FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説 「Kleiner Engel des Priesters」 (そんな、おままごとみたいな……Ausserdem noch einmal) 前奏

作.ありす
キャラ設定&挿絵 東宮由依


前奏 逃亡、ハルさんとの旅
-----------------------------------------------------------

 もう帰れない。
 私の生まれ育った修道院。
 教会で過ごした聖歌隊での日々。
 二度と帰ることの出来なくなった街。
 私は帰るべき場所を失ってしまった。
 忘れてしまいたい辛い出来事。
 忌まわしいあの場所から少しでも離れたくて、私は行きずりの旅商人の手を掴んだ。


「ファリン、寒くないかい?」
「いえ、大丈夫です」

 暦の上では春になったとはいえ、まだ冷たい風が草原に吹き付けていた。

「火の番は僕に任せて、少し寝るといい。ずっと歩き通しだったからね」
「ありがとうございます。でも、ラインハルト様だって……」
「“ハル” そう呼んでくれたほうがいいな。どこかの王侯貴族みたいな名前は照れるんだ」
「はい、ハル……さん」

前奏(3)


 私を助けてくれた命の恩人、ラインハルト・シュタインベルガー様。
 住み慣れた教会から逃げ出し、右も左もわからない街で、私は途方にくれていた。運河に架かる橋の上で、どうして良いか判らないままに濁った水面を見つめていた私に、声をかけてくださった。
 藁をも掴む思いで『助けてください』とお願いしたら、私の手を取り、逃げてくださった。
 どうして逃げているのか、何から逃げているのか、私が誰なのか、何もお聞きにならなかった。
 だからいくら感謝しても、したりない。

「明日には、荷馬車を預けてある街に着く。そうしたら、もう少し楽に旅ができるよ」
「はい、ありがとうございます」
「おやすみ、ファリン」

 歩き通しで少し疲れたけれど、まだ体力には余裕がある。旅は初めてだけど、体は鍛えていたから。でもさすがに足が痛い。まめもできていたけど、今は我慢しなくては……。

 ハルさんの荷馬車のある街につくと、一泊もせずにすぐに出発した。かなりの強行軍ではあるけれど、追っ手から逃れるためには出来るだけ早く、あの街から遠くへ離れたかった。

「ここから先は、馬車の旅だよ。もうあの街には戻れない。本当に、いいんだね?」
「はい。後悔はしていません」

 私は短く切り落とした髪を撫でた。闇に輝くような長い金髪はとても目立つ。最初は染めようかとも思ったけれど、少しでも路銀の足しになればと思い、髪を売った。
 黒いマントを羽織り、巡礼者の振りをして国境を越え、身分を謀って官吏をやり過ごした。

 いつまでこんなことを続けていればいいのだろう?
 私はどこへ行けばいいのだろう?

    *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ハルさんとの旅を始めて10日目。荷馬車に乗り換えてから、いくつかの村や町で商売を続けながら、私たちは東へ東へと旅を続けていた。

「ハルさん、次はどこへ? ずっとこのまま、東への旅を続けるのですか?」

 荷馬車に揺られながら、私はハルさんに尋ねた。

「うん、僕の生まれた村に寄ろうと思う」
「ハルさんの故郷?」
「ああ、デルリン村といってね。ここからだと北東に向かって約1ヶ月。そこから南東の方角へまた1ケ月。そこで馬車を降りて南の方角へ、険しい峠を2日越えると小さな街がある。そこからまた山道を歩いて、半日行ったところにあるんだ」
「ずいぶん遠いんですね。どんな村なんですか?」
「四方を山と谷に囲まれた、小さな田舎の村だよ。僕のいとこが住んでいる」
「いとこ?」
「うん。コンラート・シュタインベルガーといってね。まじめで面倒見のいい奴なんだ」
「そうなんですか」
「ああ、困っていることがあれば親身になってくれる。ファリンもきっと気に入ると思うよ」
「では、お会いするのが楽しみですね」

 どんな方だろう? ハルさんみたいに背の高い人だろうか?
 何しろ大恩人であるハルさんのいとこだそうだから、きっといい人に違いないと思った。

 それに、ハルさんの生まれた村って、どんなところなのだろう?
 街どころか教会の建物からすら、ほとんど出たことのなかった私には、どんな町や村であっても、驚きと発見の連続だった。それがハルさんの故郷ならば、なおさら私にとっては興味深い。

 そして、そのデルリン村が私の人生に大きな転機をもたらすことなど、その時の私は想像もしていなかった。

<つづく>

コメント

ちょっと間が空いてしまいましたが、「カストラート」の姉妹編です。
本編ではあまり書ききれなかった、ファリンの揺れる恋心に焦点を当てました。
本編同様、エロ成分が皆無ですが、しばらくお付き合いくださいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/5166-008a0710

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08