FC2ブログ

Latest Entries

強制性転換小説第80番の3 さきゅばす れべる1 第9話(18禁)

「期待していますよ。玲於奈さん、一馬さん」
アスモデウスさまの顔が近づき、、、ほっぺにキス。
驚くぼくの体はぐにゃりと曲がって次元を越える。
そして、ぼくと高倉さんはどさっとマンションの一室らしき場所に放りだされる。
「いたっ」
「お、重いっ。どきなさいよ」
「あ、ごめん。えと。ここどこ?」
「わたしのマンション」
「え。ぼくが行ったお屋敷やお父さんやお母さんは、、、」
「あれはダミー。ほんとは一人暮らしなの」
「そうだったんだ」
がっくり肩が落ちる。
てゆうか騙されすぎだぞ、ぼく。
これからは高倉さんに騙されないように気をつけよう。
手遅れだけど。

「さみしかったの。でも、これからは一馬くんがいっしょだから」
「え」
見つめあう瞳。
そして、彼女の目が悪戯っぽく笑う。
「ベッドはひとつしか無いから、一馬くんは隣の部屋で床で寝てね」
「あう、う、うん」
「さ、早く出てって」
ぼくは部屋の外へどんっ、と押し出される。
「あたしはこれからオナニーするから絶対入って来ちゃダメよ」
「へ?」
「じゃーねーお休みー、一馬くん。明日は初仕事だし、ちゃんと休んどいてねー」
目の前でドアが閉まる。
そ、そんなぁ。
初仕事って、何?
ドアにはガチャリと鍵が閉められる。
とほほー。
ぼくはぺたんと座り込む。
床がぼくの熱いお尻をひんやりと冷ます。
寝ろったって、いろんな事が起こりすぎて、とても寝られそうにないよ。
高倉さんに騙されてペニスをアスモデウスさまに捧げちゃった事。
サッキュバスに転生してしまった事。
アスモデウスさまと高倉さんに犯されちゃった事。
感じちゃった事。
イかされちゃった事。
まだ、ぼくのアソコはひくひく動いている。
そして。
どういう訳か将太も高倉さんやアスモデウスさまに狙われているらしいし。
ぼくはこれからどうしたら良いんだ。
でも、なんとかしようにもぼくは高倉さんの“Hな命令”には逆らえないし。
ぼくは不安に肩を抱く。
ちっちゃなこの体。
もう人間じゃない。
お父さんやお母さんはぼくに気付いてくれるかな。
でも、ぼくが悪魔の下僕になっちゃったって知ったらどう思うだろう。
馬鹿って、また怒られちゃうかな。
だよね。
ああ。
「あ。あん。はぁぁん。か、かずまくぅぅぅん」
え。マジだったの。
隣の部屋から高倉さんの喘ぎ声が聞こえてくる。
ぼくはドアに近寄り聞き耳を立てる。
高倉さんがぼくをおかずに隣の部屋でオナってるんだ。
な、なんで。
ぼくはここにいるのにっ。
いつだって手伝ってあげるのにっ。
泣きたいような、どうして良いのかわからないような。
「ダメっ。いいっ。すごいっ。はぁああああーん」
ぼくの指がぼくのあそこに伸びる。
そこは既に熱くって、ぬるぬるで。
たやすく指の侵入を許す。
こ、こうなってるんだ。
ぼくは指をずぶずぶと沈める。
ざらざらしていて、ひだひだがあって。
見えない奥の奥まで指を進める。
擦るとすごく気持ちが良くって。
「はぁああ」
熱いため息が漏れて、そのいやらしさにぼくの感度がまた上がる。
隣からは高倉さんの声が聞こえ続ける。
くちゅくちゅ。くちゅくちゅ。
尻尾が所在無げにくねくねと動く。
あ、そうだ。
ぼくは尻尾をつかむ。
既に先端は固くなっている。短くて黒い柔らかい毛が生えたコレを、、、
ぼくは目の前に持ってきた尻尾の先端をぺろぺろと舐める。
濡らしておいた方が良いよね。
淫毒を舐めてしまい体が火照る。
はぁ。はぁ。
息が荒くなる。
左手の指で上手にぼくのアソコをぱっくりと開ける。
赤とピンクの肉面がはっきりと見える。
ぼくの体にこんないやらしいものが在るんだ。
ぼくは右手で尻尾の先を割れ目の中へと導こうとする。
媚薬がぼくの肉を焼き熱さにひるむが、手は止められない。
はぁ。あ。ほらっ。
はい、、、、った。

つづきはこちら

click!

テーマ:★官能小説★ - ジャンル:アダルト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/523-a95a782e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08