FC2ブログ

Latest Entries

性転換小説第68番 革命の日

革命の日


「何するんですか。止めてください」
どうしてこうなっているのか全くわからないが。
ぼくは縛られてたくさんの外人の男たちに囲まれて歩かされている。
ぼくを取り囲む群集たちもやっぱり外人で。
なんだか、興奮して外国語を叫んでいる。
ギヨチーヌ!ギヨチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ギヨチーヌ!ギヨチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
そして、連れて行かれる先には木でできた大きな台があって。
台の上には何か大きなものがある。
ぼくはこづかれながら道を進む。
群集の中を進む。
ギヨチーヌ!ギヨチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
「ギ、ギロチン!?」
ギロチンじゃないか!
ぼくはギロチンの置かれている台の上に上らされようとしているのだ!
「や、やです。やめて下さい!何をするんですか!」
しかし、外人の男たちはぼくの言葉を全く無視して、ぼくを台の上に乗せようとする。
ぼくは必死で抵抗する。
しかし、縄の結び目をつかまれて持ち上げられ、台に乗せられてしまう。
そして、ぐいぐいとギロチンの方へと押し出される。
ぼくは半ベソだ。
「ちがうんです。やめてください」
しかし、男たちには全く通じない。
ぼくの足をギロチンの台に括り付ける。
ぼくの手を縛り付ける。
あっと言う間にぼくはギロチン台に固定されてしまった。
ああ、ぼくはここで死ぬのか。
涙がこぼれおちる。
あれ。
ぼくは違和感に気づく。
なんでぼくは立ったまま固定されているんだ?
ギロチンって普通、お辞儀の格好っていうか。
あれ?
ギヨチーヌ!ギヨチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ぼくのズボンのチャックが下げられる。
その中に外人男の手がつっこまれてぼくのおちんちんを。
おちんちんをギロチンにセットしようとしている!
ノー!
ぼくはもがく。力いっぱいもがく。
「だめ。なにそれ!ばか、やめて!」
ギヨチーヌ!ギヨチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ギ、ギロチンチン!?
馬鹿なっ!そんな馬鹿なっ!
男は一生懸命ぼくのおちんちんをセットしようとしているが、ぼくのおちんちんは縮こまっていてうまくセットできない。
良かった。
良かったよぉ。
助かるの?
外人はオーバーゼスチャーで肩をすくめる。
そんな場合じゃないのに、それが妙におかしい。
ぷすりっ。
いきなりお尻に痛みが走る。
首をねじって後ろを見ると、男が注射を刺している。
ちゅーっと液が注入される。
どくんっ。
かーっと頭に血がのぼる。
男がてきぱきと作業を進める。
あ。
ああー!おちんちんがおっきくなってる!
あれよあれよと言う間にぼくのおちんちんは穴に通されて、その状態で固定される。
外人の一人が大根を持ってきて、ぼくの目の前の高さにセット。
するやいなやギロチンの紐を引っ張る!
シャッ!
ぼくの目の前を鋼鉄の刃が通過し、大根がすっぱり切断される。
外人の一人が、切断面を検分し、ぼくの方にも確認しろとばかりに目の前に差し出す。
ぼくはどうしていいか分からない。
ひんやりとした感覚が股間を襲ったと思ったら、外人の一人がアルコールらしきものでぼくのおちんちんを消毒していた。
なんで、なんで。
鋼鉄の刃が引き上げられていく。
男が何やら群集に掛け声をかける。
群集たちは歓声で答える。
ギヨチーヌチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
ギヨチーヌチーヌ!
男が紐を引く。
目の前を刃が走る。
「い、いやーっ!」


がばっ、と飛び起きた。
汗びっしょり。
まだ、心臓がばくばく言っている。
夢か。そうだよね。
夢に決まってる。
何がギロチンチンだ。
日本語に訳せば断亀頭台。
「Ne plaisantez pas !(ふざけるな!)」
ぼくはぼくの口からでた外国語に驚く。
それに、女の声みたいだった。
ぼくはベッドを確かめる。
見たことも無い立派なベッド。
こ、ここはどこ?
ぼくはベッドからあわてて飛び降りる。
胸がある。
女物のネグリジェだ。
ぼくは何が何だかわからない。
又夢を見ているのか?
大きくて立派な鏡台に自分の姿を映す。
「Cette image est-elle la mienne ?(こ、これがぼく?)」
鏡に映るのは外人の女の人だ。
綺麗な人。
ぼくは一体どうなっちゃったの。
これも夢なの?
ほっぺたをつねると痛くて。
でも、目が覚めなくて。
ばたん、とドアが開き、女の人が入ってくる。
「C'est urgence, princesse. Une révolution s'est produite !(大変です、王妃さま。革命です!)」
「révolution?(革命ですって?)」
「Les gens veulent le pain.(パンを寄こせと騒いでいます!)」
「S'ils n'ont aucun pain, mangez les gâteaux au lieu de lui.(パンが無ければケーキを食べればいいのに)」
勘弁してよ。
嫌な悪夢を見たと思ったら女の人になっててしかも革命だって。
ぼくは一体どうなっちゃうの。

<おしまい>




この辺はギロチン関連ですが。買ってみてギロチン帝王とギローチン皇帝の違いについて思いをはせてみてはどうでしょう?





コメント

コメント有難うございます。

いやいや、インテリゲンチュアな所を見せてしまいましたな。

革命軍を率いる美女>え、えと、誰でしたっけ。インテリゲンチュアでない所をお見せしてしまいましたな。

このお話は先日、絵チャットhttp://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=17084 で、まさやんさんや爺さんとチャットしながらプロットを練り上げたものです。メンツが違ってたら、残酷・猟奇系になってたかもしれませんね。

しぶい!

オチはフランス革命ですか?
う~ん、あれほど殺しまくっている革命ってないかもなぁ。
革命軍を率いる美女は、ぺ○○とか?
(シモネタで済みません^^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/353-2d9dc6bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08