FC2ブログ

Latest Entries

ヴァーチャルゲーム小説第101番 僕のデザイア(24)(18禁)

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話 第十六話 第十七話 第十八話 第十九話 第二十話 第二十一話 第二十二話 第二十三話 第二十四話

僕のお尻はデザイアに開発されていた。

ヴァーチャルMOMでは、ゲーム内でうんこができるオプションが有る。
しかし、そんな機能はマニアにしか要らないのでデフォのままオフに設定してある。
お尻の快感設定は「普通」にしてあったのだが、デザイアが僕のお尻の開発をしようと言い出して、快感設定を「強」に変更する事になった。僕の処女は大切に取っとかないといけないし、その為にはバイブを奥まで突っ込む訳にはいかない。
クリちゃんでイく事はできるけど、デザイアに攻められていると、もっともっと欲しくなっちゃって、ついついおねだりしてしまう。
そんな時、「じゃあ、ご主人さまの可愛いお尻を開発しちゃいましょう♪」なんて言われて、つい頷いてしまったのだ。

ちなみにこの辺のクダリはデザイアのHP「カーリちゃんの秘密の部屋」のTOPにビデオクリップが置かれており、誰でもいつでも無料で見ることができる。ただし、荒くて小さい画面で。大きい画面で見たい場合は、「カーリちゃんファンクラブ」の会員になって、100円払えばその日一日は見放題、そして静止画像を壁紙にできたりもするのだ。

ヴァーチャル世界での快感は快感設定の強度とユーザーの感度の積で決まる。
ゲームに慣れていくにつれて、設定された快感をユーザーの脳がより効率的に受容できるようになっていく。つまり、開発されちゃうのだ。

アリエルの丹念な舌使いが僕のお尻を緩めていく・・・・・・
デザイアが僕の前にしゃがみ、真っ赤なディルドォの膣口挿入部を僕のアソコにあてがう。
このディルドォはT字上のベルトと前と後ろの二つの穴で僕に固定される。処女である僕専用のカスタマイズ品なので、膣口挿入部は浅く、緩めに作ってある。でも、この浅いのも。それはそれで物足りないような、むずむずするような感じがとても良い。ちなみに前部に屹立する模造ペニスはいぼいぼの巨大なもので、現実の僕のモノなんかよりはるかに凶悪なシロモノ。革ベルトが腰と股に回されてお尻の穴に挿入する部分が僕の左臀部をなぜる。

アリエルが僕のお尻から顔を離し、おずおずと僕のお尻の中にディルドォの固定部分を挿入していく。自分が責められる為の道具を自分で用意させられるのだ。
太くてきついかと見えた菊口挿入部だが、意外とするりとお尻の穴に滑り込んでしまう。ねちっとした暖かい感触。位置を調整する為にデザイアが何度かベルトをずらし、そのたびに快感が僕を襲う。

デザイアが繰り返す僕のお尻への攻めは僕のお尻の感度を18から272へと上げていった。一度上がった感度は基本的には戻らない。もちろん、長期間ゲームを断って根気良く感度を下げようとすれば可能かもしれないとの事なのだが、それをした人がいない。
そして、僕のお尻の感度も穴の大きさも。更にはあそこやクリの感度まで。
前部数値化されてモニターされちゃってるのだ。
ファンクラブに入れば誰でもそれを見れるし、グラフ化とか他のゲーマーのキャラと比較も簡単なのだ。

デザイアの関心は僕だけにあるから、僕が昼間仕事で一生懸命働いている間や、僕が寝た後も「どうすれば僕の人気がもっと出るか」とか「どうすれば僕をもっとエロエロな女の子にできるか」とか、そんな事ばっかり考えている。僕の感度がどんな攻めの時にどう上がったか、どこが一番気持ちいいかは逐一モニターしていて、全部HPやBLOGで公開
してしまう。

デザイアの僕の開発コンセプトは「処女だけどHなマゾ美少女」らしい。彼女のBLOGに書いてたから間違いない。あ、彼女、HPだけじゃなくBLOGもやってます。
問い詰めたら逆襲されて、僕が「Hでマゾな女の子」だって事を宣言させられた。その映像もHPに置かれている。ううう、あれ止めて欲しいなぁ・・・

ぎゅっと、デザイアがベルトを締める。僕に装着したディルドォがしっかり固定される。
「準備かんりょおですよ、カーリさま」
デザイアがそっと屹立した僕の模造ペニスにキスをする。
じんとアソコとお尻に快感が伝わり背筋が伝わる。
これから、僕はアリエルを犯す。
死と暗黒の魔道師ラジャの手に堕ち、僕に敵対した白の魔法使い。洗脳され、操られなければ敵対する事も無かったかもしれないのに。
今度イってしまえば、アリエルはこの世界から追放されるだろう。ゲームキャラとしての死。ちょっとかわいそうだけど。でも、しょうがないんだ。これはゲームだし。
「んっふっふっふぅ~」
アリエルを羽交い絞めにして立たせたデザイアは、ペニスを生やすと、後ろからアリエルを串刺しにしてペニスで持ち上げてしまう。アリエルはつま先でふらつく。
「くぅ」
震えるアリエルの正面に回った僕はちょっとしゃがんでペニスの先端をアリエルのアソコに当てて、ゆっくりと押し上げる。ペニスから伝わる振動が僕自身のアソコとアナルを刺激する。
お別れだね、アリエル。
せめて最期は僕自身の手でイかせてあげるよ。

つづきはこちら






質問 僕のデザイアのご評価をお願いします


とてもよい

よい

まあまあ

いまいち






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


FC2ID




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2226-83184b34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08