FC2ブログ

Latest Entries

膨乳小説第85番  おっぱいのソムリエ(その1)

画像はビデオボーイ.tvさんへのアフィリエイトリンクです。宜しければ内容ご確認くださいませ。18禁です。


大画面液晶モニターに映し出される目隠しされた先輩は夢中でおっぱいをしゃぶっている。
匂いを嗅いでいる。
形と弾力を指先で確かめている。




そして、ひとしきり終わった所でマイクが差し向けられ、先輩は自信満々に口を開く。
「プニテレビの河合アナウンサーですね。間違いありません」
「おおーっ」
テレビの中の観衆が歓声をあげ、カメラがロングに変わる。 
「すげぇ」
ぼくの口から思わず言葉が漏れる。
確かに先輩がしゃぶっていたおっぱいの持ち主はぼくの大好きな河合アナだったのだ。
感じてしまったのか、頬が赤い。

ブチッっと電源が落とされ、会場の照明が灯る。
画面に釘付けだったぼく達は我に帰る。
「と、こんな感じだ」
先輩、元敏腕プロデューサーにして、ベンチャー企業ビッグバン・ブレストの創始者、籾井 宗太朗はぼくら7人の入社希望者に向かって自信満々に胸を張るのだった。
「大葉、おっぱいは好きか?」
急に指名さられて俺はどぎまぎする。そして小さい声で答える。
「好き……です」
「水原はどうだ?」
「あ、私も好きです」
「川端?」
「大好きです!」
「オレもおっぱいが大好きだ。調査の結果、日本人男性の98%がおっぱい好きだと言う事が分かった。オレはおっぱいを支配したい」
「おおーっ」
「だが、しかぁしっ!」
先輩はだんっ、と机を叩く。
「AカップだとかBカップだとかCカップだとか、美乳とか巨乳とか貧乳とか、おっぱいの評価は従来、兎角視覚的要素に頼って来た。ここにビジネスチャンスをオレは発見した!人には、五感が有るのだっ!」
「おおっ」
「心臓の音、産毛のこすれる音、息使い、喘ぎ声を耳で感じ!」
「おお」
「その芳しい香りを鼻腔一杯に吸い込みっ」
「うう」
「その味わいを舌先で味わいっ」
「ごくりっ」
「指先で心行くまで楽しむっ!」
「うわあああ」
「そうすれば、おっぱいの価値を多面的かつ定量的に評価する事ができるのだ。そして、評価の存在する所、マーケットが出来る。今までは巨乳の影に隠れてきた芳しい匂いを放つおっぱい、抜群の感度を持つおっぱい、最高に美味しいおっぱい、揉み心地が素晴らしいおっぱいが新たにマーケットに登場するのだ。そして、そのマーケットを支配するのが、我々、おっぱいのソムリエなのだっ!!来たれ若人、希望を胸に!我がビッグバン・ブレストにっ!その手に全世界の富を、おっぱいを掴むのだ!!」
「先輩、サイコーっす!」
ぼくは。ぼく達は感動に打ち震えていた。
先輩はなんてすごいんだ。
さすがは時代の寵児、現在のカリスマ!
やるぜ、ベンチャー!ぼく達は新たなマーケットを創出するんだ!

つづきはこちら

テーマ:嗜虐と変態嗜好 - ジャンル:アダルト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/679-acf8fdf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08