FC2ブログ

Latest Entries

【好評発売中!】ブラコン妹に惚れるまでTS調教される話 2-2

 ましてや、女子の快感を体験をしてしまったら、僕は妹の超能力に屈したことになってしまうだろう。
「お兄さん、脱ぎ脱ぎしてください♪」
「嫌だよ。それに、部屋のドアが開けっ放しになってるよ……?」
「私はこういうのが好きなんです♪」
「こういうの?」
「お兄さんが喘ぎ声を出したら、下にいる妹さんに聞こえちゃうんですよ♪ お兄さんが声出さないように我慢してるの見たいなぁ♪」
「なッ…………!」
 露出趣味だけじゃなくて、嗜虐趣味まであるのか……?
 冗談じゃないよ……。
 喘ぎ声を妹に聞かれたりしたら、僕は明日から妹に顔を合わせられなくなる。
「お兄さんが自分から脱がないなら、私が脱がせてあげますよ~♪」
「いやっ、そんなっ…………」
 力づくでこられたら勝てない。今の七花ちゃんが本気を出したら、僕は赤ん坊のように脱がされてしまうだろう……。
「脱がせて欲しいですか?」
「うっ…………いや……」
 無理やり脱がされるくらいなら、自分で脱いだ方がマシだ…………。
 僕は抵抗することを諦め、嫌々シャツのボタンを外した。
 ブラをしていないので、おっぱいが少しずつ溢れる。
 プルンッ……
 窮屈だった胸が解放されて、丸みを帯びたおっぱいが現れた。大きいのに柔らかくてわずかな振動で揺れる。
 女の子らしさの象徴を持っているみたいで恥ずかしい…………。
「おぉ~♪ お兄さんのおっぱい綺麗です♪」
「くっ……」
 そのままシャツを脱ぎ捨てた。
 妹の部屋で、妹の友達の前で、上半身裸。
 すでに泣きたいくらい情けない…………。
「お兄さん♪ 下も脱いでくださいね♪」
「うッ……うん…………」
 ズボンとパンツを脱ぐと、ウエストは女の子らしくくびれていた。
 そしてパンツは男物。
 端から見たら痴女なんじゃないか……?
 かといって、僕に女子のパンツを履くような趣味はないので、仕方が無いんだけど……。
「お兄さん、下着は可愛くないですね」
「当然だよ……可愛い下着なんて履けるはずないでしょ……」
「履かせてあげましょうか♪」
 そう言って七花ちゃんはスカートを脱いだ。
 スルッ……
 脱ぎたてのパンツ。薄いピンク色の水玉。前面に小さなリボンがついてる。
「な、何してるの……!?」
「お兄さん、これに履き替えてください♪」
「え…………ちょ、ちょっと待って……! そんなの……」
「ふふふ。履いてくれないと、妹さんに聞こえる声で叫んじゃいますよ? 『あんっ♪ お兄さんっ、ダメです♪ そんな激しくしないでっ♪ あ~んっ♪』」
 こんな声を聞かれたら、七花ちゃんと楽しんでると思われてしまう。妹の逆鱗に触れて、超能力でもっと酷いことをされるかもしれない。
 こうなったら大人しく、ササッと七花ちゃんを満足させるしかない。
「わ、わかったよっ……! 履くからっ……! 履くからっ…………!」
 パンツを受け取った。コットンの肌さわり。生暖かくて少し汗で湿ってる。いかにも女の子っぽいデザインだ。
 これを履くのか……? 僕が…………?
「いやん♪ そんなに見ないでくださいっ♪」
「み、見てないよっ……!」
 顔が熱くなる。
 そんなこと言われたら、まるで僕が妹の友達のパンツを観察してる変態みたいじゃないか。
「っ………………」
 男物のパンツを脱いで、七花ちゃんのパンツに履き替えた。
 コットンの感触と七花ちゃんの体温。
 普段と違う感覚にお尻を覆われてゾクゾクする。
 妹の友達のパンツを履いてしまうなんて…………。恥ずかしくて、七花ちゃんの顔を見れない…………。
「お兄さん、似合ってますよ~♪ 可愛いです♪」
「そ、そう…………」
 全然嬉しくない。
 背徳感に押しつぶされそうになっていると、
「おっぱいマッサージしてあげますね♪」
「えっ……ひゃっ!」
 七花ちゃんがおっぱいに飛びついてきた。
 タプタプした肉を小さな手で弄ばれてしまう。
 指の間にたっぷりの肉が侵入して、ヌルヌルと動く振動を感じる。
「やっ……あんっ……いやぁ…………」
「柔らかいです♪ お兄さん、気持ちいいですか~?」
「だめっ……七花ちゃん……」
 胸の奥の敏感な部分を刺激されて、弱々しい声が漏れてしまう。
 わずかな痛みと気持ちよさに脳が混乱してわけがわからなくなってくる。
 こんな無理矢理責められるなんて……!
 モミモミモミモミモミ……
「やぁっ……だめっ……いやっ…………」
 ベッドに倒れて、七花ちゃんの手から逃がれた。
 心臓がバクバク鳴ってる。
 こんな乱暴にされたら、頭がおかしくなってしまう。
「お兄さん、自分からベッドに誘ってくれるなんて嬉しいです♪」
「ち、違っ……」
「お兄さん、エッチですね~♪」
 七花ちゃんが近づいてくる。
 肉食動物みたいな笑顔。
 僕の上にまたがって、顔を接近させてきた。
 谷間がプルプル揺れてる。
 思わず見とれてしまいそうになる。
 でも、逃げなきゃ…………!
「味見タイムです~♪」
「………………ッ!」
「れろんっ♪」
 不意に鼻を舐められて、意外な行動に僕は唖然とした。もっとエッチなことをされるかと思ったのに……。
 犬にじゃれつかれたみたいな感覚。
 鼻を舐めることにどんな意味があるのかわからない……。性癖が特殊すぎて、ついていけない……。
「美味しいです♪ れろれろれろ~」
「うっ……七花ちゃ……」
 両目を舐め回された。まぶたが唾液でベチョベチョになって、目が開けられない。
 わけがわからないのに、すごく恥ずかしいことをされてる気分になってくる……。
「ふふふ♪ お兄さんの味がします♪」
「……………………」
 満面の笑みで意味不明なセリフを吐く七花ちゃん。
 変態すぎてゾッとした。とてもこのあと普通のレズセックスで終わるとは思えない…………。
「何ぼーっとしてるんですか~? お兄さんも私のこと舐めてくださいね♪」
「え……」
 シュルッ……
 七花ちゃんはシャツを脱いで、可愛らしいピンクのブラジャーと溢れそうな胸で僕の視線を奪った。
 くびれのあるウエスト。
 抜群のスタイルの良さが際立っている。
 少しほっぺたを赤らめた笑顔も可愛い。
 パチン
 七花ちゃんは躊躇う様子なくブラも外して、綺麗な半球形のおっぱいをぷるんと揺らした。
 癒やし系美少女にピッタリなふわふわの巨乳だ。
 乳首は薄いピンク色で優しい感じがする。
 癒やし系の笑顔と抜群のプロポーション、完璧な美少女が目の前にいる。

ブラコン妹に惚れるまでTS調教される話 DMM版
ブラコン妹に惚れるまでTS調教される話 DLsitecom版

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/22402-f654acba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08