fc2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第132番 そんな、おままごとみたいな……(12)

作.ありす

<12:ドーラの心配>

次の日の昼。役場にいるヘルマを連れ出し、ドーラは昨夜の経緯を話していました。

「……というわけでさぁ、何とかしてやりたいんだけど」
「うーん、クララさんって司祭ですし、そういうところはもっとうまく出来る人だと思っていたんですけど……」
「クララは昔から、クノのこととなると、ニブかったからねぇ」
「ふふふ、それってやっぱり……」
「ああ、そのとおり。だけど、いつもいつも、お互いにそんなだったからねぇ」
「でもそうなると、本当にお二人がお互いに好き合っているのか、良くわかりませんね」
「いや、それについては、長いこと二人を見てきた、この私が保証する」
「それでドーラおばさまには、何か解決策がおありでしょうか?」
「あの二人は自然の成り行きに任せていたら、一生このままだよ。ここは周囲がサポートしてやらないと」
「具体的には?」
「今夜うちで夕食会をやろうと思ってね。口実は……まぁ後で考えとく。お見合いみたいなもんかねぇ?」
「お見合い? いまさらな気もしますが、それで?」
「そこで、二人の思い出話とかするのさ、二人がどれだけ長いこと一緒にいるか、そして将来はどうするべきであるのかとかさ」
「それから?」
「二人に結婚話を持ちかける。やはりはっきり言ってやらないと、あの二人は駄目だろうから」
「うまくいくでしょうか?」
「もちろん、アンタにも来て貰いたい所だけど……」
「私は行かないほうがいいでしょう。そういう話だと、クノさんは私を隠れ蓑にしてしまいそうですから」
「うーん、そうかい? ただ、クノに夕食会のことは伝えておくれでないかい?」
「もちろん。請けたまりましたわ」
「そういや、昨日のクララってばおかしくってさぁ。元女とは思えないぐらい、男っぽくなっちまっていてさ、態度とか話し方とか」
「あら、それでしたらクノさんだって、私と一緒の時は、普通に女の子みたいですよ。ちょっと仕種とかが乱暴ですけど、それもあの姿なら、逆にかわいいぐらい」
「へぇ? そうかい。クララはどんな男、いや女の子が好みなんだろうねぇ?」
「そ、それは、私にもちょっと……」

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2518-81c64212

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2024-02