FC2ブログ

Latest Entries

「ただいま ♂→♀ 調教中❤」 (7)

(7)----------------------------------------------------

 夕陽がキッチンを紅く照らし出す中、私は夕食の用意をしていた。

 メニューはご主人様のリクエストどおり、カレーにした。インド風の本格カレー。
 野菜と鳥の2種類のカレーに、香辛料をまぶしたサラダ。
 そしてナンを焼いて、ラッシーも作った。
 私が唯一できる、プロ並の料理。
 少し味見をして出来上がりに満足すると、早速ダイニングに食事の準備をする。
 一秒でも早く、この料理をご主人様に食べていただきたかった。

 ナプキンをご主人様の席に綺麗にたたんで置き、食事の準備を終えると、芳しい香辛料の香りに誘われるかのように、ご主人様がダイニングに現れた。
 なんていうグッドタイミング。
 でも、どうしてご主人様は、食事の用意ができたことを知ったのだろう?

 私はメイドだから、ご主人様の側に寄り添うように立って、給仕を務める。
 ご主人様の白くて長い指がナンを千切り、小さな器からカレーソースを少し掬い取って口に運ぶ。
 右手が何も持たずに少し持ち上げられて指を動かされるので、私はナプキンで指についた汚れをふき取る。するとご主人様は、綺麗になった指でラッシーの入ったグラスに手を伸ばす。
 今日のラッシーには、甘酸っぱい香りのするラズベリーソースを、ほんの少しだけ加えた。
 それに気がついたご主人様は、私を振り返り、軽く微笑んでくださった。
 うれしさがこみ上げてきて、ご主人様に抱きつきたくなる気持ちを抑えつつ、サラダのボウルから小皿に一口分のサラダを取って、ご主人様にお渡しする。
 するとご主人様の指が、銀色のサラダフォークに絡められる。
 そして丁寧に小さくカットされた緑色の葉が、ご主人様の紅い唇の間に消えていく。
 音も無くフォークがクロスの上に戻され、再びナンが盛られたバスケットに白い手が伸びる。
 やわらかな果実の皮を両手で剥くように、白くて細い指がゆっくりとした動きでナンを千切り、右手に残ったかけらでカレーをひと掬いする。
 口元に運ばれた白いナンとこげ茶色のカレーのついた塊が、紅く彩られた柔らそうな唇の間に消えていく。
 この時、私はテーブルの上の食器からも目を離さない。
 頭を少し動かして、ちょうど良い角度に目の位置を合わせれば、鏡のように磨かれた銀色の食器のどれかに、ご主人様の唇の間から小さな白い歯やピンク色の舌がのぞくのを、盗み見ることができるのだった。

 給仕の間中、私の視線はご主人様の指と唇、そして時折のぞく白い歯やピンク色の舌に釘付けになる。
 そのどれもが、私に性的な高揚感をもたらしてくれる。
 不完全な体で、ご主人様にご奉仕できない私には、この僅かな時間だけが至福のひと時だった。
 夜のベッドで、あの白くて細長い指と紅い唇、そして小さな白い歯で、自分が食べられることを想像しながら……。

「藍、たれていますよ」
「っ!」

 私はご主人様の言葉にはっとなって、思わず手を口元にやった。

「違います。下ですよ」

 私は濡れていた。
 メイド服の短いスカートからのぞく太股をつたって、ニーソックスにまで愛液を垂らしていた。
 私は下着を付けることを赦されていないから、無意識に反応するカラダの様子がすぐにばれてしまう。

「△@×~#$!!」

 声にならない狼狽した呻きを漏らした私に、ご主人様はこう続けた。

「ナニか、挿入っているのかしら?」

 そう言って獲物を捕らえた豹のように目を光らせた。
 私は慌ててスカートを押さえた。

 そう。さっきご主人様がベッドの上においていったローターを、私は膣に挿れていた。
 ご主人様が私に処方した薬の効果なのか、異物を挿入したままでも痛くなかった。
 でもスイッチを入れたとたんに、それは苦痛に変わったので、とにかくは慣れることが先決だと、そのままにしていた。
 だけどこんなことがばれたら、またご主人様に何かされるかもしれない。

「私は食事中ですよ、藍」
「す、すみませんっ! ご、ご主人様……」
「いいえ、前向きなのはいいことですよ」
「は、はぃ……」

 たぶん、全身の血が頭に集まってしまっているんじゃないだろうか?
 鏡を見なくても判るほどに、私の顔は真っ赤に熱を帯びていた。
 軽いめまいを感じながら、私はご主人様の食事の給仕を続けた。
 今度はあまり、ご主人様の仕草を意識しないようにしながら。

 ご主人様の食事のスピードを完全に把握している私は、バスケットのナンが半分ぐらいになったところで、焼きたての物と交換することができる。
 もちろん、小さな器に盛られたカレーだって、半分になったところで、暖かいものと交換する。
 ご主人様には焼きたてのナンと、冷めかけていない暖かいままのカレーだけを、食べて戴きたいからだ。
 残った半分は、もちろん私が戴く。
 そのころにはカレーも冷めて、ナンも硬くなりかけてしまっているが、ご主人様が手をつけたものと、同じものを口にできるというだけで、それは私にとって極上の一品になるのだ。
 そのささやかな幸福に思いを馳せながら、私はご主人様の給仕を続ける。
 ご主人様がテーブルの上に置かれたティッシュを取り、口の周りを拭かれたら食事終了のサインだ。

「ごちそうさま。直ぐに入浴します。手伝う必要は無いから、その間にあなたも食事を済ませなさい。」
「は、はい、判りました」

 ご主人様は席を立つときにチラッと、私のスカートの中を見透かすような視線を送ってから、ダイニングを後にされた。

「ふぅ~」

 私はようやく緊張を解き、ひとりになったのをいいことに、ちょっとはしたないけれど、足を広げて膣内のローターを抜き取った。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/8533-b3f64a1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08