FC2ブログ

Latest Entries

そんなバナー(仮)

 午後の一時、僕は読書をしながら優雅にお茶を飲んでいた。
 貴族の三男坊としてはごく平凡な過ごし方だ。
 あくせく働かなくても、領民が収める税金のおかげで、僕は遊んで暮らせている。
 もちろん父上や、歳の離れた二人の兄が領地を治めるのに、苦労しているのは確かだけれど、三男坊ともなればそういう政治的な労苦をしなくても、とやかくは言われない。
 甘やかされて育ったせいもあって、のんきに暮らしている毎日だった。
 そんなある日、僕は父上から呼び出された。

「お呼びでしょうか? お父上」
「うむ。唐突だが、お前の輿入れ先が決まった」
「は? 今なんと? 父上」
「お前は来週、マイバッハ家へ輿入れすることになる」
「婿入りでは……なくてですか?」
「お前も知っているだろうが、マイバッハ家の長男は大変な漁色家でな。お前を是非にとご所望だそうだ」
「ホ、ホモだってことですか? 冗談じゃありません! 僕は男です! 婿入りならともかく、嫁入りだなんて!」
「それは案ずることはない。高名な魔術師が先方より当家に遣わされている。お前は今夜、師の術を受けて女になるのだ」
「嘘でしょう、父上?! 第一、何だってそんな、無茶苦茶な……」
「マイバッハ家のお抱え占い師が、占術で“男を女に性転換して迎えれば、末永く安泰”と予言したそうだ」
「だからって、なんで僕が! マイバッハ家の長男といえば、もう三人も妻がいるそうじゃないですか!」
「お前、先月のグラン大公殿下の夜会で、女装して舞を披露したそうではないか」
「あれは大公のお戯れで、仕方なく舞っただけです!」
「だが、マイバッハ家のご長男がそれをいたく気に入られたそうでな。占術師の予言を聞き、それを思い出したというわけだ」
「冗談じゃありません! お断りです!!」
「ヴァハテルよ、これが断れぬ申し入れであることは、お前に判らないわけではないだろう?」
「ぐ……」

 そう、我が家が仮にも貴族の一員として社交界に名を連ねることができるのは、マイバッハ家の後ろ盾があるからだった。
 もしマイバッハ家の機嫌を損ねようものなら、当家は領地を失い、一族路頭に迷う事になる。

「マイバッハ家の長男といえば、既に三人も妻をお持ちじゃないですか。そんなところに嫁いだところで……」
「そんなところに嫁いで、お前が子供を産めば、当家の安泰は更に磐石。マイバッハ家とは身内になるわけだからな」
「そんな身勝手な!」
「ヴァハテルよ。“三男坊のムダ飯ぐらい”と、メイド達が嘲笑うそなたじゃぞ? ここで家のために働かなくてどうする?」
「そんなのって、ないよー!」

     *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ……なんてことがあったのが、もう三ヶ月前。 
 諦めの境地でマイバッハ家に嫁いだら、“漁色家”との評判だった長男のアリスン・マイバッハ氏は思いの外良い方で、愛情を一心に注いでくださった。
 彼がそういう趣味だったとは知らなかったが、3人の先妻も縁戚の勧めで断れず、仕方なく娶ったんだそうな。
 
 しかし愛されれば絆されるのが人の弱さ。私は彼を愛し、彼の子供を産む気になっていた。
 けれど、面白くないのが既に輿入れしていた三人の先妻たち。
 奸計にはまって、“不妊の術”を施されてしまった。
 それが原因で、私は屋敷を追い出されることになった。アリスン様の祖父が、“子供の産めぬ嫁など当家に必要ない”と言ったそうなのだ。
 寝たきりで食事もままならない、お祖父様がそんな事をおっしゃるはずがない。
 あの3人の先妻の虚言に決まっている!
 けれど、たった一人反対してくださったアリスン様のご好意も虚しく、私は遠く離れたマイバッハ家の別領地に移されることになった。

     *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 冬も近づいた寒い朝、私は失意のうちに、マイバッハ家を立つことになった。アリスン様が目覚める前に……。

「にゃぁ」
 
 小雪が舞い始めた肌寒い正門への道を歩いていると、足元に猫がじゃれついてきた。
 実家から連れてきた、猫のボーネ。そうだ、この子も連れていってあげなきゃね。
 
「おいで、ボーネ」

 私は冷たく凍えているボーネを抱き上げた。お腹の下の方には、去勢の手術跡があった。

「あ…キミも元男の子だったんだね…」 

 そうだ、嫁ぎ先で粗相があってはいけないと、去勢されちゃっていたんだっけ。 

「にゃぁ」
「寒い? これから行くところは、もう少し暖かいといいね」

 私はボーネをコートの下に抱いて、馬車の待つ門へと歩き出した。

<了>

20101121 600

コメント

召喚呪文を唱えてみましたw
因みにボーネ(bohne)とは豆という意味です。フルネームはクライネ・ボーネ=小さい豆ですね。
マイバッハ家じゃなくて、クーフェンベーカー家にでもしとけば良かったw

そうだ、うずらだったw
ありすちゃんに「女の子になってすぐ、避妊手術を受けさせられる」とか言うネタを思いついたよ、とかメールしたらできた作品です。

ヴァハテル……なーんか聞き覚えがありますね……
そうか、うずら、か。

短編でも上手いですね。流石です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/8181-c5b3f4b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-10