FC2ブログ

Latest Entries

猫NYAN☆猫NYAN☆パニック(7)

作.POPO
イラスト:倉塚りこ

朝の駅は通勤客でごった返していた。ほんの一駅だが薫達も通学に電車に乗らなければならなかった。
ユリは薫を見る。エスカレーターに乗っても薫は下から誰かに覗かれないかとしきりにスカートの裾を気にしているようだった。薫にしてみれば今まで男だった時眺めていた女性への視線が今自分に注がれているかと思うととてもじゃないが恥ずかしくていてられないのである。しかし駅を歩いている男の人たちは通勤で時間に追われていて小さな女の薫の存在を誰一人気にも留めてはいないのである。ユリは、そんな薫を見てもどかしく思うのだった。(ちゃんと女の子としてやっていけるように特訓した方が薫のためにもよいのかな)と思えてくるのだった。(そうしないとみんなにからかわれやすくなってしまう・・・・)
電車の車両が来て、言うことなく2人とも女性専用車両に乗り込んだ。いつもより早く登校しているためか薫の学校の女子生徒はいなかった。薫にしてみれば普通車両に乗って痴漢に触られたらどうしようかと怖かったのだが、いざ女性専用車両に乗ってみると当たり前のことだがみんな女性ばかりで思わず「おじゃましま~す」と言ってしまいそうになる。なんか自分がいけないことをしているようでドキドキしてしまう。次の駅で降りるのでドアの傍に立ちつり革を持つ。ユリがさかんに話しかけてくるが緊張してしまってうわの空だ。
そのとき列車がトンネルに入り、丁度薫の前のドアのガラスが今まで外の景色だったのが外が暗くなったことにより鏡のようになって薫の女の姿を映し出す。(ああ・・・自分は女の子になっちゃったんだっけ)という現実をつきつけられたことにより今までソワソワしていた自分のことが滑稽に思えて物悲しくなる。

駅に着き乗客が降りていく。薫とユリも続いて降りる。先に歩いていたユリがピタリと止まってクルリと薫の方を向く。薫もつられて一緒の立ち止まる。他の客たちは2人にかまうことなく歩き去っていく。電車も去り、朝の朝日の光が降り注ぐ静かになったプラットホームに二人残る。
「薫ちゃん!携帯出して」
「・・・・・?・・・・・・・・」
言われるままにカバンから携帯電話を出す。ユリも同じくカバンの中から携帯電話を出す。ユリは、自分の携帯電話から小さなネコのぬいぐるみの携帯ストラップをはずす。
「これは私の幸運のお守りなの。薫ちゃんのことがとても心配だから、これ貸してあげる。さ・・・つけて」
とそれを差し出す。」
(またネコなの~っ!!・・・・・・)
と薫は思うが、せっかくのユリの好意を無碍(むげ)にはできないので、カバンを置いてネコの携帯ストラップを受け取り、しぶしぶ自分の携帯電話にぎこちなくなった小さな白くなった小指を使ってつける。そのとき、二人のすぐそばを回送の列車が勢いよく通過して激しい風を巻き起こす。幸いユリはそのとき片手にカバンを持っていたのでそれを重しとしてスカートを抑えたのだが、薫は、カバンを下に置いていたので風をまともに食らってしまう。勢いよく薫のスカートがまくれ上がり危うくユリから借りて履いている花柄のパンティがあらわになりそうになる。薫は思わず
「キャッ いやん」
と真っ赤になって広がったスカートを携帯電話を持ちながらもあわてて抑える。

猫アレルギーで猫に触ると女の子になってしまう男の娘、のパンチラw

それを見て、ユリは
(ホントの女の子みたい・・・・)
と思うのだった。

<つづく>


20090427 イラストは発注しました♪
20090528 イラスト掲載ですー。

コメント

お手数おかけします。
私も、どこが引っかかるのかを考えたところ、POPOさんと倉塚さんのファンタジーな世界観であるにも関わらず、性同一性障害と言うそこだけピンポイントでリアルな単語が混じっているのに違和感を感じているのだと思い当りました。
修正後の方は問題ありません。
この方向で進めましょう。今後ともよろしくお願いします。

まことに申し訳ありませんでした。軽率でした。少しマイルドにしてみました。いかがでしょうか?

先生は白いハンカチを取り出し涙をぬぐう。「伊集院さんはこうして勇気を持ってクラスメートの皆さんに自ら身をもって『女の子になりたかったんだ』とカミングアウトしたのですっ。なんという立派なことでしょうっ!皆さんはこの重い思いをしっかりと受け止めなければなりませんっ!それがあなた達の義務なのですっ!彼女をいじめたり差別することは絶対にいけません!そんなことをする人は虫ケラ以下ですっ!そんなことをする生徒を先生は許しませんからっ!そういう生徒がいたら厳罰に処します!いいですねっっ!!」
教室は水をうったようにシーンとしてしまった。
ハアハアいいながら先生はまた薫の方へ振り向くと
「あなたも決心したからには自分の生き方を最後まで貫くのですよっ!」と励ますように言う。
「・・・・・・・・・・・・・」薫は、すっかり動揺してしまい金魚のように口がパクパクするのだが言葉が出てこない。まったくのありがた迷惑大きななお世話状態であった。
「返事はっ!」語気荒く先生は薫に詰め寄る。
「は、は、は、はいっ」つられて薫は返事をしてしまう。
「じゃあ席につきなさい」
薫は、自分の意志で女の子になったかのように扱われショックでヨロヨロとかつての男だった時の自分の席へ座ろうとする。そのとき日高先生は「あっ。伊集院さん」と薫を呼び止める。「言い忘れてました。体育の着換えは女子全員の着換えが終わってから一人で着替えるのですよ。問題があってはいけません。何と言ってもあなたの立場は特殊なのですからね」
『差別してはいけない』と言いながらキチンと差別する日高先生であった。

西川女史とあるのは、はじめ先生の名前が西川だったのですが、万が一芸能人の西川史子さんを連想する人がいてそれが差別にながるかもしれませんので、途中から日高という名前に変更しましてそれが残ってしまったものなのです。私なりに気をつかっているつもりなのですが、今回は申し訳ありませんでした。

(8)の掲載につきまして

イラスト希望の件:申し訳ありませんが、今回は無しと言う事でお願いします。

誤記修正につき:パンパンと手をたたいて西川女子は「お静かにっ!」の部分ですが、西川女子ではなく、日高女史ではないでしょうか?

異性間不純交遊は絶対にいけません、男の人と付き合いときは清く正しいプラトニックな交際でなくてはいけません!→付き合うとき、に修正します。

性同一障害(者)→性同一性障害(者)が正しいようです。

さて、差別を扱おうと言うPOPOさんの御志自体は結構なのですが、実際に掲載するとなると、わたしどものブログもそれなりにアクセス数が多く、なおかつ実際にそういう悩みを持たれている読者の方もたくさんおられる点も配慮する必要があります。

正直に申しますと、そういった読者さんからクレームがくる可能性があると読んで感じました。

で、クレームが来ること自体は創作をやっている以上仕方ない面もあるのですが、クレームが来た時にわたしがPOPOさんの側に肩入れできるかを想像しましたところ、(クレームの来方にもよるのですが)クレームする側に肩入れする可能性が否定できませんでした。

クレームの可能性が予見され、クレームにもそれなりの理由があると思っているのに掲載するのは運営側の態度として不誠実のそしりを免れません。
したがいまして、創作者の方に創作物の内容を曲げてほしいと言うのは大変心苦しいのですが、もう少しマイルドな内容/表現でお願いできませんでしょうか?

たびたびすいません
「見上げなければならない。」の前の「少し」を「ほんの少しだけ」に修正という意味ですので、宜しくお願いします

投稿ありがとうございます。

修正の方はさっそく、「少し」を「ほんの少しだけ」に置き換えておきました。

あむぁい様、猫(NYAN)☆猫(NYAN)☆パニック (8) 投下しましたので宜しくお願いします。
はじめの設定では薫の方がユリより4~5センチ低いという設定でしたがイラスト的に不釣合でバランスが悪い感じがしてきましたので薫はユリより1センチ程度低いぐらいにしようと思います。お手数ですが
あむぁい様、猫(NYAN)☆猫(NYAN)☆パニック (6)を訂正願えますでしょうか?
昨日は薄暗い夕闇の雨の中だったのだが陽光降り注ぐなか女性の服で外を歩くかと思うと恥ずかしさで身がすくむ。「オハヨッ 薫ちゃん」門のところにユリの姿。昨日約束してくれた通り迎えに来てくれていたのだ。男の時は見下ろしていたユリを、今は背がユリより少し小ちゃくなったので見上げなければならない。
というところの「見上げなければならない。」の前に「ほんの少しだけ」付け加えていただけますでしょうか?宜しくお願いします。

猫(NYAN)☆猫(NYAN)☆パニック (8)

いつもより早い時間に登校したので通学路の学生の数もちらほら歩いてるだけで目にはいるだけでも数えることができる程度である。
いよいよ学校の門が近つ゛いてきたことで薫の緊張が高まってきているのが隣を歩いているユリにもビシビシと伝わってくる。そのとき二人の前を黒猫が平然と横切る。薫の顔がサッと蒼ざめる。
「く、く、黒猫だわっっ!!!黒猫よっっ!!!ふ、ふ、ふ、不吉だわっっ!」
「しっかりしなさいっ!男の子でしょ!じゃなかった・・・女の子でしょ!!!」
「良くない事がおこる前ぶれよっっ!お家(うち)に帰るうぅぅ!!」
ユリは、混乱している薫をどうっどうっとなだめ落ち着かせようとする。(イラスト希望します。はじめの設定では薫の方がユリより4~5センチ低いという設定でしたがイラスト的に不釣合でバランスが悪い感じがしてきましたので薫はユリより1センチ程度低いぐらいにしようと思います。イラスト的には背丈は同じぐらいに描いてもらってもよろしいですので宜しくお願いします。)
取り乱している薫の腕をギュッと掴んで、薫のおびえている目を見据えて
「男の子って言うのは・・・じゃなかった人間っていうのは、人生に壁が立ちはだかるときがあるのっ!でもそんなときでも逃げずに勇気を持って乗り越えなければならないのよっ!」と、どこかで聞いたようなセリフを思い出しながら説得する。
熱血青春テレビドラマの台詞のようなユリの言葉を聞き、ようやく薫は我にかえり気を取り直して冷静になる。
「う・・・・うん・・・・」
と薫はユリの手をギュッと握りながら一歩一歩踏みしめながら学園の門をくぐる。
青春ドラマ好きの学園の門番のおじさんは二人の情熱のこもったやりとり一部始終眺めていて(青春してるな~いいいなあ~)と微笑ましく思うのであった。

校門をくぐり、薫とユリは別れる。薫は、自分が女の子になったことを担任の日高先生に報告すべく職員室へ行かねばならないのだ。
ユリは一足先に教室へ行く。ユリはパニックにならないようにクラスメートに薫が女の子になってしまったことを言っておこうと思っていた。教室にはすでに数人の生徒いたが、いつものようにお喋りしている者は一人もおらず皆朝っぱらから真剣に勉強している。男子生徒の一人がユリの姿を認め、
「おい白川、大変だぞ今日の1時限目の数学。抜き打ちテストだそうだ」
「えっ・・・」
聞くところによると昨夜学校の近くの喫茶店「キャット・ダンシング」で数学の教師富良が生徒たちが苦しむ顔を想像し微笑みながら抜き打ちテストの答案の校正しているのをうちのクラスの生徒が見かけたということだった。
学生たちは、嵐のごとく襲い掛かってくる抜き打ちテストに備えるべく皆教科書、ノートとにらめっこ状態でユリの話などとてもじゃないが聞いてくれそうもなかった。ユリは、薫が女の子になったことをクラスメートに言いそびれてしまった。
「あ・・白川さん」女子に呼びかけられ振り返る。「富良先生があなたのこと呼んでいたわよ。『すぐに職員室へ来るように』って。数学のプリント運ぶの手伝ってくれって」ユリは今週プリント係であった。富良先生は、抜き打ちテストの答案だけでなく、数学の資料だの宿題だのたっぷり用意しているようだった。  

朝の早い職員室に、二人の向かい合う立ち姿があった。
薫の担任の日高女史は、40ン歳でありながらも独身でもう結婚をあきらめ開き直って教育に残りの人生を捧げると決心しているツワモノであった。日高先生は、男が女に変わったぐらいで驚いてなるものかとの両手を腰にあて薫を見下ろし勢いまくしたてる。
「あなたが女性になったことは先ほどお母様からの電話で聞きました。本日からわが校はあなたを一人の女子高生としての人格を認めます。あなたもその期待に応えるべく節度と品位をもって女子高生として生活してください」
薫の学校セントチャペル高校は上品な私立高校なのでいろいろと決まりごとが多いみたいで「女子高生となったからにはおしとやかにしなければなりません。スカートの丈の長さは校則で決まっていますので厳守して下さい。口紅、マニュキュアなど化粧の類は原則禁止です。ネイルアートなどはもっての外(ほか)です。靴下は清潔感を感じさせる白いものでなければなりません」
いろいろと細かい要求がつきつけられてくる(女の子って大変だな)と思ってしまう。これらの決まりごとを守っているユリが自分よりえらく思えてきた。
日高先生は、激しく喋り捲(まく)ってその振動でずれてしまった三角めがねを右手の親指と人差し指でつまんで位置を正し、一息おいて
「トイレは問題がおきてはいけませんので職員用トイレを使いなさい」
「異性間不純交遊は絶対にいけません、男の人と付き合いときは清く正しいプラトニックな交際でなくてはいけません!」
先生は自分がきれいな体であるゆえかやたら強調する。薫は、(自分にはユリというガールフレンドがいるのに男子生徒なんかと付き合うわけないのに・・・)と思うのだが日高先生の演説を遮(さえぎ)ってはいけないと思い黙っているのだった。
日高先生はテキパキと事務的に物事を伝えてくる。あまりに大きな声でまくしたてるので近くの先生も何事かと眺めている。薫は、恥ずかしくて一刻も早く職員室から立去りたかった。やっと演説が終わったのか
「さあっ、教室に行きましょう」激励のためか声がさらに大きくなる。
教室へ向かおうとする先生を薫は「あのっ。先生」と呼び止める。
「あの・・・その・・・あたし・・・・」
先生は薫の方へ振り向くと薫は、モジモジしている。教室へ行くのが怖いというのがわかる。
「大丈夫。安心して先生にお任せなさい」
と、薫を励ますようにニッコリと微笑みかけるのだった。

日高先生の後について廊下を歩いていると。なぜかユリが向こうから歩いてくる。しばらく思い巡らせて「あ・・・・ユリさんはプリント係だったんだっけ」と思い当たる。ユリは、日高先生に「おはようございます」と挨拶する。その後ユリは、すれ違いざまに両手で拳(こぶし)を握って先生の後ろを歩いている薫に小声で「ファイト!」と握ってる拳をつきだし元気つ゛けるためニッコリ笑いかけ囁く。薫は、ユリのいない教室へ行くのかと思うと少し心細くなった。

日高先生と薫は、次の授業のはじまる15分前に教室にはいる。すでにクラスメートは揃っているようであった。
日高先生の後から入ってくる薫の女子高生姿を見た男子生徒たちは、転校生が来たと勘違いして「おおぉぉぉっ」とどよめく。
パンパンと手をたたいて西川女子は「お静かにっ!」
「ここにいる女子高生はクラスメートの伊集院薫君です。昨日まで男子生徒でしたが家庭の事情で今日から女子高生として通うことになりました。皆さんもこの現実を冷静に受け止め、暖かくもと彼だった彼女を受け入れてあげてくださいっ!」
教室の時間が一瞬止まり生徒全員の目が点になり口があんぐりとあいた状態になった。
薫は真っ赤になってただその場に俯(うつむ)くしかなかった。
日高先生は続ける。「彼女のような心の病を持った人はこの世にたくさんいます。彼女のような人はえてして世の中から差別されてしまいます。それが怖くて伊集院さんもずーっと『女の子になりたい』という思いをひた隠しにして今の今までじぃ~っと耐え続けて来たのですっ!どんなにつらく苦しいことだったでしょう」感極まって先生の目から涙があふれ出る。先生はどうやら勘違いをしているようだった。
薫は、うろたえてしまいオロオロして「あ・・・あ・・・あの先生・・・あの・・・あの・・・・違(ちが)・・・・・」と先生を止めようとする。
しかしオーバーヒートしてしまった先生を誰も止めることはできなかった。薫の方を向き(あなたの言いたい事はちゃーんと先生にわかっていますよっ!先生に任せなさいっ!)と薫に目で合図を送る。(ひっひえぇぇ~)薫は先生の気迫にたじろぐ。
先生は白いハンカチを取り出し涙をぬぐう。「伊集院さんはこうして勇気を持ってクラスメートの皆さんに自分が性同一障害者だとカミングアウトしたのですっ。なんという立派なことでしょうっ!皆さんはこの重い思いをしっかりと受け止めなければなりませんっ!それがあなた達の義務なのですっ!彼女をいじめたり差別することは絶対にいけません!そんなことをする人は虫ケラ以下ですっ!そんなことをする生徒を先生は許しませんからっ!そういう生徒がいたら厳罰に処します!いいですねっっ!!」
教室は水をうったようにシーンとしてしまった。
ハアハアいいながら先生はまた薫の方へ振り向くと
「あなたも決心したからには自分の生き方を最後まで貫くのですよっ!」と励ますように言う。
「・・・・・・・・・・・・・」薫は、すっかり動揺してしまい金魚のように口がパクパクするのだが言葉が出てこない。まったくのありがた迷惑大きななお世話状態であった。
「返事はっ!」語気荒く先生は薫に詰め寄る。
「は、は、は、はいっ」つられて薫は返事をしてしまう。
「じゃあ席につきなさい」
薫は、にわか性同一障害者に仕立てられショックでヨロヨロとかつての男だった時の自分の席へ座ろうとする。そのとき日高先生は「あっ。伊集院さん」と薫を呼び止める。「言い忘れてました。体育の着換えは女子全員の着換えが終わってから一人で着替えるのですよ。問題があってはいけません。何と言ってもあなたの立場は特殊なのですからね」
『差別してはいけない』と言いながらキチンと差別する日高先生であった。

了解です。よろしくお願いしますー。

こんばんはご無沙汰しております。POPOです。仕事が忙しくて間があいてしまいましてどうもすいませんでした。倉塚りこ様2枚のイラストすばらしいですね。猫NYAN☆猫NYAN☆パニックのストーリー構成お尋ねでしたが前3分の1が学校での描写になりまして、中3分の1がユリと町へ繰り出します。後3分の1が学校で差別されたりして薫は偏見に苦しむといったようになると思います。倉塚様の絵の性質から考えましてエロは無しです。後3分の1は内容からもイラストはかなり少なくなります。だいたい大まかにこんな構成になると思いますがこちらといたしましても読者の反応をみながらの手探り状態で作品を書いていますのであくまで予定設計図と思ってくださいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/5415-e55d153a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10