FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(4) ~トイブルクのエミリア~ (3)

(3)-------------------------------------------------------

「少佐! どういうことですか!」
「どうしたんだね、准尉。いきなり」
「エルザ……いえ、昨日任された少女のことです!」
「それがどうかしたかね?」
「どうしたもこうしたもありません! 記憶を消去したといってましたが、あれじゃ幼児同然です。あんな子をラヴァーズなんかにしろと、おっしゃるのですか?」
「わ、私は何も知らんよ。単に次の候補として中央から送られてきたのを、君に預けただけなんだから」
「候補ということは適性が無ければ、候補から外してもいいわけですよね?」
「その場合は、処分されることになる。もともと死刑囚なのだからな」
「あんな年端も行かない少女を、死刑台送りにしようというのですかっ!?」
「そう言う規則なんだから仕方あるまい。まぁ、私の個人的意見としては、その方が幸せかもしれんとは思うがな……」
「何の罪の記憶も無い、少女をですかっっ!!」

 エミリアが激昂して少佐の机をバン!と思い切り叩くと、机の上のカップが跳ね上がって横倒しになり、中身がこぼれた。

「判ったから乱暴は止めたまえ。部下が見ているではないか」
「とにかく、上に掛け合ってください。私はイヤです」
「そんなことが出来るわけがない事は、君に判ら無い筈が無いだろう? それに……」
「“それに”、なんです?」
「君があの子の教育をしないとなると、あの子はそのまま任地へ放り出されることになるんだぞ。何の知識も無いまま兵士たちのいいように、慰み物になるんだぞ?」
「脅迫ですか?」
「うぉほん! 口を慎みたまえ。カセラート准尉。これは上からの命令なのだよ」
「良くわかりました。少し、考えさせてください」
「ああ、待ちたまえ。准尉」
「何か?」
「今回の件については、期限を定められていない。私も出来る限り、君に便宜を図るつもりでいる。だから命令には従ってくれないか?」
「わかりました。今日のところはこれで。あの子が寂しがって、泣いているといけませんので」
「ああ、准尉」
「まだ何か?」

 少佐は手招きをしてエミリアの耳元に口を寄せると、小さな声で言った。

「君に話しておきたいことがあるんだ。今夜、食事でもしながら、どうかね?」
「……それは命令ですか?」
「“頼み”だよ。そう突っかからんでくれないか?」

 エミリアは返事の変わりに、少佐の首筋に軽くキスをしてから、姿勢を正して敬礼した。

「失礼致します。少佐」
「うむ、よろしく頼む」

 エミリアは少佐に突っかかるのは、筋違いであることはわかっていた。エミリアが少佐に言いたいことが言えるのも、少佐の人柄によるものだが、それに甘えすぎていたことも反省した。

    *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 エミリアが部屋に戻ると、それを待っていたかのように、エルザがぱたぱたと駆け寄ってきた。

「おかえりなさい」
「ただいま、エルザ。いい子にしてた?」
「うん。おとなしくしてた」
「えらいわ。さて、じゃあ何からはじめようか?」
「なにか、するの?」
「うーん。そうねぇ……」

 エミリアは頭を抱えた。ラヴァーズの教育ならば先ず、女性の体のこととか、立ち居振る舞いだろうが、この幼女といっていい子供に、何から教えていけばいいのか、それを考えると頭が痛かった。

「まずは、お風呂にでも入りましょうか?」
「おふろ?」
「そう、エルザの体のこと教えてあげる」
「からだのこと? おしっこ、ひとりでできるようになる?」
「ええ、直ぐに出来るようになるわよ」
「はいる!」

 今朝は結局エミリアが手伝ってやらなければ、エルザは用を足すことが出来なかった。泣いて嫌がるエルザの下腹部を押したり、尿道の周りを刺激したりして、ようやく用が足せた。ここに送られてくる間はどうしていたのか、おむつでもさせられていたのだろうか。
 それはともかく、普通に暮らしていく上では、避けては通れない。
 それに、いままでエミリアが看てきたラヴァーズ候補の娘たちだって、違和感の残る新しい体に慣れさせるためには、まずは入浴から始めるのが、一番効果的だった。
 女性には男性と違って、自分の体のことについてよく知っておく必要がある。それがラヴァーズならなおさらだった。
 生理のこと、髪や肌の手入れのこと、下着の選び方やその上に着る服のコーディネートのこと。お化粧や、立ち居振る舞い、言葉の使い方。そして男性のあしらい方……。それは生まれながらの女性にも当てはまることではあったが、ラヴァーズとして軍務につく以上、そうした知識は武器でもあり、身を守る盾でもあった。

「……」
「どうしたの? エルザ」

 エルザの服を脱がせ、自分も服を脱いで浴室に入ると、エルザはエミリアを見たまま、固まっていた。

「えみりあ、おっぱいおおきい。えるざ、ぺたんこ」
「へ? ああ、そうね。ヘンなこといきなり言わないでよ」
「えるざ、ぺたんこー」
「そのうち大きくなるわよ、さ、シャワーを浴びて、体を洗いましょう」

 エミリアは苦笑しながら、もしかしたら、生まれながらの女の子も、こんな風に母親から自分の体のことについて、学んでいくのかなと思いながら、エルザの体にシャワーをかけ、ボディーソープを塗っていった。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/5859-740c93ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08