fc2ブログ

Latest Entries

オト☆プリ ~恋せよ! 乙女王子様♪ドキドキウエディングベル~

↓アマゾンさんに参考画像あり。主役(男)はピンク髪と推測。設定は美味しそうですな。
オト☆プリ ~恋せよ! 乙女王子様♪ドキドキウエディングベル~オト☆プリ ~恋せよ! 乙女王子様♪ドキドキウエディングベル~
(2008/12/19)
Windows

商品詳細を見る


メーカーより
名門お嬢様学園で繰り広げられる男の娘(おとこのこ)と宝石の王子の恋物語!

ジャンル:乙女な王子様のイチャらぶ☆学園青春アドベンチャー
対応OS:Windows2000/XP/Vista
CPU:Pentium3 500MHz以上 推奨 Pentium3 1GHz以上
メモリー:256MB以上 Vista 1GB以上
HDD:未定
メディア:DVD-ROM
原画:なるみすずね シナリオ:橘ぱん 沢柾機
音声:フルボイス
その他:DirectX8.0以上 解像度800X600以上 ハイカラー以上(推奨フルカラー) DirectSound対応のサウンド機能

■ストーリー
多額の借金の質として、4人のヒロインの生け贄となるべく
名門女子校聖燐女学園に放り込まれた大山瑠偉の受難(性的)の物語。
雄々山グループを構成する秋山家、久保田家、剣菱家、三和家の4家は雄々山家没落に伴い、
次期グループを決める方法として雄々山家の血を引く唯一の人間である
瑠偉を婿に迎えた家をトップとすることを親族会議によって決定した。
その引き替え条件として、雄々山家の天文学的借金は棒引きとなる以上、瑠偉には断ることが出来ず、
彼らが競争の場とした名門女子校「聖燐女学園」に女の子として入学する羽目になったのだった。
女子校「聖燐女学園」には一つの伝統がある。
純粋培養された女生徒達が男に現を抜かさないように、
生徒達の中から4人の「宝石の王子」を選び、男役とするのだ。
バレンタインデー、クリスマス、誕生日、ダンス・・・etc、
全て彼女達が「宝石の王子」として女生徒達の憧れを一身に受けることになる。
実際、そんじょそこらの男では到底叶わぬ美貌の王子達が累代選ばれ、
学園の風紀は守られてきた(その代わりに、多数の百合を輩出して来たが・・・)。
そしてヒロイン四人こそが、今年度の『宝石の王子』であった。
転校して来た瑠偉はそうとは知らず、幼馴染みの美冬に気軽に声をかけてしまう。
皆の憧れであり神聖不可侵の美冬と仲良く喋ってしまった瑠偉は、
当日から強烈な虐めの対象となってしまう。
そんな瑠偉を見かねた美冬は、彼を『宝石の王子』付きのメイドとすることで守る。
が、それは瑠偉が『宝石の館』に住み込み、彼女達に奉仕することでもあったのだ。
かくして、転校当日から瑠偉は彼女達と寝食を共にする羽目になり……。
当然、そんな身近な生活で男であることを隠し通せるわけもなく、
雄々山家の男だと分かった時から、『宝石の館』は瑠偉争奪戦の主戦場となるのであった。
性に興味津々な『宝石の王子』達によって、次々と奪われていく瑠偉の貞操、メイドとして弄られる日々、
そんな中で果たして瑠偉は、安息と本当の愛あるセックスを手に入れ、
お嫁さんを決めることが出来るのであろうかっ。
「……てか、これじゃボクがお嫁さんじゃないかぁぁぁぁ」

コメント

男だという事を意識して描こうという気がちーともないようなー。
だが、それも良い。年末は良さげなゲームが何個かありますね。

体験版があったのでプレイしてみました。
TSではなく女装物ですが、主人公の瑠偉くん(ピンク髪の子)の流されやすい性格とか、
息子に女装させて楽しむ母親とか、TS物のお約束がたっぷり詰まっていますね…(笑
瑠偉くん自身の到底男とは思えないルックスも影響してるのでしょうけど…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/4908-41469143

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2024-03