FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第146番 サッカー部へようこそ(12)<18禁> by.うずら

首の後ろに絡めていた手を放す。
ほら、好きにして良いんだよ、直くん?
いつもより張っている胸に、直くんの手が伸びる。
揉んだりこねたり。
左右のおっぱいがぐにぐに形を変えていく。
「あふっ、そんな、にっ、乱暴にしちゃ、やだぁ」
ホントはもっとしてほしい。
けど、そんなこと言えないよね。
それなのに、直くんには全部お見通しなのかな?
私の心の声までわかったみたいに、もっと激しくしてくれる。
「その割りに、嬉しそうだな?」
「ひゃう、もぉ……」
ちょっとふくれっ面。
別におねだりしたわけじゃないもん。
「こうやって乳首引っ張ったりして」
「ああぁっ」
そんな、きゅってつねられたら感じちゃうよぉ。
じわぁってゆっくりだけど、奥から愛液が出てきてる。
「こずえはひとりエッチの時、胸ずっといじってたよな。こんな風にされるの、好きなんだろ?」
「あっ、はぁ、ん゛っ」
好きだよぉ。
だけど、直くんにされるのは特別だもん。
特別だから、こんな風に声も出ないんだよ?
分かって欲しくて、潤んだ目で見つめる。
「そっか、もっとして欲しいんだ?」
ちがっ、うくはないけど……そういう意味じゃないのにぃ!
「ふにゃあっ!」
いきなり左の胸を舐められた。
心の準備なんかできてないから、変な声が出ちゃった。
右はおっきな手がそのままふにふに。
「やぁっ、そ、ぁん、ぁめぇっ!」
全然違う刺激がふたつのおっぱいを伝わってくる。
頭の中がぐらぐらしてる。
「ん、ちゅ……ちゅぅっ」
「あぅっ、うンッ!?」
いっぱい舐められて、いっぱいキスされて、いっぱい吸われて。
直くんがしてくれるたびに、びくんびくんって動いてしまう。
気持ち良いよぉ、直くん。
でも、おっぱいばっかりじゃヤだ。
もっと他のところも、ぜんぶを直くんのにして……。
ふにゃふにゃで力は入らないままだけど、いっしょうけんめい身体を動かす。
直くんが顔を上げた。
えいっ。
「ちゅっ」
「ん……!?」
自分からキスしたのは、これがはじめて。
えへへ、驚いてる驚いてる。
でも、もう、限界。
これ以上動けないよー?
さっきみたいにベッドに横たわる。
ほら、胸だけじゃなくて、他のところも、ね?
私の言いたいこと、分かってくれたのかな。
鎖骨の辺りを舐めたり、お尻をさすったり。
背中とかうなじとか脚とか。
いろんなところを手とベロで撫でてくれる。
「あんっ、っとぉ、いっぱい、してぇっ」
どんどん昂ぶっちゃってとまらない。
ほとんど息するだけになっちゃってる口でおねがいする。
直くんの手がピタッと止まった。
「あっ……な、で?」
怒らしちゃった?
それとも、呆れちゃったのかな?
やだよ。私のこと、嫌いにならないで。
「このまま愛撫されるのと、入れられるの、どっちがいい?」
良かった。嫌われてないんだ。
でも、そんなの選べない。
どっちもして欲しい。
どうしよう、どうしよう。
しばらく悩んでる内に、息が整ってきた。
「入れ、て」
「何を?」
「直くん、のを」
恥ずかしい。
何言わせるの。
「ちゃんと名詞じゃないと、わからないぞ」
ううぅ。
分かってるくせに。
直くんのいぢわる。
でも、そんなとこもちょっとスキ。
その後、優しいのがダイスキ。
ホントは言いたくないけど、言うよ?
「す、直くんのおちん、っちんを、私の中にいれてください」
少し怖くて、途中で声が裏返っちゃった。
だって、本物なんて子供のときにお父さんのを触ったことあるぐらいだし。
雑誌とかで、写真なら何回か見たことあるけど。
「準備も出来てそうだし……わかった」
カチャカチャってベルトを外す音がした。
足元の方だからちゃんと見えないけど、直くんがエッチする準備してるんだ。
「これが今から、お前の中に入るからな」
「う、うん」
わざわざ見せてくれなくてもいいのに……。
でも、思っていたよりずっと大きい。
お父さんのが小さいのかな。
直くんが腰をかがめた。
入り口にぴったりと当たってるのがわかる。
「入れるぞ。なるべく力抜けよ」
言われなくたって、ずっと前から力なんて抜けてるよぉ。
少しずつ、ゆっくりゆっくり穴を広げられている。
先っぽぐらいは入ったのかな?
まだ痛くない。
ぐぐっと押された。
狭いのに、ムリヤリ押し込まれる感じ。
変な感覚だけど、大丈夫。
あ……動きが止まった。
そこにあるの、処女膜だよね。
直くんにあげるよ?
「声、我慢しなくていいからな。舌は噛まないように気をつけろよ」
何も言えず、首だけ縦に振る。
痛くない、痛くない。
きっと痛くない。
直くんが私の腰をぐっとつかんだ。
「行くぞ」
……あれ?
あんまり痛くない。
注射の方が痛いかも。
個人差があるって聞いてたけど、拍子抜け。
なーんだ。
あ、れ?
腕が痛い。
吉沢に切られたとこからうっすらと血が流れている。
今更かよ。
ん?
身体が動かん。
どういう状況だ?
なんで裸の直が俺の腰つかんでんだ?
っていうか、ケツに違和感があるのって、これって、まさか。
「ぬ、抜けぇえええっ!!」
「なんだ、気がついたのか」
「て、っめぇ」
「お前が良いって言ったんだろ。怒るのは筋違いだぜ?」
記憶がハッキリしない。
たしか、一回だけエッチさせろって言われてからだ。
何がどうなった?
どうして俺の身体は動かないんだ?
直のが刺さったままで集中できない。
「思い出せないか?」
させてくれ、と言われてなぜか頷いてしまったのはたしかだ。
その後。
次第に霧が晴れるように、記憶が蘇ってくる。
私、こずえとして一人エッチさせられて……。
なんかヘンだ。
私、どんなしゃべり方だったっけ。
俺……私?
ううん、俺であってるよね。
「混乱してるのか、こずえ」
押し黙ってままだったせいか、直くんが俺の胸をなでた。
我慢しようと思ったのに、声が出ちゃった。
直の手だって考えると、余計に敏感になっている気がする。
「ぁんっ」
「な? 男だったらそんな風に気持ち良いはずないだろ?」
たしかにそうだけど。
でも、俺は……誰だっけ?
将だが、こずえだもん。
「ほら。名前言ってみな」
「しょ、こ」
「自分の名前も言えないのか、こずえ?」
俺の名前はこずえ?
こずえ。
「名前は?」
「こずえ」
あれ?
うん。こずえだよな。
なんか違和感だけど、俺は生まれたときから主藤こずえ。
「趣味はなんだったっけ?」
えっと。
お料理。直くんに美味しいって言ってもらえるのが、ダイスキ。
サッカー。朝から晩まで練習したりして、試合に勝つとたまらない。
あ、れ?
「サッカーとお料理」
「こずえはこんな大きなおっぱいでサッカーできるのか」
胸を見ると、鍛えぬいた胸筋の代わりに、大きく邪魔な物体がついていた。
これって、女の胸、か?
自慢のEカップ。
マッサージしてるもん。たぶん、もっとおっきくなるよ。
直くん、巨乳スキでしょ?
今度ぱいずりっての、してあげるからね。
でも、サッカーなんてムリだよぉ。
直くんといっしょにしてみたいけど。
「こずえの趣味は?」
「お料理」
うん。
レバニラ美味しいって言ってくれたもんね。
今度はなに作ろうかなー。
直くんがなでなでしてくれる。
にゃー、きもちいい。
直のごつい手が俺の頭を行き来する。
ふざけてんのか。
「好きな色は?」
やっぱりサムライブルーだろ。
憧れるよなー、日本代表。
俺じゃ話にならないが、たまに大学のスカウトが来てるし、直なら行けるかもな。
もう、ピンクに決まってるじゃん。
淡いヤツがいいなー。
直くんだって知ってるくせに。
昨日だってバッグと財布プレゼントしてくれたじゃない。
「青とピンク」
「あ、こずえの脱いだ下着、見てみろよ」
え?
あれ。適当に選んだの、ピンクだ。
やっぱり好きな色だから目に入ったのかなー?
「こずえの好きな色は?」
「ピンクだよー」
あんまり濃いのは好きになれないんだけどね。
ピンクがちょっと入った感じの服も好き。
メインに使われてなくてもいいんだ。
「なあ、将」
「え? 何言ってるの? 私、こずえだよ」
「そうだな。こずえ」
何を言われるんだろう。
ちょっとドキドキ。
ふられたり……しないよね?
信じていいんだよね?
「俺のこと、好きか?」

<次回、最終回>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/3386-89b02b1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10