FC2ブログ

Latest Entries

チェンジ・ライフ・ラプソディー (11)

作.エイジ 
キャラクター作成.倉塚りこ

 直樹と勇助の二人が男達を叩きのめした後、俺達は表通りへと移動した。
「大丈夫か? 怪我は?」
 開口一番に直樹が女の子に問いかける。
「あ、はい。平気です。何かされる前に助けてもらいましたし…」
 そう言って女の子はちらりと俺を見る。
 俺は苦笑いを浮かべて、
「その俺も助けられたけどな」
「感謝しろよ~? 俺達が来なかったら仁、間違いなくヤられてだろうからな~」
 勇助が茶化しながら言ってくる。
 …それは間違いなかっただろうな。あの時の男の瞳を思い出すと嫌悪感と恐怖で身体が震えてしまう。
 だから、
「そうだな。二人共サンキューな。助けてくれてさ」
 すると二人はそろって驚きの表情を浮かべた。
「…なんだよ」
「いや…そのだな…」
 言いよどむ直樹と、
「いや~《以前》とは違って随分素直だなって思ってさ。それに可愛らしくなったな~と。こうも変わるもんかねぇ?」
「かっ!?」
 可愛らしい!?
「だ、誰が可愛らしいんだ、誰が!?」
「もちろんお前だよ。『飛鳥 仁美』ちゃん?」
「~っ!!」
 俺は恥ずかしさと怒りで拳をぶんぶんと振り回すが、勇助は笑いながらそれをかわしていく。
「はっはっは。当たらんなぁ~?」
「くっ! このっ!!」
「…そこまでにしておけ」
 直樹がすっと割り込んで俺の拳を受け止めてしまい、動きが止まる。
「勇助もあまりからかうな。…見てて可哀相になってくる」
「でも可愛らしいってのは本当のことだぜ? 直樹だってそう思うだろ?」
 問われた直樹は沈黙。そして俺をじっと見つめる。
 それに俺も負けじと見つめ返した。
 …頼む直樹。「そんなわけない」って否定してくれ!
 しかし俺の願いとは裏腹に、直樹は視線をふいっと外してしまう。そしてその顔は若干赤い。
 そんな…そんなバカな!?
 直樹に裏切られ、俺はショックのあまりガクリと崩れ落ちた。
 すると、
「大丈夫ですよ先輩! 先輩は前から十分可愛らしかったですから!!」
「雪緒…それフォローになってない…」
 くすくすくす。
 声に振り返ると、そこには笑っている女の子のがいた。
 視線に気がつくと慌てて笑みを引っ込めて、
「あ。すみません。つい」
「いいよ。気にしないで」
 笑えるならその方がずっといい。
「ところで君の名前はなんていうの? よかったら教えてくれない?」
 そんな事を言ったのは勇助だ。
「勇助」
 俺はたしなめるが、
「なんだよ。いいだろ? 名前くらい」
「…お前の場合、それだけで終わらないだろうが」
 勇助は容姿もいいし、サッカー部のストライカー。それに今ではキャプテンといった立場でもあるため、女子からの人気は高いのだ。だからなのか女性経験は結構豊富で遊んでいる。
 ちなみに同じような立場である俺達はというと…だ。
 直樹は柔道一筋のバカ。俺は三姉妹達が張り付いていたため、いまだ彼女が出来たことはない。
「あ。すみません。私は桜井 春菜(さくらい はるな)っていいます」
 だけどそんな事を知らない女の子はそう答えてしまう。
「お~、春菜ちゃんか。可愛い名前だね」
「ちょっ。いいの? そんな簡単に教えて?」
「構いません。どうせいつかはバレちゃいますから」
『…?』
 そろって首を傾げる俺達。
「その制服―――」
 桜井さんは俺達を―――正確には俺達の服装を見回し学校名を言い当てた。
 なんでそんなことがわかるのか。まあ単純に考えるならそれは―――
「君はウチの学校の生徒か?」
 その直樹の問いかけに、
「四月から、ですけどね。よろしくお願いします。先輩方」
 ペコリと頭を下げる。
「こちらこそよろしくね。ちなみに俺は鳳 勇助っていうの」
「高島 直樹だ」
「御島 雪緒。会う時は二年生だね」
 勇助。直樹。雪緒。それぞれが自己紹介を済まし、俺に視線を向けてくる。
 …やっぱ言わなきゃダメだよな…。さて、なんて言うべきか…。
「…飛鳥 仁美。一応剣道部の主将をやってる」
 …今はこっちが俺の名前だからな。誤解を与えないためにも俺が元男だということは秘密にしておいた方がいいだろう。
「鳳先輩。高島先輩。御島先輩。それに飛鳥先輩ですね」
「まあ別に覚えなくてもいいよ。特にこいつは」
 俺が見たのは無論勇助だ。…まあ、勇助が放っておかないかもしれないが…。
「いえ。助けてもらいましたから、きちんと覚えます! 私記憶力はいい方なんですよ!」
 そして律儀にしっかり覚えようとする桜井さん。
 …いい子だなぁ。
「さてと。じゃあここらで解散だな。もうさっきみたいな事もないだろ」
 今いるのは人通りの多い表通りだ。確かにここなら危険な目にも遭わないだろう。
「春菜ちゃん大丈夫? 一人で帰れる? もしよかったら俺が送って―――」
「やめんかい」
 勇助を蹴飛ばして地面に転がせ、黙らせる。
「ごめん。こいつの事は忘れていいから」
「はあ…」
「とはいえ、確かに心配ではあるな。あんな事の後だし」
「む…」
 直樹の言葉にも一理ある。
 なら…
「じゃあ直樹が送ってやってくれ」
「俺が? そりゃ構わないが…いいのか?」
「私は構いません。むしろ助かります」
「じゃあ決まりだな。直樹、しっかり頼むぞ?」
「任せておけ。じゃあまた明日な」
「失礼します。今日は本当にありがとうございました」
 二人の姿が見えなくなるまで俺達は見送り、
「…いつまで寝てんだよ。いい加減起きろ」
 地面に寝ていた勇助を叩き起こして俺達は帰路へとついた。
 …ちなみに勇助は、
「いいよな直樹は…。いつも美味しい所だけかっさらってよお…」
 などと言っていじけていた。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/7145-0bff6218

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-02