 …ということは、基本的には娘を息子にしようとしていて、それ以外の女子は巻き込まれ被害ってわけか。
君江「決まりだね。あのおっさんに追いついて触ってもらえば戻れるよきっと」
岩崎「そう…だね」
 どうやら方針は決まったらしい。
岩崎「しかし…どうやろうか」
 何やら視線を感じる。
岩崎「…なんだよ」
君江「いや…可愛いなって思ってさ」
岩崎「…なんかさっきから変だよ小野寺。女の子の方が好きなのか?」
君江「好きの種類にもよると思うけど…汗臭いブサイクな男よりは可愛い女 の子の方が好きだよ」
岩崎「え…」 
君江「そんなに警戒しないでよ。別にレズとかじゃないし」
岩崎「違うの?」
君江「あんただってベタベタ触り合ってる女子見たことくらいあんでしょ?」
 まあ確かに良く見る。
 軽くスカートめくり合ったり背後から抱き付いておっぱい揉んでたり。
 ああいう距離感のつめ方を男子はしないので複雑な気分だった。
岩崎「…うん」
君江「女の子は基本的に『可愛いもの』が好きだからさ。女子でも可愛けりゃ好きだよ。何でもかんでも恋愛感情にしないでくれる?」
岩崎「はあ」
君江「可愛い猫みて『可愛いー!』って言ってる女子がみんな猫と恋愛したいって思ってるとか思わないでしょ?」
岩崎「まあ…そりゃ」
君江「女子の『可 愛い』は軽いからね。そういうのにいちいち反応してちゃ駄目だよ」
 君江がにこっと笑った。
 彼女とは、今までここまで打ち解けて話したことはない。
 自分からは見えないので分からないが、こちらが女子になっていることで警戒心が薄らいでいるのかもしれない…と思った。
 …だったら今の内にもっと話しておいた方がいいんじゃないかな。
 元に戻ったらまた以前みたいな距離感に戻っちゃうかもしれない。
 君江は岩崎を先導する様に歩き始めた。
岩崎「小野寺…」
君江「何?」
岩崎「ヘンなこと言っていいかな…聞いていいかな」
君江「…今のあんたの格好よりも?」
岩崎「…」
君江「(苦笑)あーごめんごめん。いいよ。何?」
岩崎「さっきからオレのこと可 愛い可愛いいうけどさ」
君江「んー」
岩崎「オレって可愛いのか?」
 唐突に立ち止まる君江。
 振り返った。
君江「…」
 じいっと見てくる。また距離が近い。
君江「じゃこっち来な」
 突然手を握られた。
岩崎「あっ!」
 抵抗する間もなく引っ張って行かれる。
 そのまま女子トイレに突入しようとする。
岩崎「ちょ!ちょっとぉ!」
君江「今のアンタで男トイレ入ったらその方が変態だよ!」
岩崎「で、でも!」
君江「動揺すんじゃないよ!怪しまれるから堂々としてな!」
 有無を言わさず押し込まれた。
 校舎の形状から偶然目立たないところにあるトイレだったらしく、人けがない。
岩崎「…便器がない…」
君江「女トイレは便器は全部個室の中 だよ」
 言われないと気が付かなかった。
君江「ほい、これが今のアンタ」
岩崎「…っ!!」
 そこには、腰まである長い髪で上半身の背中側を覆い、小動物みたいにもじもじする制服姿の美少女がいた。
岩崎「…」
君江「…漫画だと、ここで『これが…オレ?』とか言うんでしょ?」
 一歩下がったところでニヤニヤしている君江。
岩崎「…何でそんなこと知ってる」
君江「あたし漫画は男の子向けの方が好きなの」
 最近はそういう展開も結構あるってか。
君江「答え言って無かったね。…可愛いよ」
 胸がきゅんとした。顔が真っ赤になる。
岩崎「…そういうところとかいちいち可愛いなあ。きょーびガチの女でもそんなにピュアな反応しないよ?」
 そうだろうか。 またピッタリ寄り添ってきた。
岩崎「あ…」
君江「戻る前にもうちょっとスキンシップする?」
岩崎「え…?」
君江「あたし女だからさ、可愛い女の子にされた男の子の気持ちとか分かんないけど…やっぱり興奮したりすんの?」
岩崎「な…」
 一体なんて答えればいいんだろう。胸がドキドキする。
君江「ま、言いにくいわな」
 急に近づくと君江はハグしてきた。
岩崎「あ…」
 顔が耳の隣にある。
 お互いの発育のいい乳房が押し付け合った。
 胸元の赤いリボンが押し付け合い、こすれ合ってしゅるしゅると音を立てる。
 クリーム色のベストの柔らかい素材の生地が気持ちいい。
 身体に回した両方の手をむぎゅう!と強く抱きしめてくる。
岩崎「…小野寺 …い、た…」
 文字通り痛いくらいだった。
 すると手が離れ、やさしくスカートの上からお尻を撫でて来た。
岩崎「ちょ…」
君江「大丈夫だよ。雰囲気だよ雰囲気」
岩崎「何の…雰囲気…?」
君江「ほら、女の子同士の…ね?」
 目の前に蒸気した顔がある。
 客観的には美少女同士の禁断の仲睦まじさなんだろうけど、主観的には憧れの好きな女の子に抱きしめられ、お尻を撫でまわされている男の子だ。
 慣れているのか何なのか分からないが、スカートの内側の素材と、パンティの素材が外から押されてするするとこすれ合う。
 …何だか女の子同士のスキンシップというには妙に手つきがいやらしい気がする。
 白魚の様な指が少しとがり、スカートの生地の上から脚と脚 の間に軽く突き入れられた。
岩崎「ぁ…ちょ…」
 思わず『むぎゅう』と両脚を閉じて指の侵入を防ごうとしてしまう。
 スカートの内側で、むき出しの素脚同士がまた接触した。
 男の衣類では絶対にありえない独特の感触だった。
君江「…」
 諦めた様に手を背中に持っていく。
岩崎「あの…小野寺…そろそろ…」
 お互いの膝小僧がぶつかりそうだった。いや、もう接触していた。
 君江の手が岩崎の背中の真ん中を「つつーっ」と撫で下げる。
岩崎「んぁっ…」
 背筋がゾクゾクっとした。
 同時に密着していた両脚を割って君江の素脚のヒザが股の間に侵入した。
 ほっぺがすりすりされた。
岩崎「ぁ…」
 気持ち良かった。
 自分の長い髪をかき分ける様に 顔のパーツのあちこちが触れる。
君江「…楽しんだ?」
岩崎「え…」
 ふ…と離れる女子高生。
君江「とりあえずこれでもう未練はないよね?じゃあ、元に戻るためにあのおっちゃん探そうか」
 明るく言うとまた手を引いて女子トイレを出た。


 校内はヒドい有様だった。
 あちこちに崩れ落ちてさめざめと泣いている女子がいる。
 あれは十中八九、生まれつきの女子じゃない。
 早田によって女子にされた元・男子だ。
 この高校は比較的郊外とはいえ、住宅街の一角にあるので校外に脱出しようと思ったらそれほど難しくは無いはずだ。
岩崎「…ひどいな」
君江「…そうだね」
 もう手は繋いでいなかったがほぼ同じ速度で歩いている。
 こんな姿を好きな女子 に見られて、男としては情けなくはある。
 だが今は細かいことは言っていられない。何はともあれまずは戻ることだ。
 前方に同じくキョロキョロしながら歩いている「女子高生」がいた。
君江「…?田中…くん?」
 その女子高生が「ビクっ!」とした。…挙動からして明らかだった。
 体型も、女子の制服のシルエットも完全に「女の子」しているが、動きのクセというか全体からかもし出す雰囲気は元のままだった。
田中「お、のでら…さん?」
 田中らしかった「女子高生」の声は今の岩崎を軽く上回る超音波みたいな声だった。
 アニメみたいな声というか。
君江「ホントにそうなんだ。…あら可愛い」
 ここに三人の女子高生が揃ったことにはなるが、この中で生まれつき の女は君江しかいない。
岩崎「マジか?」
 こちらも少女声ではあるが思わず言ってしまう。
田中「お、お前…岩崎か!」
 完全な美少女に男みたいな挙動で言われると胸中複雑なものがあるが…まあ、お互い様で仕方が無い。
 何しろ基本的に自分からは自分が見えない。
 目の前に見えるのは、みっともないことに男のクセに女子の制服を着た男だ。
 こういう時に男ってのは深淵なもので、からかおうとしたり「仲間意識」が生まれたり色々する。
 お互いに「同じ被害」を食らっていることは分かる。
 ということはお互いに身体は女になっているだろうし、下着だって女物を身に付けさせられていることだろう。
 「言わぬが花」になるか、お互いのスカートをめくり合い、お っぱいを揉み合うかどうかは男同士時代の関係性によるとしか言えない。
 岩崎と田中は、クラスは確かに同じでお互いを苗字で呼び捨て合う程度の関係はあったが、それ以上ではなかった。
 そして…少なくともこの場に「小野寺君江」という「女」がいることが事態を更にややこしくしていた。
 仮に女がいなければそれこそいきなりお互いにおっぱいを丸出しにして
「先にイッタ方が負けの『乳首相撲』」
とかをやり出したかも知れない。
君江「…どした?お互いにチューとかしないんだ」
 さも当たり前みたいに言う。
岩崎「…何言ってるんだよ…」
 上手い切り返しが見つからず、普通にたしなめてしまった。
田中「…お前も早田か」
岩崎「ああ」
 可愛らしい声と可愛 らしいスタイルで「男同士の」会話ってのも深淵なものがある。
田中「野郎…絶対に捕まえてやる」
 そんなアニメみたいな声で言っても現実味が無い。
 普通はここまでの状態になってしまったらパニックを起こしてまともに行動など出来ない。
 事実、周囲にはそうしてショックの余りへたり込んだ男女が散乱している。
 そういう意味ではこの田中も精神的に強いのか鈍いのかどっちかだろう。
 普通の男は一瞬にして女の身体に性転換した上、下着まで含めて女物の制服まで着せられればもっと動揺したり絶望したり色々しそうなもんだ。
 その点、いまの岩崎も大概図々しいってことになりそうだ。
 次の瞬間だった。
 田中のスカートがぴらりとめくれあがった。
田中「っき ゃっ!」
君江「ん~白か」
田中「な…な…」
 余りのことにスカートを押さえつけて動揺している田中。可愛い。
岩崎「そういうことやめろよ…」
 田中は余りのことに呆然として立ち尽くしている。
君江「えー折角女の子同士なんだからスカートのめくり合いくらいしようよ」
 どういう価値観だ。
岩崎「めくり合い…って、じゃあお前がめくられることもあるぞ」
君江「だからそう言ってんじゃん。したかったらどうぞ?」
 挑発的にお尻を突き出してぽんぽん叩いてくる。
岩崎「…」
 本気でめくる気は無かったが、相手がスカート履いていることをもって「スカートめくり合い上等」をかますんなら、自分がめくられるリスクがあることくらい分からせてやりたかった。
 実際にはめくり上げたりせず、途中で止める積りだったが、君江のスカートの裾(すそ)に岩崎の指先が触れるか触れないかの内に、君江はその場からかき消えていた。
岩崎「?」
 次の瞬間、岩崎のお尻が涼しくなった。
岩崎「わきゃあああっ!!」
 一瞬にして脇をすり抜け、背後に回った君江が岩崎のお尻側のスカートをめくり上げたのだった。
君江「はいざんねーん」
 ニコニコしている君江。
 なるほどめくり合いってのはこういうことか…。
 流石は百戦錬磨、女同士の熾烈なスカートめくりバトルを繰り広げてきた女子高生だ。
 にわか女のスカートめくりスキルなんぞどうってことないって訳か。
 田中はまだ動けなかった。
 もしかして…。
 全身を覆う女体 の感覚や、そこに覆いかぶさってくる女物の衣類の感触や着心地にはどうにか自制心を保つことが出来たていたが、
「スカートをめくられ」
たことで、「今の自分」が「女」に「なってしまった」ことが明瞭に自覚されてしまったのかもしれない。
君江「と、とにかく、男を女にしてるのは早田かもしれないけど、女を男にしてるのはおっちゃんだよ」
 生徒同士なら「おっちゃん」で購買部の店番のおっちゃんであると通じる。
田中「そう…なのか?」
 仕方なく岩崎も頷く。
君江「だから戻りたいんなら早田じゃなくておっちゃんを見つけた方がいいと思う」
 次の瞬間だった。
岩崎「…っ!!」
田中「どした?…っ!」
 早田が口笛を吹きながらポケットに手を入れて気楽に歩 いてきていた。
 これだけの惨状を引き起こしておきながら何という態度だ。
岩崎「は、早田ぁ!!」
 大きな声だが可愛らしいので迫力には欠ける。
早田「ん?どうした岩崎。そんなカッコして」
岩崎「お前…」
 まさか自分が何をしたかもロクに覚えてないのか!?
 明確な意思の元こちらを女にした上スカートまでめくったじゃないか!
田中「オレの身体を元に戻せぇ!」
 アニメみたいな声で田中が言う。
 ふと、『今身体だけ戻ったらそれはそれで悲惨なことになるな…』などと間抜けなことを考えていた。
早田「うひょー!お前田中じゃないか!可愛いなあ!」
 本気で嬉しそうだ。こいつは肉体的に女なら何でもいいのか。
君江「早田、ちょっといいかな」
  二人の「女子高生」の前に出る君江。
早田「おう、キミちゃん!なになに~?」
 こいつは女子はほぼ全員「ちゃん付け」で呼ぶ。
君江「早田の能力ってさ。女の服を別の服に着替えさせることって出来るの?」
早田「うん!出来るよ!」
君江「じゃあさ…リクエスト…していい?」
岩崎「え!?」
 意外な言葉だった。
君江「いいじゃない別に!」
岩崎「いや…いいけどさ…」
 こんなことを言いだすキャラだと思っていなかった。
君江「あんたらはいいよね!憧れの女子高生の制服着られてさ!あたしだって色々着たいのよ!」
 こっちは着たくて着てる訳じゃない!…と言いたかったが言い争っても仕方が無い。
 確かに、普通は着せ替え願望は女子の方が強いに決まって る。
早田「いいよいいよ!で、何が着たいのぉ~?」
 本当に軽い奴だ。
 人畜無害に見えなくもないが、こんなスケベ野郎に何か頼んで見返りを求められやしないか怖くないのだろうか。
君江「バニー…ガールかな」
岩崎「ええええっ!?」
 君江は顔を赤らめて明後日(あさって)の方向を向いてしまった。
君江「う、うるさいなあ!女がバニーに憧れて何が悪いのよ!」
岩崎「いや別に…」
 その論理だと「男がバニーに憧れる」のが普通みたいに聞こえてしまうが…まあいい。
 ああいう扇情的な格好って、男が己(おのれ)の欲望を押し付けるために女性に無理に着せるものだと思っていた。
 ウェイトレスとして働く女性が仕方なく着る類のものであって、女性が自ら進 んで着てみたいなんてことを言いだすとは意表を衝かれたのだ。
 だがまあ、そう言う様なことも皆無とは言えまい。
早田「いいよー!バニーちゃんだね!それじゃあ…」
 次の瞬間だった。
「早田てめええ!!」
 可愛らしい声がして膝下まである丈の長いスカートのセーラー服の美少女が追い掛けてきた。
 手には角材…ではない、あれはモップか?…とにかく得物(えもの)を持って鬼みたいな形相をして走って来ていた。
 長いスカートがばたばたと脚にからまって走りにくそうだ。
 あれが元がどのクラスの誰なのかは分からないが、間違いなく元・男なんだろうな…と分かった。
早田「うわっ!やばっ!」
 他人を女にした上女装させておいて何の罪の意識も無いんじゃ相手 も怒るだろ。
早田「バニーな。それじゃっ!」
 早田はそれでもぽん!と接触した上で走って逃げ出した。
 その後をどたどたと追いかけて行くセーラー服。
 カラスみたいに真っ黒なところに目に痛いほどの純白の三本線。そして血のように赤いスカーフ…。
 走るにあたってめくれあがったスカートの内側には綺麗な刺繍で縁取られた肌着…スリップまでが確認出来る。
 手を振り上げた表紙でチラリと見えたお腹の部分の白さもまた、スリップだろう。
 気持ちがいいほど一昔前のクラシックな「セーラー服」だった。
 …なるほど、早田の「女装させ能力」はかなりバリエーションがあるらしい。
岩崎「…ったく…なんだったんだあいつは…」
君江「…い、…わさき…」
田中 「岩崎お前…」
岩崎「何だよ…ってああああああああああーーーーーーっ!!!!!」
 足元がグラついた。
 何という事だろう!
岩崎「な、何だぁ!?何なんだ…これは…!?」

真城さん3

岩崎「そ、そんなああぁぁぁああ!!」
 数分前までは健全な男子高生だった岩崎は、妖艶な「バニー・ガール」になってしまった!

(以降は製品版でお楽しみください)
女体化劇場短編集その三 DMM版 購入はこちら
女体化劇場短編集その三 DLsitecom版 購入はこちら

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/22025-efc5d46c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08