FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説 最悪の理想の薬(11)最終回 by.DEKOI

石井剛毅だった少女が監禁室から助け出されてから3カ月後・・・。

「石井ちゃん、この資料をPDF文書にまとめてくれる?」
「あっハイ、分かりました。」
「あんがとねー。」

先ほど捜査を終えたらしい少年特務課の男子の1人が私の前に資料をどすんと落とすと、さっさと自分の席に戻っていきました。そして授業で使う英語の辞書と同じ位の厚みになっている紙資料の山を見て私は思わずため息を1つ。
これは、今日は遅くまで仕事になりそうです・・・。まあ何とか1日で終わるでしょうが。
とか思ってますと、同僚の酒井さん(ちなみに女子)が近くに来て、

「あ、真樹ちゃん。今日ショッピングに付き合ってくれない?」
「え、ええっと。今日はこの資料を片付けないといけないので・・・。」
「いいじゃん、今日中に片付けてって言われてないんでしょ?それとも真樹ちゃんは私と一緒に買い物いくの・・嫌?」
「そ、そんな事ありません!分かりましたあがります!6時までにあがれる様にします!!」
「OKぃ。それじゃまた後でねー。」

嬉しそうに去っていく酒井さんの後ろ姿を見ながら私は再度ため息をつきました。
はあ、また着せ替え人形になるのでしょうか・・・?そう思っただけで私の口から3度目のため息が漏れ出るのでした。

トイレにいって用をすませて洗面台の前に立った時、懐から1枚の写真を取り出しました。
それはかつての私、「石井剛毅」という名の少年が写っている写真です。
そして写真の私と鏡に写っている今の私を見比べてみました。

ishii03(3).jpg
イラスト:KAZU-T http://freebird-sky.sakura.ne.jp/

どこか生意気そうな視線を向けている写真の私と、どこか臆病そうな視線でこちらを見ている鏡の私。
顔の造形は大きくは変わっていません。敢えてあげるなら写真の私は少々吊り目なのに対して、今の私は若干垂れ目気味になっている位でしょうか。
あとは輪郭が少し丸くなったとか唇がふっくらしているとか赤茶の髪の毛に天使の輪ができているとか・・・って結構ありますね、よくよく見ますと。
首から下は元の姿の原形を残してはいません。年の割には膨らんでいるらしい両胸。腕も脚も一回り近く細くなっています。
そして着ているのは白いワンピースと赤めのスカート。女装ではなくて性別通りに女性の服を着ているのです。

ですが一番変わったのは内面、性格の方です。
「石井剛毅」という少年は常に意地っ張りで強引で負けず嫌いで、他人と協調しようという感覚が抜けている人物だった気がします。
ところが今の私「石井真樹」という少女は何かを頼まれたら何でもかんでも「ハイ」と答える、他の人に迷惑かけないように常に気を張っている、強く何か言われたらこっちが悪くは無いにも関わらずすぐ謝る、困った事が起こるとすぐ泣き出すといった感じでして、押しという感覚が皆無で他人に対して依存しまくり泣
き虫という性格になのです。
正直な話、今の私の性格には自分でもげんなりとしてます。だって今の今まで何でもかんでも無理難題でも引き受けてしまうんですよ?「断る」という考え方そのものが抜け落ちてしまっているとしか思えません。
元の私である「石井剛毅」という少年はこんな女の子を異性の理想像にしていたのでしょうか?自分にとって都合のいい女の子像を持っていたというか趣味が悪いというか・・・。
そこまで考えて私は今日7度目のため息をつくのでした。

私が救出された後、私は速攻で警察病院に連れていかれて精密検査を受けました。
検査の結果は身体は女性の体そのもの。身体の中には子宮も卵巣もあり、骨格も骨盤や肋骨なども女性特有の物になっているのが確認されました。
それだけでは「私」が石井剛毅という少年だったという証拠にはなりませんでしたが、それを証明するきめ手が1つありました。
それはDNA検査でした。私のDNAは「ある一点」を除いては石井剛毅という少年のDNAと完全にマッチングしていたのです。
「ある一点」とは勿論、性染色体の事です。そこだけはXYの配列がXXになっていたそうです。即ち男性ではなく、女性を示していたそうです。
男性が女性に変貌するという異常事態に私が所属している県警は騒然となりました。更に私の証言で、それが薬の投薬だけで行われた事に騒ぎを拍車をかける事なっていました。
上の方で色々と協議が行われた結果この様な事態が外部に漏れる事は世間一般に大きな混乱を招くという結果が下されました。 
外部に漏れる事が無い様に私は住んでいた施設から県警の宿舎に引越しを余儀なくされ、更に中学校は強制的に退学されまして、日中は子供特務課でデスクワークする事を命じられました。私は県警で保護という名の監禁を受ける事になったのです。外に出る際には子供特務課のメンバーの1人が常につく事まで命じられました。
・・・まあその割には、子供特務課の女子達に1週間に3回は外に連れ出されて着せ替え人形のように服を着せられているのですが。

はぁ。8度目のため息をつくと私は元の自分の姿が写っている写真をしまってトイレから出ました。ちょっと今でも顔の表情は暗いかもしれません。
でも、子供特務課のみんなは変わり果てた私を暖かく迎え入れてくれました。私も今の性格になった為か、その好意を素直に受け止める事ができました。
今の私は昔と違って外廻りのメンバーとしてではなく、逆に彼らのサポート役になっています。それは今の私にはマッチしているらしく、仕事もしていて楽しい時があります。
今の私は昔の私と違って子供特務課メンバーとうまく付き合えている気がします。そう考えると、女性化もまんざらでもない気が・・・ちょっとだけですがしています。
いや、今では結構かもしれません。何せ私は「石井剛毅」ではなく「石井真樹」という1人の人間なのですから。

「さてと。6時にあがれる様に仕事をしっかりしなくちゃ!」

私は小さな声で気合をいれると今の職場に向かって胸を張って歩き始めました。
そしてその顔には知らず知らずのうちに、どこか満足げな笑みが浮かんでいるのでした。

<おしまい>

コメント

ありがとうございます。
現在は精神的に余裕がない状況ですが、
またご機会がありましたら作品をご投稿させて頂ければ幸いです。

昔作ったお話を読んで頂くのは大変よろこばしいです。
DEKOIさんにもお伝えせねば…

蜜の味やDrivenは未だ定期的に拝読するのですが、今朝ふと思い出してこちらも読み返してしまいました。色褪せない名作ですね。

DEKOIさんの次回作にご期待ください。とか言ってみた。

GOODなクリスマスプレゼントでした
終わってしまうのが 惜しい

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/4905-7d37654e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08