FC2ブログ

Latest Entries

悪魔を呼んでみよう (17)

苦し紛れにさとる抱きしめるという行為を試みたのだが、2分ほどするとさとるの全身の震えが納まってきた。どうやら落ち着きを取り戻しつつあるようだ。テレビドラマも馬鹿には出来ない。
完全に震えが納まったのを確認したので私はさとるに声をかけようかと思ったが、いつの間にかさとるは私の背中に手をまわし抱きついてきた。
その時点でも少し驚いたのだが、続いてさとるは目を閉じて私に身体を預けてきたのには更に驚かされた。
慌ててさとるの顔を見てみると、先ほどとはうって変わって穏やかであり、目を閉じ私の胸に頭を預けているその顔には今までに見た事がない、柔らかいとしか表現できない微笑を浮かべている。その様子はまさしく『少女』としか形容しようがない。
いまのさとる・・・いや彼女は私に完全に身をまかせている状態だ。私を心から信頼してくれているのだろう。

イマ モシモ、カノジョヲ キョゼツシタラ?
マチガイナク カノジョハ アトカタモナク コワレル ダロウ。

・・・うるさい。

コノ ウツクシイ カオガ ゼツボウ イッショク ニ イロドラレルノヲ ミタイダロウ?

・・・やめろ。

コノ オンナ ガ カナシミニ キョウフニ イカリニ ニクシミニ ゼツボウニ イロドラレタ カオヲ ミタイダロウ?

・・・・・・黙れ。

コノ オンナ ガ コワレル ノヲ ミタイ

コノ オンナ ガ コワレテイク ノヲ

ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ
ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ
ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ ミタイ

コノ オンナ ヲ

グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ
クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ クチャ
グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャ グチャグチャ グチャ グチャ



コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ
コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ コワシ

コワシタイィィィィィ!!!!!!

黙れ!
黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ!!

「黙れえぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」

濁りきった心の奥底から響いてくる私の『本性』の声を、『偽り』の私が必死になって否定する。
絶対に、絶対にこいつだけは壊してなるものか。例えこいつに『本性』がばれたとしてもこいつだけは!!

「義一、クン?」

気がつくとさとるが私を見上げていた。その顔には少し不安そうな感情と驚きの感情が混ざって浮かんでいる。
いつの間にか私は絶叫していた様だ。私が声を荒げる事など珍しい、というよりもさとるの前で大声を出した事すらなかった、と思う。驚かせるのも不安がられるのも当然と言えば当然か。恐らく叫んだ内容もさとるには意味不明だったろうし。

「ああ、さとる。大丈夫か?」
「うん、わたしはもう大丈夫・・・だと思う。」

さとるの返答を聞いて、私は表面には出さなかったが内心では驚愕せざる得なかった。いま確かにさとるは自分の事を、『わたし』と口にしたからだ。
口調から考察しただけだが、さとるは自分の意思で自分のことを『わたし』と言い表していると考えられる。すなわち、石塚さとるという人物のアイゼンディティが『俺』から『わたし』に書き換わった事を意味している。
これも推測の域でしかないが、ほんの10分にも満たない前の時間に私と一緒にテレビゲームをしていた『石塚さとる』と、いま私が抱きしめている『石塚さとる』とは外見は同じでも中身は全く異なる存在になっているのではないか。
現に表情だけでなく、雰囲気からしてさっきまでとは全く違う。トイレに入る前のさとるは常に刺刺しい険悪な雰囲気を身にまとっていたが、今のさとるは落ち着いた優しげな雰囲気を醸し出している。
さっきまでのさとるが必死になって拒絶していた何かを、いまのさとる認めて、受け入れた様子が見て取れる。これも推測でしかないが、この数分の間でさとるは今の状況、すなわち自分は女性になった事を受け入れたのではないか。もっとも何故唐突に受け入れられたのか、そして受け入れるきっかけとなる要因が何だったのかは検討もつかないが。

さとるは見上げながら私を見つめている。いや微笑んでいる。その笑みはついさっきまでのどこかシニカルで無理に作り上げていた感じを与える笑みではなく、優しげで柔らかくそして何よりも自然な感じをさせる物だ。
さとるが正気を取り戻した・・・と言うべきかは少し悩む処はなくもないのだが、とりあえず最悪の事態は避けれた様だ。私は彼女を抱きしめていた腕の力を抜いて立ち上がろうとした。
ところが、さとるは私に絡めている腕をはずそうとしない。それどこか逆に更に強く私に抱きついてきた。

「さとる?」
「お願い、もう少しこのままでいさせて。」

私の問いに答えた目の前の少女は、更に強く私に抱きついてきた。
彼女の身長には少し不釣合いな大きさの胸が私の身体に密着し大きく形を変える。肩口まで伸びた緑色がかった髪の毛が私の顔の下で舞い踊り、私の鼻腔に甘い匂いを運んでくる。
正直な話、自制心を常に高める修行をしている私でなければ変な気分になってもおかしくもない状況だ。言っては何だが無防備すぎないですか、お嬢さん。下半身は赤く染まっている下着が辛うじて秘部を隠しているだけの状況だし。
結局な話、体感にしておよそ10分経つまで私にさとるが抱きついている状況が続くのであった。その間、私は自制心を保つのと心の奥に潜む『本性』の声を黙殺する事に精神をすり減らす羽目にあうのであった。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/8192-05d11aaf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08