FC2ブログ

Latest Entries

TS41 加奈さんからのメール

完成~!
我が最強最高のTS!TS25 “さくらさんからのメール”がリニューアル完成した。
早速、掲載内定先のTS解体新書のTOSHI9さんにメールを、、、
お? 
新たなメールに俺は目を止める。

Date: Sat, 27 Nov 2004
Subject: 初めまして。浮気相手を探している主婦です。
From: "加奈"
To: amulai@nsei.co.jp
いきなりのメール失礼致します。
どうも初めまして。加奈といいます。
結婚して4年、目下30歳です。
受付やってたんですが、何故か20歳年上の社長に目をつけられて
結婚しました。でも、あのですね、主人の年齢が年齢なので
私、セックス面でとても満たされない日々を送っています。
もとから人並み以上にエッチが好きってのもあるんですけど、
いますっごくしたくてしょうがないんです。
どうしても我慢ができなくて、ネットで相手を探していたところ、
近い場所に住んでるらしい貴方を見つけて
こうしてメールしている次第です。
主婦という立場上、秘密厳守での関係を持ちたいと思っているのですが、
そちらとしては何か希望する条件はありますか?
私、仕事はしてないんですが、お金とか全然平気です。
って、キタ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!
さくらさんからのメールの素材にした、噂のメールじゃん!?
すっごいタイミングで来るなー。
やっぱり、さくらさんからのメールこそ最高最強のTSかもしれん!

近い場所に住んでるらしいって、あんたはストーカーですか。
何か希望する条件はありますかって、まさか主婦ってるのにTS娘をリクエストするわけにもいかんし。
えーっと、「大した希望ではありませんが、ネコ耳のメイドで髪の毛は水色でお願いします。首輪に大きな鈴を付けて、語尾には意味不明の変なカタカナ言葉を付けて下さい。わたしの事はご主人さまと呼んで、申し訳ありませんが絶対服従でお願いします」
こんなもんかな。
あはは。
どんな返事が来るかで、プログラムがやってるのか、アルバイトがやってるのか分かるかもな。送信っと。

“メールの送信が終了しました”
“1件のメールが届いています”
ん?
俺はメールを確認する。
Date: Sat, 27 Nov 2004
Subject: ご希望了解しました。
From: "加奈"
To: amulai@nsei.co.jp
“明日、お伺いします。”
え?
嘘だろ、送信から1分も経ってないぞ。それに、、、ぶるっっと寒気が走る。
まさか、、、
だ、大丈夫。住所とか教えてないし。も、もうレスするのは止めよう。
あはは。あははは。も、もう寝ようかな。明日は仕事だし。

「佐々木さんにお客様がいらっしゃってます。えと、、、」
受付からの電話に俺はひどく嫌な予感がした。
「メイド服の変な人ですけど、、、どうしましょ?」
俺は天を仰いだ。
帰ってもらって下さい。と言いかけたが、モメた場合洒落になんない事になる。
俺のエリートサラリーマンとしての地位が、地位がぁ!
「すぐ行きます。」
俺は電話を切ると、受付に向かった。

「あ、ご主人さまだキラ。始めましてキラ。あたしが加奈だキラ」
ネコ耳だ。
メイド服だ。
水色の髪だ。
首輪に鈴だ。
童顔だ。
俺の心はしばらく俺の体を離れてアンバランスゾーンをさ迷う。
「あの、佐々木さん。どうしても、会わせろって。帰ってもらおうかと思いましたが、ちょっとヤバそうでしたので」
受付嬢がもっともな事を言う。
「ぜ、全然知らない人ですけど、トラブルに巻き込まれたみたいです。ちょっと外出しますね」
被害を最小限に食い止めなければ!
「え、えと。加奈さん、、、でしたっけ?ここでは何ですので、ちょっと外で」
「わかったキラ。加奈はご主人さまの命令に絶対服従なのだキラ」
加奈が首の鈴をチリンチリン鳴らして応える。
あは。あははは。ちょっと助かるよ。
俺は、馬鹿女を連れて社外へと出る。なるべく遠くがいいな。ちょうど通りがかったタクシーを俺は止める。
「梅田まで」
運転手は加奈に興味深々の模様だが、あえて触れずに目的地へと向かう。
ふぅ。取り合えず会社から遠ざかるのが先決だ。
「ねぇ、ご主人さまぁ。加奈はどこに連れていかれるのだキラ?」
加奈は目をキラキラさせて問う。可愛い。しかし、俺は大人だ。そして既婚者だ。トラブルには冷静に対処するのだ。妻は怖いのだ。
「えーっと、加奈さん。ちょっと行き違いがあったようですが、、、残念ですが、わたしはあなたとお付き合いする気はありません。どうかお引取りを、、、」
「どうしてキラ?加奈は、ご主人さまに絶対服従だキラ。ご主人さまの奴隷キラ。ペットキラ」
うるうる潤んだ瞳が俺を見据える。うわぁあん。どうして俺早まって結婚してんだ!?
もとい!こういうの独身の時に来てよ!
「隙ありキラ!」
彼女の柔らかい唇が俺の唇を奪う。うわっ。
強烈な女の匂いが俺の鼻をくすぐる。
チリンチリンチリン。鈴が鳴る。
彼女の舌が俺に入ってくる。や、やばっ。
あ、あれ?これ、本当に舌かっ?ど、どんどん入ってくる。
どんどん。
く、苦し、、、

俺は肩を掴まれて、引き剥がされる。
俺から。
え?
な、何があった?俺?え?
「運転手さん、そこのホテルに入れてくれ」
え?え?うそ?
「ど、どうなってるキラ?あ!」
女の声!入れ替わり!うそぉ!
「大人しくしろ、加奈」
「分かったキラ」
俺は反射的に応える。大人しくしろと言う命令が俺を縛り、俺は大人しくなる。くそっ。
俺の体を乗っ取った加奈は、財布を取り出して中身を確認する。
「ふん。暗証番号は何番だっけ?」
「4、、、1、、、2、、、6ですキラ」
だ、めだ。抵抗できない。
「いくら入ってる?」
「ごびゃくまん、、、だキラ。もうすぐボーナスも入るキラ」
加奈は口笛を鳴らす。
「へえ。なら、、、釣りはいらん」
加奈は支払いを済ます。
俺は加奈に促されてタクシーを降りる。
長いスカートが動きにくい。
加奈の指が俺のネコ耳をまさぐる。今気づいたが、ホンモノのようだ。なんでだ!
し、しかもむずむずする。
加奈の腕が俺の肩に回される。
あったかい、ご主人さまの腕、、、ああっ!?
「女になった気分はどうだ?」
「わ、わけわかんないキラ」
どきどきどきどき。心臓が鳴る。
チリンチリンと鈴がはしたない音を立てる。
「ふん。では、絶対服従してしまう気分は?これから主婦として、50歳の旦那のお相手をする気分は?素敵なご主人さまと不倫をする気分は?」
ぐいと引き寄せられて、ご主人さまの顔が間近に迫る。あうう。
加奈は、ご主人さまに絶対服従だキラ。ご主人さまの奴隷キラ。ペットキラ。
それらの言葉が口を出そうになる。言いそうになる。言ってしまったら、俺は。俺は、、、
「か、、、加奈は、、、ご主人さまに、、、絶対服従キラ」
言っちゃった。言ってしまった。ぐすん。気持ちよかった。
俺は涙ぐんでいた。もっとちゃんとした萌え設定にすれば良かった。
「そうか、行くぞ」
ご主人様は先にホテルへと向かう。
俺は慌ててその後を追う。
チリンチリンと鈴が軽やかに鳴る。
待って下さいよう、ご主人さま。絶対、絶対、妻にはばれないように上手くやって下さいキラ。お願いキラ。

<おしまい>

コメント

あ、加奈さんからのメール初感想です♪

いらっしゃいませご主人さま(爆)古い作品はなかなか感想が貰えないので感激ひとしおです。
なおメイドさんはたぶん一番力を入れている分野です。

メイドさん好き好きー

『さくらさんからのメール』にこんな続きがあったんですねえ。
最近『ぼくのご主人様!?』を読んで色々妄想してしまっているので、かなりツボでした。
うん、やっぱ「ご主人様」って呼ばれるより、呼ぶ方がいいや(爆)
そして10代ならなお良し。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/3-d0fd9aa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08