fc2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第132番 そんな、おままごとみたいな……(16)

<16:お弁当作戦2>

一方、時間をちょっとさかのぼって、こちらはローレンツ家、ドーラがクノに頼まれた、クララへの弁当を作っていました。
「クノが毎日クララに弁当を作っていたとはねぇ……。やっぱりあの二人、いい関係だったんじゃないか。ここはひとつ、後押しをしてやらないとね……」

ドーラは、凝りに凝った細工弁当を作り、息子のハンスにクララのところまで届けるようにと、渡しました。
ドーラは弁当にメッセージカードまで添えるという念の入れようでしたが、しかし肝心なことを忘れていました。

「クララにーちゃん、ここにいたの? はいこれ、お弁当。届けてくれって頼まれたんだ」

クララは畑仕事の手を休め、見慣れたランチBOXをハンスから受け取りました。

「ハンスか、ありがとう。今日はお昼抜きかなー、と思っていたよ。少し食べるかい?」
「いいよ。せっかくかーちゃんが、クララにーちゃんのために作ったんだから」
「ん? これって、ドーラが作ってくれたのか?」
「うん、そうだけど……。あ、もしかして、クノちゃんからだと思った?」
「や、そんなことはないよ(子供のクセにこういうところだけは、クノよりも鋭いんだから……)」
「ふーん? じつわねー。知ってるんだ。ホントはクノちゃんが毎日、クララにーちゃんに弁当作ってること」
「な、何を突然……」
「クノちゃんにフラれたの?」
「な、何言ってんだ。今日は寝坊したから、後で届けるって、今朝言ってたんだよ!」
「ふーん? そうかなぁ。まぁいいや、でもクララにーちゃんってモテるんだね。知らなかったよ」
「ええ? ハンス、なに言ってるの?」
「なんでもない。でもとーちゃんかわいそうだなぁ。捨てられちゃうなんて」
「なあに、それ? ドーラとウォルフって、ケンカでもしたの?」
「知らない。二人ともオトナだから、そういうの僕には見せないもん」
「(小生意気なガキだなホントに……)そ、そう? でも捨てるなんて穏便じゃないね。ドーラがそういったの?」
「そうじゃないけど、お弁当食べてみれば判るよ」
「何のことなんだ? いったい……」
「なんでもないよ。これからクノちゃんところに行ってこよーっと。じゃーねー!」

いまひとつはっきりとしないハンスの態度に首をかしげつつ、少し早いかなと思いながら弁当を広げたクララは固まりました。それもその筈。中はハート型に細工された食材の数々であふれ、味付けも甘めのものや、精力のつくといわれている食べ物ばかり。おまけにファンシーな模様の入った装飾紙製のメッセージカードが添えられていました。

 大好きなあなたへ 
 今夜は大切なお話があります。
 早く帰ってきてください。

「こ、これは……。ドーラはいったい何を考えて……?」

ドーラはハンスに渡すときに”クノからだとクララに伝えなさい”と一言言うべきだったのですが、メッセージカードを入れたことで安心していたのです。しかし、肝心のメッセージカードには、クノの名前を書くことを忘れていたのでした。そしてそれを盗み見たハンスは、ドーラが夫であるウォルフを見限り、クララに乗り換えようとしているのだと、勘違いしたのでした。
そして、そんなこととは知らないクララは、ハンスの不自然な態度に疑問を持ちつつも、ドーラの抱えているであろう悩みに、元聖職者としてどう向きあうべきであるかに、頭を悩ませることになったのです。

<つづく>





質問 そんな、おままごとみたいな・・・・・・のご評価をお願いします


とてもよい

かなりよい

ふつう

いまいち





結果


過去の投票


FC2ID




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2523-ebffabb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2023-06