FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第141番 Blood Line (34)(21禁)

「あんな職員いたんだなぁ。すげーでかいよね」
 リサの隣りを歩く少年が他愛の無い話題を振ってくる。何か答えなくちゃと思っても、本当に『声』を使って良いのか解らなかった。『声』使ったことで、今以上の能力開発が待っているかも知れない。仕込まれたモノのせいで身体の奥底からじんじんと痺れるような刺激が今も駆け巡っている。それに「続ける」と言われた事も心に引っかかっていた。
「俺、先々週にこっちに来たんだ。能力って言っても何にもできねーのにさ。きみは? 何か出来るワケ?」
 不意の質問にリサは自分の思考を一旦止め、俊治の顔を見た。
(何がって言っても。PKとか『声』ぐらいしか出来ないけど)
 ちらっと巨漢、鹿島の方を見やると軽く顎を引き頷いているのが見えた。一応の了承を得たと思いリサは度胸を決めた。
『PKとコういう事なラ出来ルけど』
 聞きづらいと言うより普通のクリアで、少しイントネーションがおかしな女性の声が俊治の耳に聞こえてきた。しかし目の前の0087号の唇は少しも動かされていない。その奇異な現象に俊治は思わず周囲を見回していた。
『鼓膜を直接振るわせて話してます。だから、その、目の前の僕がしゃべってる』
 リサの探るような瞳は、自分の能力が他人にどう映るのかを見定めているようだった。俊治は素直に驚きの声をあげる。
「す、すげぇ。前に住んでた近所にさ、能力者がいたんだ。二個下位だったかな? ガキの頃、そいつがクルマ持ち上げたの見たことあったけど、それ以来の衝撃だ。きみすごいな」
 本当に驚いたという表情で真っ直ぐ見つめてくる俊治に、リサは少々気恥ずかしさを感じていた。
『他には、コんな事もできる、けど――』
 直径一センチ程の石粒を触れることなく目線の高さまで持ち上げると、そのまま中庭を挟んだ反対側のベンチへとぶつけていた。少し遠くで石粒とベンチの背もたれの木材が当たった音が聞こえてきた。
「ひゃー、何でもできそうだ。えーと、ゼロゼロハチ、なんだっけ? 俺は0238なんだ、佐野って言うんだけど。きみは?」
 ここでのルールは他人の詮索をしないこと、だ。個人が特定出来るような話題は、なるべくしないというのも暗黙の了解のようになっていた。勿論、友人として仲良くなれば、名前も教え会う場合も見られるが、初対面から名前を聞いて来たのは俊治が初めてだった。
『ハチナナ』
「いや、そうじゃなくて、名前だよ。番号じゃ呼びにくくて。教えて下さい」
 神妙ではなく、ちょっとおちゃらけた感じで手を合わせ頼み込む俊治に、リサの口元が緩んでいた。
(俊治くんに、僕は幹彦なんだって言ったらどう思うだろう……。頭おかしって思うかな)
 そう、リサというより幹彦は俊治を知っていた。ごく近所に住んでいたのだから。他の幼馴染は幹彦が能力者だと解かった途端、縁遠くなった。それだけならまだしも、虐めの対象にしていた。幹彦が能力を使いこなせないのを承知の上で。自由に使えていたなら、今頃幹彦は違った人生を歩んでいたかも知れない。
 俊治は幹彦より年上だったからか、虐めに参加する事は無かった。助ける事も無かったけれど、虐められるよりは良かったのだ。自分に対して何もしない人、それこそが幹彦の求めていた友人だった。
 リサは今璃紗の身体を使っている。それが突然、近所に住んでいた、クルマを持ち上げた幹彦だと言ってもかえって疑いを持たれるかも知れない。片目を開けて盗み見る俊治を見ながら、不意にそんな想いが過ぎっていた。
『リサ』
「えっ? りさ、か。可愛い名前だね」
(か、可愛い? 僕が? いや、でも男だし)
 可愛いなどという言葉をリサは幹彦として生きていた時から聞いた事が無かった。それが「璃紗」に向けられたものだと頭では解っていながら、思わず頬が熱くなるのを感じていた。
 俯き表情を隠すようにした仕草が、俊治には好ましく思える。
(へぇ、このコってウブなんだ。可愛いじゃん)
『こレは別に僕が……』
 何か言い訳じみた事を言おうとした時、リサの身体を突き抜ける振動が股間からにじみ出していた。
(あ、あっなんっ、ひぅあン)
 午前中から能力開発の名の下に行われた鹿島による陵辱。鹿島の個人的趣味なのか、股間を潰された恨みからか、その攻めは日に日に激しさを増していた。最近では鹿島のモノを模したディルドゥをリサの柔襞の中に埋め込み、一日中弄ぶ事もあった。昼休みなどあってないようなもので、中庭を歩く時でさえ遠隔操作で動かし、止め、そして再び動かしていた。その度に歩いているリサが蹌踉けるのを楽しそうに観察していたのだ。
 俊治がよろよろと歩くリサを見たのは、こうした背景があった。そして今日も、リサはその狭い肉洞に極太の擬似ペニスをくわえ込んでいた。それがいきなり動き出したのだ。
「? どうかした?」
 言葉途中で止めてしまったリサが、膝を抱えるようにして身体を振るわせる様子に、俊治が肩に手をかけ心配そうに覗き込む。リサは首を振り大丈夫だと訴えるけれど、『声』を出す事は出来なかった。ぐりぐりと襞穴を蹂躙するプラスチックの筒は、まるで場所を知っているかのようにリサの感じる部分を抉っていく。
(こ、んあ、ひどっ、くぅ! いやだ、見ないで、見ないでよお)
 感じないようにと身を強張らせれば強張らせる程リサの膣は締まり、そこから抗えない快楽が紡ぎ出されてくる。動かしたくなくても腰が動きそうになり、そんな自分の身体を見られる羞恥に、リサは首まで真っ赤に染めていた。時折ひくっと身体が反応してしまうと、リサは更に縮こまろうとした。
『ひ、どい。やめてよっ』
 目の前にはいない鹿島の鼓膜を震わせ嘆願する。伝わっている筈なのに一向に動きは収まらない。それどころか、更に激しくその身をくねらしリサの中のポイントを余すところなく撫でていく。
 淫猥にリサの身体が動く度に、ショーツを穿いていないリサのスモックの内側に、馥郁たるオンナの香りが立上っていた。
 目の前の少女の身に想像を絶する責めが行われている事に気付かない俊治は、ベンチから立ち上がりリサの目の前で膝を折っていた。
(ふ、んんん! こんな、ヤダっ知ってる人、まえぅはうン、イクなんてぇ!)
 ほんの少し視線を上げると、俊治の視線と交錯した。それがトリガーとなったのか、リサの身体は一気に愉悦のステージを駆け上がり、暴れるディルドゥを膣がきゅっと抱きしめた。
(ああっ!! イクぅッ!)
 自分の袖をきつく握り締め、目蓋も閉じるとリサの目の前は真っ白になっていった。

<つづきはこちら>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/3179-d5ea81a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08