FC2ブログ

Latest Entries

【サンプル掲載】我ら魔王軍~モン娘たちの反撃!!~  グレタ編1-3

(くあっ、ああ!! たまらない、ぃ!! なんて腰の動き――ナカも、おまんこも! すごく……気持ちいいぞっ!!)
 人間の女性とは、別次元……!!
 魂すらも吸い込まれるような心地よさに、ローベルトは息を詰まらせながら、腰を繰り返し跳ね上げる。
「あはぁ! あはンン! ああ――!! おまんこ……おまんこの中! おまんこの中にぃ……出しなさいぃ! あなたの最後のザーメン汁を……出すのよぉおおお!!」
「最高だっ! 最高すぎるぅ! なんて――すごい……おまんこっ! 淫魔のおまんこぉ……や、やっ! やばいぃぃ!!」
 牝壺を、ぐちゃっ、ぐちゃっ、と押し潰す感触が、堪らない……。
 言葉に出来ない肉悦は亀頭から肉幹の根元まで走り抜け――射精欲が限界まで昇り詰める。
 同時に、破廉恥な肉奉仕を続けてきた淫魔娘グレタも限界なのだろう。
「あっ、はーん! んふっ、はぁ、あああ~~っ♡♡」
 豊かな臀部は卑猥な残像を描きながら、上下に動いた。馬鹿デカい――それこそ異常発育としか言えない――おっぱいも、破廉恥に躍動する。
 そればかりか。
(くっ、ぁああ! ちんちんがっ! 俺の、おちんちんがぁ、あああ~~っ!? んひぃ、はぁああ! 気持ち……いいっ――!!)
 強烈に窄まった牝穴は、硬く充血した男根を扱き捲る。
ぐちゃ、ぬちゃ、ぐちゃ、ずぶぶっ!!
 妖しい腰の捻りと、金髪青年の腰振りが濃厚に絡み合い、極上の快感を生み出していく……。
「うぉおおお!」
「んふぅううう~~♡」
 どびゅぷ、ぴゅるぅうう! ドビュゥウウウ――!!
 ぷしゅ、しゅわぁあ! ぶじゅっ、ぶじょぉおおお!!
 ローベルトの濃厚ザーメン汁。淫魔娘グレタの潮吹き汁。
 深く繋がり合っている彼女の膣穴の中。
 ふたりの絶頂汁がドロドロと溢れ返り、底無しに心地いい熱に満たされていく。
 間違いなく人生で最高の射精快感を味わい、ローベルトは堪らずに腰を抜かす。
「はぁ、はああ。 最高の……からだ、だっ。 最高に……きもッ……ち、イイっ。 ……からだ……だっ、ぁ……!」
「うふ……ふふ。 ありがとう――ワタシも、なかなか愉しかったわよ♡」
 淫魔娘グレタが、妖艶な笑みを浮かべた。
 そして、同時にその蠱惑の美貌を、彼の顔へと押し付ける。
 ……くちゃっ♡
 キスであった。熱烈に。ねっとりと。
「んっ、くぅ、ぅ……っ」
 人外の長い舌が、ローベルトの口腔へと挿し込まれる。
(ば、ばかっ……! 汚いっ……そんなっ! 俺の精液を呑んだ口と舌で……くうっ、ぁああ!)
 青々とした生臭さが、鼻孔を刺激する。
 間接的に口粘膜に自身の精液が塗られている事実を、ローベルトは理解した。
 でも、やはり、体は言うことを聞いてくれない……。
 体の芯から甘美な痺れに支配されて、びくんっ、と震えるばかりであった。
「んっ……んぶぅ! やめっ……んんっ!!」
 屈辱を覚えながらも、歯茎の隙間やベロの下まで舐め擦る淫魔娘の舌に、彼の心臓は、甘く高鳴る。
 全身の血はますます熱くなり、思わず自らも舌を動かしてしまう。
 ごくごくと彼女の唾液を、ローベルトは飲んでいった。
(あっ、ぁぁ……こんな……熱くて。 激しくて。 すごい……性行為が――セックスが、あったなんてっ、っ……!! まるで意識が、魂が、ああっ! あっ、くぅぅ……っ! く、空中を浮かんでいるようだぁ~~!!)
 途方もない幸福感に包まれて、ローベルトは瞼を閉じる。
 一瞬の暗闇。
 体中の感覚は鋭さを増し、意識はさらに退廃の快感へと溺れていった。
 だが、不意に……彼は違和感を覚え始める。
(あれ……? なんだ……なんか変――っていうか?)
 ぐちゃっ、ぐちゃっ、と口の中で音が鳴る。
 太い舌が、ローベルトのベロを激しく攪拌していた。
 先ほどよりもザラザラ感の強い舌肉が跳ね回るたびに、口腔に溜まった粘り気が、ドロリドロリと味蕾に溶けた。
 しょっぱくて、ツンとした酸味を孕む奇妙な味が、彼の意識に広がっていく。
「んっ、んふぅぅ!」
 ゾクリ、ゾクリ、と背筋が戦慄いた。
 咄嗟に彼女から離れようとしたが、ローベルトの嫋やかな"細腕"は、がっしりと掴まれていた。
 ――目の前の『男』によって。
(え? 誰だ――ッ!? こ、こいつ……ッ、ツツ!?)
 瞼を開けても、視界がぼやける。
 だが、相対している人物が男であることは確かであった。
 細い手首を捕まえて離さない大きな手。
 硬い胸板。引き締まった腹部と腰部。
 筋肉が付いた細身は、信じられないぐらいにゴツゴツしている。
 それこそローベルト自身の肌が頼りなく思うほど、逞しい感触であった。
「んふっ、んふふ――遂に手に入れた。 男の体――ああ、本当に長かったわぁ!」
 謎の男性が、口を開いた。
 凛々しい声なのに、喋り方は妙に女らしい……。
「はぁ、はあ……お、おまぇ……だ、だれ――――なっ!?」
 驚きのあまりにローベルトは声を失う。
 わなわなっ、と唇は、勝手に震えた。
「お、俺……? お、お前は――俺!? いや……その前にっ……こ、こっ……この声――っ!?」
 清卓な顔をした金髪の青年――自分そっくりの姿をした人物に、混乱するばかりのローベルト。
 咄嗟に張り上げた声も、不気味なほど細く甲高い。
「うそ……こんな……オンナの――こ、こ えっ? 俺の声が……オンナだとっ?」
 どう聞いても、今の彼の声色は……美しい女性の声である。
「何が起こって……ひぃいい!? おっ、おおっ~~、おっぱい!? なんで男の俺におっぱいがっ!?」
 自分の姿をした男性――『ローベルト・リトソーン』の上で身じろぐ。
 すると、胸元では褐色を帯びた柔らかな肉房ふたつが、たぷるん、ぷるるんっ、と盛大に揺れて弾んでいく。
 女性のおっぱいだった。……間違いない。
 それも非常識なボリュームを蓄えた淫靡な爆乳房である。下半身が見えないくらいの大きさだ。
「はわっ、わわっ……うそっ! なんでっ、どうして――んひぃ、はぁああ!?」
 そして――甲高い美声は、艶めかしく裏返った。
 奔放に揺れ弾むおっぱいにバランスを崩し、ぺたんと尻餅を付いたローベルト。
 途端、股間の奥を満たしていた硬い異物が、ぶじょっ、ずぶじょっ、と汚い音を響かせながら、彼の股座より飛び出した。
 ぷしゅ、しゅわぁ!
 同時に熱く疼く体の中心は刺激を受け――濃い体液を恥部から吐き漏らす。
「んひぃ、ひぃぁああ! あっ、ぁああっ……!!」
 深々とお腹に突き刺さっていた異物が勢いよく抜けた衝撃は、凄まじい――。
 恥丘からドロリドロリと汚濁を吐き垂らし、ローベルトは情けなく咽び泣いた。
「あっ、ああ……何が何だか……わ、分からないけど。 こ、これは――俺の体が……俺の体……じゃっ、ない……? ふぇっ、えっ? え、ええぇっ?」
「あん……っ!! これが……おちんちんの感触――感触なのねぇー!! いいわぁ、いいわぁ、これ――これがワタシの体! ワタシのおちんちん!!」
「うっ、うわぁあああ! な、なっ……ない!?  やっぱり……なのかッ!? お、おおっ……俺のペニスが……おちんちんがないっ!?」
 喜びのあまりに勃起ペニスで遊ぶ――腰を何度も突き出す――金髪青年の前で、ローベルトは股間を指で探っていく。
 邪魔くさいデカおっぱいを腕で抱えながら、苦労して掌を動かす。
 けれども、証明されるのは残酷な現実だけ――。
 彼の身体にある筈の男性器は消失していた。陰嚢も陰茎も消えたツルツルの恥部は、濡れ火照る肉穴から、ドロ、ドロリ、と熱くて粘っこい白濁を吐き垂らしている。
「んっ……ぁ、ああ! あンン……っ!」
 蕩け切った柔らかな肉割れ目に、指が触れる。
 同時に今まで体験したことのない快感が神経を逆流して、ローベルトは甲高い美声で情けない喘ぎを零してしまう。


我ら魔王軍~モン娘たちの反撃!!~ FANZA版 購入はこちらから 
我ら魔王軍~モン娘たちの反撃!! DLsitecom版 購入はこちらから

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/23221-46716073

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-11