FC2ブログ

Latest Entries

「分裂譚」  ~ ♂殖栗 玉造シリーズ♀ (2)

テキスト.ありす
挿絵.松園

(2)-------------------------------------------------------

 勝手の良くわからない自分の体に戸惑いながら、少々緊張しながら何とか用を足すと、ほっとひと心地ついた。
 トイレから出て洗った手を手ぬぐいで拭きながら部屋に戻ると、コピーの奴が正座してニコニコしながら待っていた。

「で、どうだった?」
「何が?」
「おしっこしてきたんだろ? 興奮したか?」
「するか!!」

 濡れた手ぬぐいをコピーの顔に叩きつけてやった。

「うぷっ! 乱暴だなぁ。で、どうだ? そろそろその気になってくれたか?」
「まだだ。 っていうか、そんなにがっつくなよ」

 おれは今にも押し倒そうと、手を伸ばしてくるコピーを手で追い払いながら言った。

「じゃ、せめてそのシャツ脱いで見せてくれよ」
「やだよ。この下、裸なんだから」

 裸になったら、力づくでコイツに押し倒されそうだ。

「知ってるよ。だから脱いでくれって言っているんだろ?」
「あん? 何でそんなこと知ってるんだ?」
「さっきトイレから出て、洗濯機にシャツとパンツを放り込んでいただろう?」

 ああ、寝汗で気持ち悪かったから、着替えたんだよ。
 女の体って、デリケートだからな。

「その後、干してあったTシャツしか、着なかったじゃないか」
「覗いていたのかよ!!」

 パンツはどう考えてもすぐに脱げて足をとられそうなので、仕方なくTシャツだけ着たのだ。
 体が小さくなったおかげで、ワンピースみたいに裾が長くなったから、まぁいいかと妥協したのだ。

「かわいいお尻だったなぁ……」
「思い出すな!」
「まだ後ろ姿だけしか、見せてもらっていないんだぞ」
「見せたわけじゃなくて、盗み見したんだろ!」
「だから、な、正面も見せてくれよ! お願い! このとおり! 神様仏様観音様俺様……」

 と、コピーの奴は手をすり合わせ、床に頭をこすりつけながら懇願した。
 そこまで卑屈になるなよ、情けない……。

「し、仕方ないな……」
「おお、見せてくれるか!」
「脱ぐから、ちょっとあっち向いてろ!」
「なんで?」
「恥ずかしいからだよ! 向かないと脱がないぞ!」
「どうせ、もっと恥ずかしい……いえ、ごめんなさい! 素直に従いますぅ」

 握りこぶしを作ってけん制すると、コピーはあわてたように後ろを向いた。
 仕方が無いので、Tシャツの裾をつかんで脱ごうとしたところで、ふと手が止まった。

「あらかじめ言っておくが……」
「なんだよ、まだひっぱるのか?」
「その、おまえ、ちょっとがっかりするかもしれん……」
「なんで?」
「ちょっとな、胸がな……」
「小さいのがか?」
「はっきり言うな! っていうか何でわかった!」
「さっき横チチだけは見たからな。しかし……」
「本当に、お前はもう……」
「「がっかりだ……」」

 ヘンなところでハモるな!!

「おれはせっかくなるなら、もうちょっとこう、なんていうか、むっちりしたのがよかったんだが……」

 Tシャツの上から軽く自分の胸に、手を当てて少し揉んでみた。

「まったくそのとおりだが……あ!」
「ん? どうした?」
「俺のも、小さいのかな?」
「知るか!!」
「勃起しなかったら、ショックだな……」
「多分、分裂したことで、いろいろと足りない分があるのかもしれんなぁ」
「そうだな、気にしないことにしよう……って、うぉっーーーーー!!!!」
「今度は何だ?」
「生えてねぇ……」
「何っ!!?? 見せてみろっ!」
「いやぁっ、変態っー!」
「何いってやがる! って、あるじゃねぇか、粗末なのが」
「自分に向かって言うか? この貧乳」
「何だと?!」
「いや、不毛だからやめよう。生えてねぇってのは毛のことだから……」
「強引だな。って、俺も生えてないや」
「お前それで生えていなかったら、ロ…」
「それ以上言うな。いろいろと問題あるんだから」
「なぁ、お互いこうなったのって……」
「ああ、2級品だから?」
「「はぁ~」」

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


「いいからほら、脱げよ。ヤろうぜ」
「気楽に言うなよ。組み敷かれるのは、おれの方なんだぞ」
「お前が上でもいいけど」
「や、それはなんとなくプライドってものがな……」
「それは俺の方のセリフじゃないのか?」
「あくまでも、お前がしたいから“しかたなく”させてやるという形じゃないと……」
「ヘンなコダワリだな。そもそも怪しい薬を買って飲んだのは、お前だろう?」
「いいじゃねえか、損な役回りなんだから、ちっとは気ぃ使え!」
「なんでもいいよ。それじゃ、オーソドックスにキスから……」

 と、コピーは目を閉じて、顔を近づけてきやがった。
 唇を突き出して目を閉じてくる自分を、改めてアップで見ると……

「ん……。ぷっ! くくく……くわっぁはははははっはは……」
「なんだよ?」
「ぷははははははは、おで、おで、おでこに 、ふふふふぅ~ぷぅふふふふふふっ!」、
「ふ?」
「ふくぅ……、“複”ってぇ、あはははははははははは!!!!!!!!」
「これかぁ? 笑うなよ」
「だって、だってぇえ~~、あっはははははははは!!!」

 駄目だ! 笑いがとまらねぇwwwww
 ひとしきり笑い続け、最後は呼吸困難になりかけて、ようやく止まった。

「落ち着いたか?」
「はぁ、はぁ、はぁ……、まぁ何とか」
「仕方ない、絆創膏あるか?」
「聞かなくても判るだろう、冷蔵庫の一番上だ」
「考えてみたら変なところにしまってあるよな……あった。これか」
「ひんやりするから、貼った時に気持ちいいだろう。何に使うんだ?」
「またお前が笑い出さないように、おでこに貼る」
「じゃ、マジック……」
「上から“肉”とか書くんじゃないだろうな?」
「よくわかったな」
「わからいでか! つーか、それじゃ同じだろ! また笑いが止まらなくなるぞ」
「それもそうだな」
「さっさとヤろうぜ、読んでくれている読者の人だって、いい加減見放したくなるぞ」
「お前は何を言っているんだ?」

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


「じゃ、キスからいくぞ。ちゃんと目を閉じろよ」
「うん、わかった……」

 また吹き出して笑い転げていては先に進めないので、おとなしくコピーの言うとおりに目を閉じた。

 そっと包み込むように抱き寄せられて、頤(おとがい)に手を当てられた。
 頭の後ろを撫でるようにさすられると、緊張して力が入ったまま下を向いた顔が、自然に上向きになって、唇に感触があった。

 キスってこんな感じなんだ……。
 恥ずかしながら、この歳までそんな経験はなかった。
 軽く2,3回、伺うような軽いキスの後、今度はぎゅっと閉じていた唇を割るようにして、舌を入れられた。
 まるでノックするようにして、歯茎や小さな歯を小突かれているうちに、なんとなく緊張感が消え失せ、舌の愛撫を受け入れ、応じてしまっていた。

 気持ちがよかったのだ。
 後で思い出して怖くなるほどに。

 ディープキスとともに、頭や背中を優しく撫でられているうちに、そんな気分になってしまっていたのかもしれない。

 おれはコピーの手が、着ていただぶだぶのTシャツの中に入れられたところで正気を取り戻し、コピーとの体の間に腕を押し込んで、体を離した。

「はぁ、はぁ……」
「なんだよ? これからいいところなのに……」
「……いまのは、ちょっとヤバかった」
「濡れたか?」
「うるさい! お前、なんでそんなにキスがうまいんだよ?」
「この間買った雑誌に書いてあったじゃないか。“女をメロメロにさせる、キスの極意”」
「こっちは女の子初心者なんだから、いきなり高度なテク使うな! 本気になりかけたじゃないか!」
「いや、自分でも不思議だったんだがな……」
「なんだよ」
「なんつーかお前、体ふにふにで柔らかくて、なんか甘いような良い匂いがするんだよ。髪だってサラサラだし」
「は、恥ずかしいこと言うなよ。体が女になっちまったんだから、そ、そんなの当たり前だろう」
「だからさ。女の子とキスしているんだと思うと、なんか、こう……。それに、お前だって抵抗しなかったじゃないか。舌いれても。その気になっていたんだろ。で、濡れたか?」
「な゙っ、う、うるさいっ! とにかく、本気のキスなんかすんな!」

 恥ずかしいが、コピーが言うとおり、“濡れ”ていた。
 あれで感じるんだ。この体……。

「おあずけ食らいたく無いから、本気にさせるつもりで、キスしたんだけどなぁ……」
「お前、自分相手によくできるな、あんなキス。冷静に考えると、ちょっとコワいぞ?」
「いやまぁ、お前は俺をみても自分だと戸惑うかもしれないが、正直俺から見ると“他人”なんだよ、お前は。本来は俺は男だしな」
「う……、それって、ずるいぞ」

02_20110111232525.jpg


 このときのおれは無意識のうちに、少しばかり顔を赤くして、体をかばうようにして縮こまりながら、上目遣いでコピーをにらんでいたのだが、それが余計にコピーを興奮させているなんて、思ってもいなかった。

「お前のほうがずるい!」

 言うなり、コピーの奴はおれにしがみつくように抱きついて、そのまま布団に押し倒された。
 突然の行動に身構えるまもなく、羽交い絞めにされて、まったく身動きできなかった。

「ぐ、ぐるじい……。やめ……、マジで、つぶれる……」

 あらん限りの力で思いっきり手足をばたばたさせると、ようやく解放された。

「す、すまん。痛かったか?」
「けほっ、いきなり……、けほっ、襲い掛かるなよ。死ぬかと思った」
「……俺も、萌え死ぬかと思った」
「自分にかよ……」
「今も言ったろ? 俺にとっちゃ、はっきり言って他人だと。頼むから泣きそうな上目遣いで見つめるな、どうにかなりそうだよ」
「やっぱり不公平だ……」
「“女は男の10倍気持ちイイ”んだろ。たっぷり味合わせてやるから、それでバランスが取れる」
「ううう、仕方ない。でも、やさしくしてくれなかったら、泣いちゃうぞ?」
「はいはい、大丈夫だから安心して」
「どうもさっきっから……。あ」
「今度はなんだ?」
「その、緊張しちゃって……のど渇いたかも」
「……」

 ジト目のコピーが、おれを責める様な表情になる。
 うう、だって……。緊張で喉が渇いてひりひりするんだよ。
 別に焦らしているわけじゃないんだが……。

「お水、くれないの?」

 覚えたばかりの“俺向け❤萌え❤”ポーズをちょっと試してみる。
 涙目じゃなくって、笑顔で。
 溜息をついて立ち上がったコピーは、冷蔵庫からウーロン茶のペットボトルを出した。
 そのまま戻ってこようとして、おれの顔を見てから思い直し、戸棚からコップを取り出した。
 そしてやや乱暴な足取りで戻ってきて、おれの正面にどでん! と胡坐をかいた。
 手を伸ばしてコップを受け取ろうとすると、手で払われた。

「条件がある」
「何?」
「俺はもう正直限界なんだ。今すぐお前を無理矢理にでも押し倒したくてしょうがないのを、すごーーーーーく我慢しているんだぞ。それを忘れないように」
「わ、わかった」
「今度ストップかけたら、泣こうがわめこうが、無理矢理にでも犯すからな!」

 無言でこくこくと2回うなずくと、コピーは剣呑な顔つきでおれを睨んでから、コップにウーロン茶をついで渡してくれた。

「できれば両手でかわいく飲んでくれ」

 それでコピーの機嫌が直るのならと、飲みながらコップを両手で持ち替えなおして、うんうんとうなづいた。かわいく飲んでいるように見えるか良くわからないが、コピーの表情が緩んだのでうまく出来ているんだろう。
 ひと心地ついて、ぷはーとやったら、また睨まれた。
 やべ、オッサン臭かったか?
 しかたない。こっちも雰囲気作りに協力することにしよう。

「ありがと」

 と言って、頬にキスしてやった。
 顔は仏頂面をしているけど、ほっぺたは真っ赤だった。
 あ、なんかかわいいかも。

「まだ飲むのか?」
「ううん。もういい」

 コピーはおれからコップを受け取ると、そのコップにウーロン茶をついで、ぐいっと飲み干した。
 ふと気がついて、できるだけかわいらしく言ってみた。

「コップ……」
「ん? なんだ?」

 コピーは怪訝そうな顔でおれを見た。

「間接キスだね❤」

 にっこりと笑顔で言ってやった。
 コピーの言い草ではないが、さんざん待たせたんだ。
 コレぐらいサービスしてやらないと、本当に乱暴に犯されてしまう。

 だが、そのとたんにコピーは“ぷほっ!”とちょっとむせ、コップを放り投げるようにちゃぶ台の上におくと、本日二度目の強引な押し倒しを食らった。
 やべ、ちょっと効果が強すぎたか?

「く、くるしいよ……」
「す、すまん。だがお前は俺自身なんだからかもしれないが、あんまりツボをつくな」
「ご、ごめん」
「だがその調子で頼む。男の仕草でやられたら、萌えないからな」

 と、口では言いつつも押し付けられているコピーの股間は、かなり硬くなっていた。

「自分で脱ぐか? それとも脱がせて欲しいか?」

 と、コピーが言うので、任せることにした。
 “果物の皮をむくのも……”と、コピーも同じ考えに違いないと思ったからだ。
 くすぐったいのと、恥ずかしいのとを我慢して、されるがままにだぶだぶのTシャツを脱がされてやると、コピーは満足そうにおれの体を眺め、自分も全部脱ぎ捨てた。

「でも、なんだかんだいって、勃ってるんじゃ……」
「お前だって、濡れてんぞ」

 と、いきなり剥き出しのアソコを撫でられた。

「ひゃぅん❤!」
「……」
「って、今の、お……ワタシの声?」
「本当に女の子みたいだった……」
「「(////)…」」
「何でお前まで赤くなっているんだよ」
「いや、それが俺の反応だと思うと、ちょっとな。恥ずかしい声出すなよ……」
「お前だってなってみればわかるよ。出ちゃうんだから、しょうがないだろ」
「壁が薄いんだから、隣に聞こえたらまずい。今度そんな声出したら、口にタオル詰め込むからな」
「いきなりSMプレイかよ」
「陵辱プレイも思いのままって……」
「それは後でな……」
「いいのか?」
「いいから続きしろ! こっちもその気になって合わせているんだから、醒めさせるな! ちっとも気分がでないだろ?」
「まぁ、最初から自分にそんなのは、期待していないが……」
「おれ……。ワタシは……ちょっとだけ期待かな?」
「あん?」
「だって、女の快感は男の10倍って、さっき言ったじゃないか」
「この変態さんめ!」
「きゃん❤!」

 脇をくすぐられて、思わずまた女の子みたいな声が出た。
 やってることはバカップルみたいだが、自分同士だと思うと落ち込むので、開き直ることにしよう。

<つづく>

コメント

後半はエロエロですよん。
でも、抜けないかもw コメディですので……。

ヤバい、ヤバいよ!
ツボにはまりまくりですよ。
ニヤニヤが止まらない!
後、四回これが続くとか、もう萌死ねるかもしれない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/8380-49596c91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-02