FC2ブログ

Latest Entries

白と黒の羽 by.伊達ん子 (1)

あむぁいおかし製作所掲示板(絶賛過疎中)にて謎の覆面新人(ウソ)TS作家伊達ん子さんが超不定期連載中の小説です。ときどき、こうやって表にサルベージしときます。



ふと顔を上げると、ゆっくりと、たゆたうように落ちてくるそれと目が合っていた。

青。白いそれを包む空より青い瞳に、俺は吸い込まれそうになる予感が心に過ぎった。しかしその神秘的な青い視線を、俺は外すことができなかった。

やぱい、と思った時には既に遅かったのか、俺はそれが落ち行く先を目指して走り出していた。

手を翳し、白い羽に包まれた身体を落とさないよう、それを受けた。手には羽毛のくすぐったさと、僅かな重さ。それと遭遇した奇跡というか、運命というか、複雑な心境が交錯し、俺の鼓動が速く、激しくなっていた。

きみはだれ。なんて陳腐な言葉だろう。見たままの存在なら、いや、たとえそうでは無かったとしても、俺は相当運がいい。

どう見える? 反対に問われ俺は動揺を隠せなかった。羽毛に包まれた、いや、白い羽根に包まれた裸体が、否応なく目に飛び込んできた。

て天使? いるわけない、と思っても目の前の現実は消えたりしない。半裸のそれを道ばたで抱き留めている俺の姿は、想像すると変だった。けれど道行く人々はそんな俺に一切構わず、目も向けず歩き去っていった。

なら、そういうものなのよ。人は見たいモノを見る動物だから。青い目が瞬きもせず、その表情に笑みを浮かべながら、解らないことを言った。

わたしと目があったのはあなただけ。真に何かを求めていないと見つけられない筈。俺は何も求めていないのに、なんで見つけてしまったのだろう。確かに一人になりたいとは思っていたけれど。……違う。自分に嫌気がさしていただけだ。
2007/4/12(木)12:38
抱き留めていた腕をゆっくりと下げ、天使のような存在を地に下ろした。

ありがと。……本当言うと、わたしの目的とも合致していないと見えないんだけどね。白い手が俺の胸元に差し出され、掌が心臓の真上に翳された。

あ、あのさ。
そう、それが望みなら叶えてあげる。それは、俺が答える間もなく羽根を広げ俺を包んでいった。俺の背後で羽根が閉じられると、羽根自体が俺の身体をそれに引き寄せていた。

うわっ。きゅっと包まれた俺の身体。くすぐったさを感じながらも俺の心は覗き込む青い目にどぎまぎしていた。次第に密着していく半裸の身体に興奮を覚えていく自分がいた。

あら。気にしなくてもいいのに。自然な事でしょう。下を見ていた視線を上げ、くすっと笑うそれ。俺は頬が火照るのを感じつつ、その心地よさに身を委ね始めていた。

どこかに連れていってくれるのか? それとも匿ってくれるっていうのか? 何も捻らず、感じたままを話していた。
連れていく? 匿う? あなたに相応しい結末を用意してるから、黙って。それは、羽根で覆った繭の中で静かに、しかし命令口調で言った。

俺に相応しい? 俺は一人になりたいだけだ。
2007/4/12(木)12:39

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/2561-90b9623d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08