FC2ブログ

Latest Entries

偏見に負けず戦うのです。未来に向かって!

後から振り返れば、今2009年前後の日本はひょっとしたらTSの黄金時代と評せられるのかもしれません。良作がたくさん出てうれしい限りです。

エロマンガにおいては!(エロマンガの話から始まり恐縮ですが)
なんとも可愛い女の子に変身できる、あずまゆきさんのリバーシブル。そして憑依攻め外道ものだったのがまさかの展開の魔淫の聖典1・2。いろんなシチュが美味しい短編集の淫惑メタモルフォーゼなんてのもありました。また出来の良いCDがおまけに付いた、女の子?はTSの歴史にぜひ残したい逸品です。おっと、碧井先輩ごめんなさいを忘れるとこでした。TS好きと作家さんが公言されるだけあり、ツボも突くは絵は上手だわで素晴らしい仕上がりになっておりますね。
ワンエピソードながら充実した内容のあった白濁の翼 ~アザナエル~や短編ながらも被レイプ妄想を満たしてくれるTSストーリーも良かったですね。フィクションであれば近親相姦と言うタブーはスパイスにすぎない方であれば、いもーと・もーどや姉姦もおさえておきたいところです。ちょいBL系が入りますが、ラブモルモットも主人公の境遇が大変良い感じです。復刊もありました。伝説の最強TSミカエル計画。そして、博士のストレンジな愛情。名作が入手しやすくなって、綺麗な新作イラストも付くことはとても良いことですね。近刊の電想幻士ミルキューア にも大期待です。
準エロマンガから非エロマンガとしては、超大物トランス・ヴィーナス が抜きんでた存在感を放っていますね。中長編としては、僕と彼女の×××が白眉です。ロングランを良いテンションを継続しており素晴らしい。あきらくん、可愛いですよね。あまり人気が無いようですが、おキツネ様でChu!も捨てがたい味がありますし、少年誌で一般大衆向けに頑張ってくれた、ガチャ×ガチャの貢献ももう少し評価されても良いように思います。ああ、少年誌と言えばもちろん、ToLOVEるは素晴らしいですね。リコで目覚める若き同志たちは、きっと多数にのぼるでしょう。みなさん、「変身シーンがエロい」「変身シーンがエロい」とおっしゃる魔法少年マジョーリアン。変身シーンがエロくて良いです。それ以外でもコンビニんもエロとのボーダーライン上にあり、忘れられません。近刊では世界の果てで愛ましょう に期待です。
健全路線では、かしましがアニメ化もされて頑張ってましたね。市場の拡大に貢献してくれたと思います。また一年生になっちゃったらも通の評価が高めです。TRPG系漫画、ナイトウィザード ヴァリアブルウィッチも忘れてはいけませんね。

さて、近年の特筆事項としては、実写アダルトのTSものが乱立と言っていいほどハイペースで供給されたのは今までに無いことですね。一押しの「目が覚めたら潮吹きお姉ちゃんになっちゃった」は現時点でわたしが視聴した中では他の追随を許さないクオリティです。しかしAV全般に言えることですが女優さんのクオリティが昔日よりかなり上がってきていますので、いろんな可愛い女優さんでこういったTS作品が作られるようになったのは大変良いことですね。要望としては頑張って変身系にトライしてほしいと言ったところです。
ゲームでも、TSものの発売ピッチが上がってきていますね。自分ではほとんどやれないのが歯がゆいですが、夢恋転生、世界を征服するための、3つの方法、XCA2、ふたばちゃんねる、あきまほ!などなど、充実のラインナップです。

小説の方ではアニメ化したけんぷファーはじめ、ボリュームのある良作に限っても、AKUMAで少女シリーズ、おと×まほシリーズ、ボクのご主人様シリーズ、先輩と僕シリーズ桜ish(チェリッシュ)―推定魔法少女シリーズ、との充実ぶり。わたしが。このわたくしが読み切れないほどの発刊ペースです。

さらに詳しくは触れませんが、女装モノとかおねえキャラとかそういった周辺分野もかなり拡大しているようです。女装モノ漫画や、普通の漫画での主人公の強制女装。これらが追い切れないほど増加しております。また、マスコミにおけるトランスジェンダー的な方々の露出もかなり増えているように感じます。周辺分野と言えばBLでも女装シチュは定番ですし、綺麗なニューハーフさんの露出も増えています。こういった周辺分野の作品の中にもわたしたちの感性に合致するものがあり、時間が足りなくてうれしい悲鳴な状態です。

まずは、かくも豊穣なる果実と美酒を心ゆくまで楽しもうではありませんか。


さて、TSバブルと言ってもよいこの状態ですが、バブルはもちろんの事崩壊いたします。
それを止めることはできません。しかし、何時、どのように崩壊するかに関してはある程度のコントロールも不可能ではありません。わたしどもTSファンの力で来るべきバブル崩壊を遠目に見つつ、TSバブルを謳歌しようではありませんか。

わたしたちTSファンはマイノリティーです。
一般の方たちとは異なる価値観をもった存在です。
さて、マイノリティーには2種類ありまして、即ち自分で選択したものと自分で選択できないものです。たとえば、人種や肌の色によりマイノリティーに規定される人たちは自分で選択できない事情により、マイノリティーとなっています。こういったマイノリティーに対する差別は、当然の事ながら忌むべきもので根絶を目指すべきものと言えるでしょう。
では、TSファンはどうなのか?
実は2種類両方ともいます。
後天的に自分で選んだ人。先天的にそうならざるを得なかった人。
これらは渾然一体と混じっています。数多のTSファンとの交流から感じるに、後天型の方が数は多いと思うのですが、境目も微妙ですし、比率を調べるすべもありません。しかしながら、すべからく精神に絡むマイノリティーに関しては、後天型と先天型の2種類が混在しているおそれがある事に留意して考察する必要があるかと思います。

後天型か、先天型か。あるいは重度か軽度かを問わず。はたまた他のマイノリティーな属性の有無に関らず。わたしたちにはマイノリティー故に世間からの攻撃を受けてきたと言う歴史があります。あえて言えば、変態ですからねぇ。マイノリティーの歴史は迫害と差別の歴史でもありました。あるものは世間の攻撃に抵抗する力が潰えて転向し、またあるものは世間を欺く擬態の能力を得てやりすごしました。

ところが。
ご存じのようにインターネットが従来に比べてコミュニケーションのコストを劇的に下げました。
驚くほど簡単に、同好の士を見つけることができるようになったのです。
「こんな事言ったら笑われる」「ぼくってどこか変?」「どうしてみんなと違うんだろう」「誰もぼくの事をわかってくれない」そういった悩みの一部は解消される事になりました。そう。マイノリティーは数が少ないと言うだけ。探せば、いるのです。世間の目を欺くために隠れていただけなのです。
そう、わたしたちはもう、ひとりではありません。
なんという喜び!

ああ、しかし。しかしですよ。浮かれてはいけません。せっかく掴んだ幸せに浮かれて足を救われるのは物語の世界だけでたくさんです。あくまで慎重に。幸せは大事に守っていかなければなりません。
「世間に認められた!」
いや、まぁ状況は改善してますが、偏見は永遠になくなりません。ひっそりと手堅く。守備重視で挑まねばなりません。臆病で賢い小動物の方が、結局長生きできるのです。

ですが、好機に攻めを忘れるのもよろしくありません。
侵略する事空気のごとく。
静かに。気付かれないように。
世論を変えていくのです。
わたしたちの手によって。わたしたちの都合のいいように。
おとなしく世間のお仕着せの価値観に従っていた人たちのなかにも、わたしたちと価値観をおなじくする人々が混じっています。そういった方たちに、わたしたちは教えてあげるのです。自分が、本当はどんな人間なのかを。



おそれる事はありません。
世の大多数、などと言うものはもはや幻想にすぎないのです。
そうでなくても進んでいた価値観の多様化はインターネットにより、さらに細分化し、不可逆のものとなりました。マジョリティ、だったものもばらばらになってマイノリティーの集合体へと変化を遂げています。世代の断絶。格差の拡大。進む階層化。コミュニティが違えば常識が違う。もはや、マジョリティは死に体。強固な結束はありません。世間の常識、確固たる価値観。そんなものはもはや風前のともしびです。
わたしたちにチャンスがやってきたのです。
それに、マジョリティの価値観などは我々マイノリティーの価値観に比べれば脆いものです。なにしろ、今まで疑ってこなかったのだから。『他の人がそうだから』と言う理由しか無かったのだから。

わたしたちは常に自分の価値観に関して、不安に思ってきました。自問してきました。
それでも、棄てられなかった。
捨てたくなかった。
そうでしょう?だからこそ、わたしたちは人と違う道をあるいてきたのです。
自分で選んだ人も、選ばざるを得なかった人も。

だから、実体のないマジョリティーなんかに負けるはずはないのです。

所詮、彼らは烏合の衆。
わたしたちの方が数が増えれば迎合してわたしたちの価値観ですら受け入れてしまう。
自我のない、流されるだけの存在。
むろん、わたしたちは違います。
今、現在。数が少なくとも、一人でも。わたしたちの価値観をまもってきたのだから。

さあ、戦いをはじめましょう。
マジョリティーを侵略してやるのです。
切り崩すのです。
暴力も、強制も必要ありません。
ゆっくりとじっくりと。
弱いところから。揺らいだところから。
気付かれないように。


失われた10年。いや、もう20年になりますか。
停滞した経済活動や、守られる既得権が若者から職と自信を奪っていきました。
もはや、好むと好まざるにかかわらず、男が「かって男に期待された役割」を果たす事は不可能です。

TSファンが増えてきた背景にはこういった事も影響しているのかもしれません。
とても、女の子の分まで稼げないよ。
自分だけでも精一杯。
むしろ女の子の方が良いよね。
ジェンダーロールの崩壊。それが進む限り、TSは栄えます。
では、その先は?

残念ながら男と女がまったく平等に。均等になってしまえば、もはやTSは存在しえません。確固たるジェンダー観の存在と、進行していくジェンダー観の崩壊がTSの活性化条件。
ああ、なんたるアンビバレンツ!
激しく崩壊していく今はTSに大輪の花が咲きますが、その先に待っているのはTSの死です。1000年先?100年先?意外と10年先かも?

ですが、虎は死して皮を残すと申します。

来るべきTSの死に備えて、TSに元気のある今、コンテンツの増強を図らなければなりません。質も、量も。TSが死んだ後でも、一生楽しむのに困らないように。わたしたちのために。

おかし製作所では次の3つのポイントに注力してTSを盛り上げて行こうと考えています。
ひとつめは、素晴らしいTSをみなさんに紹介する事。
ふたつめは、わたしたち自身が供給者となっていっしょにTS作品を作っていく事。
そしてみっつめは、まだ目覚めていないあなた自身がほんとうは何を欲しているのかをいっしょに探して行く事です。

あなたの価値観はほんとにあなた自身のものですか?世間に無理やり押し付けられたものではありませんか?常識にとらわれた事が一度もないと言い切れますか?
さあ、ほんの少し。頭を柔らかくして。
今まで知らなかった事のなかに、本当はあなたが好きだったものが隠れている可能性はまったくありませんか?それを一生知らずに、お仕着せの価値観でこれからずっと生きていくなんて、もったいないと思いませんか?

さあ、素晴らしいTSを探しましょう。そして、作りましょう。
わたしたちが本当に欲する者は何なのか?
いっしょに探しにいきませんか?

2009年5月25日 あむぁい&巴のおかしな製作所 代表 あむぁい

コメント

カギヤッコさん>天下をとっても他の趣味嗜好を弾圧したりしちゃいけませんよねw天下が取れたときのことなんかあんまり心配する必要はないとは思いますが。

きゅろさん>人類の中性化はもはや止まらないと思いますけど、そろそろ来ますかねー、感情的な攻撃とかも。単なる回顧主義で歴史が元に戻るはずはないのですけれども。
いつの間にかTS業界におけるイメージリーダーになりつつ>え、未だでしたか!?w
いやいや、長文をお読みくださりありがとうございます。
 

そういえば。

男女間のジェンダー差が埋まってきているような現象は他の切口でも確かに増えていて
10年前に小説で書いたような事がなんだか現実化してるんじゃないか?と思う事があって驚いています。

うわっと驚いたのは明らかにGID系な人は別として
それ以外の部分でも変化の傾向が出てるんですね。
コンビニのスイーツとか、メンズ用のコスメグッズに最近は草食男子に肉食女子まで。

ま、こういう取捨選択できるジェンダーロールはあった方がおもろいですね。
今後の事を考えますと、益々この状況が進むのではないか?とも思ってしまいます。

そして最も驚きに値する事は少年少女、あむぁいさんのサイトが双璧として
いつの間にかTS業界におけるイメージリーダーになりつつあるんじゃないかと感じます。

 その意気は良しと言う感じですけど反面マイノリティの志をどこまで保てるかと言うのもまた問題ですよね。
 型破りは型を破った瞬間「新たな型」になる覚悟もありますし、「自分らしさ」と言うものが本当に「自分だけで作られたもの」か否かと言う問題もありますし。

 と難しい話はさておき、心から楽しめるTSFを読みたいと言うのは同感ですし、少しでもそのきっかけになれたらとも思ってますけどはてさて…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/5576-7610ad2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10