FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第131番 やさしい魔法(17)

1話 3話 5話 7話 9話 11話 13話 15話 17話

作.うずら
絵.いずみやみその http://honeypoko.fakefur.jp/



―――2日目。
昨日は両親を心配させないために、何とかいつも通りのフリをして過ごした。
でも、ずっと寝つけなかったせいで、頭が重い。
「姉貴に謝って、何とかしてもらわないと……」
ピシッとアイロンを当てた制服に着替える。
少しだけ、気が引き締まった気がした。
隣の部屋に行って、ノックする。
返事が無い。二度、三度。


「姉貴?」
もう、下に降りてるのか。
1階を見て回ってみても、誰も居ない。
父さんと母さんは、仕事だろうから分かる。
この時間に姉貴がいないのはおかしい。
まだ寝てるのかもしれない。
そう思って、玄関を通り過ぎたとき、何か違和感を覚えた。
慌てて2階に駆け上がる。
「おい、姉貴! 姉貴っ!」
相変わらず返事が無い。
それどころか、物音一つしない。
意を決して、姉貴の部屋を開ける。
「な……」
そこは、半ば物置と化した空き部屋だった。
玄関で感じた嫌な予感。急いで、また来た道を戻る。
「姉貴の、靴がない……?」
どういうことだ?
パニックになりながら、姉貴の記録がありそうなものを、片っ端から探していく。
ケータイ。アルバム。保険証。手紙。
どこにも、姉貴の痕跡がなかった。
それどころか、俺がいたという証拠も。
代わりにあったのは、俺がこの家の娘になっていることを示すものだけ。
「これが、姉貴の言ってた副作用、か」
リビングのソファにへたり込む。
時計を見ると、もう授業は始まっている時間だ。
と、そこへ電話のベルが鳴った。
姉貴か!? わずかな希望にすがって、受話器を上げる。
「もしもし!?」
「え、あ、もしもし」
俺の勢いに気おされる相手。
この声……姉貴じゃない。
「私、マリアント学園で広海さんの担任の」
「あ、先生……」
「広海さん? 今日はどうしたの?」
「すみません、体調が悪くて、休ませてください」
何の根拠もないくせに、期待していた分、ショックも大きい。
思わず声が震えてしまったのだろう。
それだけで先生は納得して、お大事にと言い残して電話を切った。
「どこ、行ったんだよ……」

さんざん散らかした物が片付け終わった頃には、夕方の4時になっていた。
疲れ果て、へたりこんでいると、チャイムが鳴り響いた。
汚さないように部屋着に着替えていて、多少みっともないが仕方ない。
玄関に向かおうと立ち上がって、少しふらつく。
「そういや、昨日の晩から何も食ってないな……」
すっかり忘れていた。
それぐらい必死だったのか。
再びベルが鳴る。
「はーい?」
女の子はもっと慎重になりなさい、と母さんに言われてしまいそうだ。
いつもの調子で無造作に玄関のドアを開け、立ちすくんだ。
「や、広海ちゃん」
「カズ……くん」
相手が誰かなのかを確認してから開けるべきだった。
そう思うが、今更どうしようもない。
何とか取り繕わないと。
「えーっと、ヒロいる?」
え? ヒロって、俺は存在しないんじゃなかったのか?
とにかく落ち着け。
状況を把握できるかもしれない。
「お兄ちゃん、ですか?」
あの設定通り海外にいる、でいいのか。それとも、何か違うのか。
頭の中がごちゃごちゃになって、整理に時間がかかった。
そのせいだろう。
しびれを切らしたカズが先に口を開いた。
「えっと、寝起きだった? なんだかボーっとしてるけど」
ちらちらと、俺の格好を観察しながらの発言。
上下のスウェットを着ていたら、たしかに寝巻きにも見える。
う、なんだか恥ずかしい。
「そんなに見ないでください……」
「あ、ごめん」
通りがかった人はどう思うだろう。
玄関先で、若い男女が顔を赤くして俯いていたら。
そう思うと、尚更、意識してしまう。
ほとんど何も考えられない。
「おー、カズ、どうしたんだ?」
「え? ……は?」
後ろ、つまり、誰も居ないはずの家から、唐突に声がした。
慌てて振り返ると、そこには俺がいた。
って、ん? 何で俺?

びっくりそうぐう


<つづく>






質問 やさしい魔法のご感想をお願いします


とてもよい

かなりよい

よい

いまいち





結果


過去の投票


FC2ID





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2418-adb786b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-09