FC2ブログ

Latest Entries

TS小説第87番 おねがい!チャーマー2 素敵な花嫁になりたいナ(1)

<この物語はフィクションであり実在する人物、団体、その他全てとは一切関係ありません。>


「さむー」
思わず漏れる白い息。
暖かい店内から出たあたしは身を縮める。
あたしは茶色いコートにマフラーまで付けて完全防寒で哲也さんが出てくるのを待つ。
白い雪がちらちら舞う街はせわしく歩く人であふれてる。
カップルが目立つ気がするのはクリスマスが近いせい?
ツリーやサンタがいやがおうにも年末気分を盛り上げる。
「お待たせ。行こうか」
「うん」
今日は高級イタリアンで哲也さんとランチデート。
だって、お店があるからほんとうのクリスマスはデートしてられないし。
アイドルは夢を売る仕事だからケチケチしてちゃいけないって言うし。
それに食事代はお店持ちだし。
「美味しかった。ごちそうさま」
モッツアレラチーズとトマトの定番の前菜♪これが自分で作ろうとすると無茶味付けがムズいのだ。久々に食べたキャビアも勿論おいしく、哲也さんと半分こしたパスタはキノコの方もイカスミの方もどっちも趣向がこらしてあって美味。冷えた白ワインも二人で一本空けちゃいました。ちょっとほろ酔い気分に外の寒気が気持ちよい。哲也さんは顔まで赤くなっちゃってる。あたしは腕を彼の腕に回して隣でちょっと早足で歩く。そうよねー。たまには真面目に恋愛しないとねー。
なんせ、これから結婚式のドレスを見に行かなきゃだし。


「あ、これなんか良いかも」
あたしは次のドレスにターゲットを移す。ウエディングドレスのマジ物色は選ばれたカップルにのみ許される特権なのだ。
「うーん。俺には良く分からん」
「白も捨てがたいけど、他の色もなかなか……」
「こっちのHぃのの方が良いんじゃない?」
「ダメに決まってます!」
真面目にやってよね。
「あー、これなんか素敵」
「ちょっとちょっと月子さん」
哲也さんがあたしの腕を引っ張って隅っこに連れて行って小声で囁く。
「キミが着たいドレスじゃなくって、女の子に変身したいと思ってるお客様が好きそうな奴を選ばなきゃ」
「無理」
あたしは即答する。
女の子はだれしも……でもないかもしれないが、素敵な結婚を夢見てる。
そのドレスに妥協なんてあり得ない。
ましてや、お客様はお店に夢を買いに来てるんだから。
となると施術者のあたしがきっちりとイメージを掴んで自信を持って推せる最高のドレスを用意しなくっちゃね。
あたしは次から次へとドレスを見て回る。
勿論、ネットやゼクシィで写真は一杯見た。しかし所詮二次元は二次元。肌触りや質感を補うにはどうしても実物を触る必要がある!……と思う。
んー。なんか楽しいな。ドレスだけじゃなくって下着とかも凝りたくなってきたなぁ。
……
……


「疲れたぁ」
もう、だらしないなぁ。
哲也さんはへばって椅子に座り込んでいる。
実物ドレスを見た後には調達の為に問屋めぐりだ。
流石に安くあげないと、プレイ値段がシャレになんなくなる。
今回のプレイの予算は50万円。
丸一日のロングラン催眠だから、思い出に残るようにドレスはお持ち帰り頂くつもりだ。
「おし、これで行こう!」
ピンと来るものが有った。
ふわふわで肌触りが良くって、清楚でそれでいてエロい!
そしてやっぱり白、白、白でなくっちゃ!
「これよ、哲也さん」
「げ、高っ」
「これこれ、絶対これ!」
あたしは迷わず店員さんにお願いした。
「これ一つ、お願いします。領収書は株式会社バッドドリームで」


つづきはこちら


20050728001312.jpg

テーマ:二次元総合 エロゲーエロ漫画エロ小説など - ジャンル:アダルト

コメント

なるほど。
ちなみに翻訳ですが、これ 
http://okashi.blog6.fc2.com/blog-entry-13.html
もMC下でのウエディングドレスシーンが有りますです。
結構強烈で、読み手を選ぶかもしれませんが。

ドレス着ての催眠は最初はチャーマールナさんじゃない小説を望んでました

こちらこそ失礼しました。

いろんなことをいってすみませんでした。僕の書いたコメントをチャーマールナさんに利用されるのはいやだったのです。数々の失礼な発言をしてしまいすみませんでした

つまりサイトや掲示板に書かれたものは自由に使えるアイデアなんですか?
正直に言えば僕自身チャーマールナさんに協力はできません。小説化にしたことでチャーマールナの名の店と僕のアイデアがどう関わって来るかか不安があるのです

こんにちは。
商標登録は全然別の問題ですよ。商標を登録するかどうかは特許庁さんの判断次第ですので、特許庁さんがきっちり判断されれば問題はありません。また異議があれば多分手続き方法はあると思いますので必要なら異議を申し立てれば良いことです。
商標登録出願の事をいっておられるのでしょうか?「ホリエモン」が各社から出されて却下されてますが、出すこと(出願)自体は別に咎められるほどの事ではなかったのではないでしょうか?(顰蹙は買うにしても

だけど僕のアイデアはチャーマールナさんのために使うのはどうなんでしょうか? >著作権、商標、あるいは特許、実用新案に関しては法的に問題ないと思います。後はモラルの問題ですが、私の倫理観的にOKの範囲でやりますが、他の人の倫理観とは範囲が異なってくると思いますので非難を受ける可能性は当然あるかと思います。それは作品を発表する以上当然の事ですので。
また、他人の作品を読んで「俺ならこうする」とアレンジするのはアリだと私は思っています。それをどう判断するかは読み手あるいは先行作品の作者、あるいは裁判官次第だとも思いますが。それとも私は今後一生花嫁あるいはウエディングドレスネタを書いてはいけないと主張されるのでしょうか?TSの分野ではネタかぶりは当然起こると言う事も考慮に入れて頂ければ幸いです。
あと一応念のため「ぼくのアイデア」というのはどの範囲の事をおっしゃってるのでしょうか?「催眠術下で花嫁にさせられる」と言うのはFICTIONMANIAで先行作品がありますし、「あなたのオリジナルのアイデア」である事を認めるのにはやぶさかではありませんが、独占権を主張される事には違和感があります。mc-hamar!さんの書かれた具体的な描写に関しては、私は先行作品を知りませんので尊重するつもりです。具体的な描写を借用する場合はかずさんとメールをやりとりしてますようにちゃんと許可を取って進めます。(頂けないようですので使いません)
外人さんとの翻訳に関しても原著作者さんにご許可を頂いて法的に適切に対処して進めておりますので、私としては「ちゃんとやってるつもりなのになぁ」と戸惑う気持ちです。もちろん、ちゃんとやってるつもりでもできてない場合はありえますので、しょうが無いと言えばしょうが無いのですが。

本で見たことを自分の所に書いたり、掲示板に書かれたものを商標登録をするのは大丈夫なんでしょうかね…。

僕のアイデアが生かされるのは大変嬉しいことですし、みんなに生かされることを願ってます。
だけど僕のアイデアはチャーマールナさんのために使うのはどうなんでしょうか?

mc-hamar!さんこんばんは。先ずは不愉快な思いをさせてしまったとの事でお詫び申し上げます。

確かにmc-hamar!さんのコメントは拝見しており、着想の際にそれをヒントにしたのは事実ですが、コメント内容と小説の内容はまったく別物になる予定です。ウエディングドレスを着たい、あるいは花嫁になりたいと言うお話はFICTIONMANIAなどで、あるいはアダルトTSF支援所などで国内でもいくらでも大昔から見られる一般的な願望ですし、アイデアとして独占できる類のものではありません。また、チャーマールナは基本的には催眠術で男のお客さんがいろいろな女の子に変えられるお話ですので、発想の当初からメイドさん、ネコミミ、ふたなり、レオタード、看護婦、ゴスロリ、花嫁などの一般的な変身は想定の範囲内です。単に花嫁の順番が繰り上がったにすぎません。


なお、問題点を明確にする為あえて指摘させて頂きますが、mc-hamar!さんのコメントは使用していません。コメントに含まれているアイデアを使用しましたが、そのアイデアは公知のアイデアである事は前述の通りです。また、そもそも著作権はアイデアを保護しません。

ですので、今後制作を控えることと、書いた小説の削除に関してはお受けできません。どうかお目こぼし頂くようお願いします。

小説について

はじめまして。以前チャーマールナさんのところで書いたコメントが、小説化になっていますがどういうことでしょうか?確かにコメントをしましたけどそれを小説化を頼んでません。そもそもコメントをルナさんに自由に使っていいよとは言ってはいません。僕のコメントが一人歩きをするのはのは気持ち悪いし、怒りを覚えます。今後制作を控えることと、書いた小説の削除を強く望みます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/745-f9e76d99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10