FC2ブログ

Latest Entries

それでも末次由紀さんを弁護したい気分です。

ええーい、このサイトの常連さんに弁護士の方はおられませんか?弁理士は?法学者は?司法書士でも、法学部学生でも良いです!

ここに叩き台を提示するからこれを元ネタに末次由紀さんを弁護する論陣をはれるかどうか検討をお願いしたいです!

①自白だから罪を犯したって言う決め付けはどうよ?

講談社さまにおける正式コメントを読めば、描写盗用問題に関して末次由紀さんが罪を認めるコメントを、、、あれ?
謝罪はしているけど、罪を認めてはいないのかもしれませんね。

まぁいいです。罪を認めた事にしましょう。
罪を認めたと仮定したとしても、以下の点で疑問があります。

A)彼女はこの時に正常な判断力を有していたのでしょうか?
あのような状態になってしまえば、少なくとも私は正常な判断力を失います。彼女がこのコメントを書いた時点で正常な判断力を有していたのかは疑問があります。

<自白の信憑性の問題>

B)自白だけで罪を認めるのって無しじゃないの?

日本国憲法38条3項っ!

第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。



自白だけで決めるのはやめて頂きたいです。検証サイトの提示する情報は私の判断ではグレイです。(なんに関してグレイかと言うと著作権法に対してグレイです)だから、私は彼女がグレイであると信じています。(宇宙人では無いですよ)

それにですね。彼女が何がOKで何がNGだと言う明確な基準があったとは到底思えないんですよ。「自分のモラルの低さと認識の甘さにより」と言う彼女の言葉からは、ここまで騒ぎが大きくなる前の段階までは、「これはいけない事だね」と言う認識なかったか、あるいは少なかった事が読み取れます。

しかしながら、今回騒ぎになって、「これはいけない事だ」と思う人が予想外に多いことに気付き、何がOKで何がNGだと言う判断の基準がぐらついたと思うのです。で、あればこの自白は証拠能力が不足すると私には思われます。

泥棒をしたか、しないか。殺人をしたか、しないか。そんな単純で誰でも基準が同じである事件の自白とは今回の話は違うのです。(と私は思う)

②やってる人はいっぱいいるからいいじゃないか?って言う理論(?)はきちんと補強すれば戦いうる素材なのでは?

「万引きをやっている人がたくさんいるから万引きをやってもいいじゃん」と言うのが暴論なのは明らかです。

でもね、マンガを描く際にどこまで他人の作品を参考にしても良いかに関しては明確な指標が無い。少なくとも裁判レベルでは無い状況なのです。で、あれば多くのマンガ家さんにヒアリングして、「ここまでは良いんじゃないの?」って事であれば、今明瞭な基準が無い以上、あれをOKと認定しても別に良い訳ですよ。だから、みんながやってるかどうか?って言うのは”業界の常識として許容範囲かどうか?”と言う議論に関して意味があると思うのです。今まで慣習的に黙認してきたのなら、そのままで何がいけないのでしょうか?

③そもそも著作権法の目的ってのは、

(目的)
第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。



文化の発展が大目的のはずです。と言う事は、この目的を外れた解釈は法の主旨に反する可能性があると思うのです。今回のようなケースを禁ずることが本当に文化の発展に寄与するのですか?あのくらいはお目こぼしした方が文化の発展に寄与すると、私は個人的には思います。

例えば、背景や、モブシーンが模写やトレースでも、私はその部分だけをもってその作品をNGとするのは疑問です。

そのトレースを認めた時のメリットと認めなかった時のデメリットを総合的に判断する、と言うのはまずいのでしょうか?

そもそも、人の作品をトレースすると言うのは、表現の自由と言う憲法違反ではないですか。論理的には矛盾してますよね。

憲法第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。



(こんなダイナミックな理論で彼女の弁護をしてくれる弁護士さんとかいたらオレは拍手するけどなぁ)

本当に、他人の絵を下書きにして絵を描くって言うのはそれほど非難すべき事なのでしょうか?著作権は万能のものでも、絶対変えられないものでも無いでしょう。文化の振興のためになるような解釈にすべきだと思うのです。







あのー、それはそうと全然別の話なんですけどね。あんまし誰も指摘してませんけど、検証サイトさんの方だって著作権違反の疑いがあるのではないでしょうか?

著作権法32条には確かに場合によっては作者に無断で著作物を引用する事ができると書かれていますが、この場合には著作物を改変してはいけなかったと思うのです。画像を重ねたりしているのに関しては、これは改変にあたらないのでしょうか?

あとですね。著作権の百十三条ってのも有りますよね。

(侵害とみなす行為)
第百十三条 次に掲げる行為は、当該著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する行為とみなす。

6 著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす。



これは当てはまらないのでしょうか?
この辺も誰か有識者の方に教えて欲しいです。

コメント

かくごさま

どもども。
出版社からはすでに死刑宣告とも言うべき、連載中止作品回収の方針が出ていて、なおかつ言い逃れのできない状況の個人を、その状態からわざわざ集団で石で打つ(個人的なイメージで描写しております)かのような状態だったのです。当時はー。

返事が気になり また来てみました。
そんなにデリケートになっていたのですね。
同人誌を貶めてはいないのですが、皆様の怒りを買うところでした。
大変 申し訳ありませんでした。
丁寧な心遣い 有難う御座いました。

善き心と良き縁に感謝。

かくごさん、いらっしゃいませ

自分にも他人にも厳しいと言うのは一貫していて結構ですね。
そういう人が信念でもって糾弾されるのは別によろしいのですが、付和雷同的に一人の人間を滅多打ちしてしまう、と言う点がわたしが恐怖した点です。今となってはあの時の雰囲気は、このレス数ぐらいにしか残っていないのですが。

いや、もう当時は
コピーをしたければ 同人誌を作ればいい訳ですから。>
あたりにすら、非難や暴言が帰って来そうな危険な状態だったのです。
プロフェッショナルを持ち上げるために、わざわざ同人を貶める必要は無いのではないかとー。

はじめまして たまたま辿り着きましたデザイナーです。
ファンの方々には大変申し訳ないのですが、この問題は 私達にとっては所有物を盗まれる事と同じ事なのです。
やってはいけないタブーであり、侵してしまった時はプロフェッショナルとして親告し、罪を自覚し、業界を去る覚悟をしなければなりません。
一生思い出すそうです。
〆切りに負けて自らの才能とファンの期待を裏切った その事を一生後悔しなければならないのです。
これがプロフェッショナルという事です。
コピーをしたければ 同人誌を作ればいい訳ですから。

厳しくなりましたが すみません。
こうとしか言えません ごめんなさい。

TSファンさまこんばんは。古い記事へのコメントも大歓迎ですよ。何せあんましコメントありませんしーw

ほとんどトレスそのものなパクリまであるように見受けられます>漫画はストーリーとキャラと構図と(あと何か)多数の複合体としてできており、単に構図やポーズがトレースだからと言ってそれだけをもって断罪するのは行き過ぎ、と個人的には感じています。
最終的な創作物である漫画が芸術として一定レベルにあるので有れば、(売れているのかどうかはその傍証にすぎません)その作成手段に一部不適切なものがあったとしても、断罪自体は良いとしても、作品や作者の社会的抹殺までは行き過ぎに感じるのです。

すごい恣意的な比喩をします。お母さんはぼくを一生懸命育ててくれましたし、ぼくには優しいお母さんでした。でも、お母さんは売春をしていたのです。犯罪です。だからぼくは母さんが大嫌いになって、何も言わずに家出してそれから一度も会ってません。

部分だけであんまし過激な判断はよくないかなーって思うのです。

大変な苦労の果てに作り上げるもののはずです。>http://column.chbox.jp/home/bloguide/archives/blog/main/2005/10/28_210130.html いくらでもありますが、これとか見てもそう言えますか?マンガ家の世界の事はあんましよく知られていませんし。

「ある一小節をまるまるコピーペーストして名前だけ変更」
>売れさえすればと言う価値判断基準はありません。ただ、考えに考え抜いて他のどの言葉に置き換えるよりも、その一小節まるまるコピーした方が作品全体の完成度が明らかに上がると言うのであれば、まるまるコピーを使わざるを得ませんね。そこで妥協するのは嫌です。
オリジナルとエンターテイメントの二者択一ならわたしはエンターテイメントを選びます。それは価値判断の基準でありわたしのクリエイターとしての方向性です。なんでと言われてもそっちの方が好きだからとしか言えませんが。
つまんないオリジナルとどこかで見たけど楽しい作品ならどこかで見たけど楽しい方を選びます。あ、もちろん可能な限り楽しいオリジナルを選ぶのは当たり前ですよ。
もちろん、作者さんへの連絡先が分かれば連絡して許可がいただける様にトライします。
許可が得られなかったり、連絡先が不明な時は著作権侵害に該当するかどうか弁護士に相談したり、蛮勇をふるって無断使用したりですね。

半年近く前の記事にコメントというのもアレなんですが…
なんでまたあむぁいさんはそうまでも末次氏を庇われるのでしょうか?
検証サイトなどで見る限り、ほとんどトレスそのものなパクリまであるように見受けられます。
僕は文章創作をもっぱらにするほうの人間なので偉そうなことはいえませんが、
漫画家さんにとっては「構図」「ポーズ」「ネーム」というのは色んな映画や写真を研究して、
そのままではパクリになってしまうから角度を変更してみたり、人を使って別ポーズを作ってもらったり、
あるいは溜め込んだ映像的知識のなかから、できうる限りの空想のみで描きだしたりと
大変な苦労の果てに作り上げるもののはずです。
それをトレスするというのは、我々文章創作の分野でいえば「ある一小節をまるまるコピーペーストして名前だけ変更」
というような行為にさえ当たると思うのですが、あむぁいさんとしては売れさえするならそれもまたOKなんでしょうか…?

おお、このネタのピークは過ぎたと思ってましたのに未だ反応がこんなに。

じーん・だいばーさん>著作権侵害になったという判決の前例→あ、いえこれは判決まで行ってなくてですね。警告状が来たので、即和解。謝罪&金銭解決を図ったようです。今後は同様の事は起こさない、と宣言したのが、今回の厳しい処置の遠因かもしれませんね。
ですので、判決自体はありませんので、裁判になっても勝ち目が無い事は無いですよ。
まぁ、厳しいとは思いますが。

αβさん>はじめまして。真摯なご反論有難うございます。
①に関しては、自白=悪の短絡はどうかな、と言う事です。
②に関しては、裁判(あるいは判断)コストによるロスの発生が私の懸念です。今回はかなり黒っぽいとは言え、著作権の判断は全て、びみょーなものです。いちいち裁判や議論をするのは大いなる無駄です。改革全てには反対しませんが、メリットが少なく、デメリットの多い改革には反対します。
③に関して、極論ですかねぇ。でもね、著作権そのものは見直す時期ではないかと思うのです。無方式無審査で、かつ無料で、死後50年の権利期間。優遇されすぎです。
漫画の著作権は5年、ライノベの著作権も5年でどうでしょうか?(作家の皆さんごめんなさい)と、言っても国際調和があるから日本だけでどうこうできないんですけどね。

盗用された側にも憲法で保障される権利>憲法でまでは保障されてないのでは?理論が無茶だと言う結論は正しいと思いますが。

名誉毀損について>そうですね。ネットで表現するには学んでおくべきかと思いますので勉強してみます。

長文、有難うございました。

タカヒロトさま>はじめまして。
おお、なるほど。無意識に行ったものですので、見逃してください。しかし、私の見るところ、この文は「文化の発展に寄与しないのであれば、著作者等の権利を保護する必要は無い」と解釈しうるのですが。勿論、アラの多い理論ですが、ちゃんと弁の立つプロに補強してもらえばなんとかならんかなっと。



>③そもそも著作権法の目的ってのは、
>(中略)
>著作者等の権利の保護を図り、(強調)もつて文化の発展に寄与することを目的とする。(強調終わり)

>文化の発展が大目的のはずです。と言う事は、

「著作者等の権利の保護を図り」に目が届きにくくして、
ご自分の主張に有利になるように引用してますね。
これは意図的なミスリードだ。



親告罪なのをすっかり忘れてましたね

講談社を訴えれば勝てるが
井上先生などに訴えられれば負ける

と、いう状態なんでしょうね

①について
「嘘の自白」をしてしまったと言うので有れば無効になりますが
そうでなければ自白の強要などには当らないかと


②について
そのままで何がいけないのでしょうか?
と、有りますが
逆に言えば改革を行う事の何がいけないのでしょうか?


③について
随分と極論ですね
完全に禁止しては貴方の危惧する事がおこるかも知れませんが
適切な法整備を行えば問題にはならないでしょう


「トレース規制は表現の自由の侵害」について
これについては盗用された側にも憲法で保障される権利がありますので
そのような解釈は不可能でしょう


「検証サイトは著作権の侵害ではないか?」
そもそも今回の件「名誉を傷つけた事にはなりません」
名誉毀損について法律上の定義を調べてみる事をお奨めします


最後に
今回の対応が少々重すぎるという点には同意ですが
「無罪だ」というのは極論過ぎると思いますね

講談社

講談社の編集はいったい、何をやっているんだか…

確か以前に、モーニングで連載されていた川口かいじ先生の「沈黙の艦隊」の中の軍艦の描写が軍艦雑誌に掲載されていた写真のトーレースだった事が発覚して著作権侵害になったという判決の前例がありますので、裁判沙汰になったら…です。

ま、詳細を知らない私が言うのもなんですけどね…

コメント有難うございます

今回のことが悪しき前例にならないことを祈るばかりです。

おじゃまします

こちらにも来て頂いた様で…ありがとうございます。
確かに>2ちゃんねるの中の一部の人の論調の方が悪い
その通りです。それがなければ、こんなことにはなってないでしょう。
それから、ここにコメントしようと思ったのは、
>あのくらいはお目こぼしした方が文化の発展に寄与すると思う
に激しく同意したからです。今回は画を盗用したという理由だけで、この事態。
マンガは画だけじゃないでしょう。キャラ設定、ストーリー等全てを含んで作品が成り立つのであり、1つの点だけ議論され、そのあげく、その全てを消し去る…。
これは、文化の発展を妨げる行為に他ならないと思う。
それなりに売れていたのでしょう?海外版も出る?出ている?とか…。
明らかに、文化の発展に十分貢献していますね。なのに、追放?どうして…。また来るかも。

とくめいさま>あはは。私の作品をプロの方がパクった場合ですかw
それは勿論、訴訟を含めて糾弾を検討しますよ。売名行為として。アクセスが増えたらうれしいですー♪でも、それってイタい行為だと思われちゃうかもしれませんね。

それでその作家が印税でがっぱがっぽ儲けても全然オッケーって事ですよね?
>ああ、それは全然構わないですよ。作家さまがいくら儲けても私が損害をこうむる訳ではないですから。
 それに、私の小説は一生懸命作ってはいますが、私の才能の問題で別に売れてる訳でもなんでもない訳ですから、そんなものを素材として、大ヒット作品や素晴らしい作品を作られたのなら明らかに価値が上がっている訳ですよね。より多くの皆様に見ていただけるのですし。オレがその作品でヌける程度のものを作って頂ければ大満足ですよ。
 
 まとめると、プロの方で私の作品をパクりたい奇特な方がおられましたら、まず訴訟はありませんのでその点はご安心ください。ただ、アクセスアップの為に私が騒ぐ可能性はあります。さわがれてもOKな具合には改変しておいた方が(その人の為には)無難でしょう。
 なお、以上は無断の場合です。事前にご連絡頂ければ基本的には許可します。ただ、その場合は「○○先生にこの作品を使わせてって言われちゃいましたー♪」と言うような記事をアップすると思います。

つまりこれは、あむぁいさんの書いた小説の描写を
どっかのプロ作家が登場人物の名前だけ変えて
コピーして使ったりしてもいっこうにオッケーって事ですよね?
それでその作家が印税でがっぱがっぽ儲けても全然オッケーって事ですよね?

ぼけネコさん
>恐らく無知の彼女に、これはいけない行為と教えてはいないでしょうし…
>知りながら容認していた可能性の方が高いと思われ…。

知らないはずはありません。
1999年頃の安野モヨコ先生のweb日記より

「ともだちの漫画家さんがまた絵をパクられていて
まわりの漫画家も怒っていてウチにFAXが届いた。
見てびっくりの背景、効果全パクリバージョンであった。
同じ雑誌の作家同士、
それもかたっぽド新人ならまだしも連載も2年くらいしてる人なのに…。
しかも真似されたほうの作家さんが問い合わせたところ、
『全く知りません』という例のお答えが… 」

コメントありがとうございます

ぼけネコさん、はじめまして。HPの方も読ませて頂きました。
確かに今回の講談社の対応に問題があるのは全面的に同意です。

ただ、あの程度の模写(とあえて言いますが)が「いけない事だから吊るし上げてもいいんだ」と言う2ちゃんねるの中の一部の人の論調の方がわたしとしては問題があると思います。


むしろ… 

あれ。TBできてるのかな?一応URLも載せておこう。
あっすいません。始めまして…。
今回の件著作権侵害か?と議論されている方多いですね。確かに重要な件だと思います。しかしながら一番の問題点は、罪をあっさり認めた?彼女を業界から追放し、彼女の復帰も考えていない(と思われる)ような措置を取り、尚且つ彼女のファン(私は違うが同情する)に対し、配慮、説明責任を果たしていない出版社が問題では。恐らく無知の彼女に、これはいけない行為と教えてはいないでしょうし…知りながら容認していた可能性の方が高いと思われ…。
長々とすみません。

コメントありがとうございます。
親告罪である点はすっとばしてましたね。
井上さんに関しては訴えるメリットがそもそも無いですしね。

著作権侵害は、親告罪なのでもともと無罪。
井上雄彦氏が訴えることはありえない。
(井上氏も写真トレースしてるため)
今回の処置を不当として訴えれば勝てます。  

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/591-f734dead

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盗用問題の根は深く・・・・

 盗用問題の根は深く、おいらみたいなダメ漫画家志望にはどうにも・・・というか確実

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10