カウンター
[PR] 広島 美容外科 オフィス家具 買取 あむぁいおかし製作所 個人情報は大切に(ルートA)   by.F  <漫画版製作決定!!・・・かっ!?>
FC2ブログ

Latest Entries

個人情報は大切に(ルートA)   by.F  <漫画版製作決定!!・・・かっ!?>

「なんだ?このサイト?『お望みの個人情報をお譲りします』?」
エロサイトめぐりをしている最中に変なサイトを見つけた。
『お望みの個人情報をお譲りします』という文章以外には検索用の窓があるだけだ。
試しに「女子校生」と打ち込んだところ、画面にずらーっと、女子高生の画像が表示された。
可愛い子もいればそうでない子も居る。試しに、そこそこ可愛い子をクリックすると
「ん?すげー!!」
学校や生年月日等様々な個人情報が表示される。
『清楚な美人 髪の毛は明るい色 学校は○○女子校 1年生 身長は150cm前後』
ワクワクしながら、検索の条件を絞り込んでいく。
条件を追加しながら検索ボタンを押すと、好み通りの女の子の写真が現れた。
その子の写真をクリックして、あることに気がついた。肝心の名前や住所が表示されていない。
「なんだよ。使えねぇなぁ」
そう口にしてすぐにウィンドウの一番下に『この個人情報を入手します』というボタンがあることに気がついた。
迷わず俺はそのボタンをクリックする。すると、『個人情報を貴方に送付致しました』とメッセージが表示される。
「ん?どうやって、送ってくるんだ?メールか?でも、メールアドレスなんて入力してないし……」
冷静になった俺はフィッシング詐欺のニュース等を思い出し、ブラウザを閉じて寝ることにした。

翌朝、玄関の郵便受けを見ると封筒が一つ入っていた。
差出人も宛先も書かれていない。なんだろうと思いながら封筒を破くと、カードが一枚入っていた。
「え?これ、○○女子の学生証?」
しかも、その学生証には昨日画面で見た女の子の写真が印刷されていた。
まじかよと思いながら、氏名を見ると『渡辺清美』と書かれている。
へー?渡辺清美ちゃんっていうのか?偶然にも俺、渡辺清彦と一文字違いだ。住所の方は……
『○○市○○町1-2-3○○アパート302』
え?俺と同じアパートに住んでんの?というか302号室って俺の部屋じゃん!
「なんだよ!作り物ってことじゃねーか!」
偽物の学生証をゴミ箱に放り捨てようとする。
しかし、俺の部屋のポストにこれが投函されていたということは、送り主は俺の住所を知っているということだ。
送り主が金を払えと言ってこないとも言えない以上、しばらくの間保管することにしたほうがいいだろう。
そう考えて玄関に学生証を置いて大学へと向かった。
今日は午前中に一コマだけ講義がある。少し早めに教室につくと、
「よう、キヨヒコ!」と、友人のトシアキに声をかけられた。
「どうしたんだ?浮かない顔して」
「ああ、ちょっとな……」
エロサイトで面倒事に巻き込まれそうとかあんまり人に言いたいものでもない。
「それと、どうしたんだ?その髪。イメチェンか?」
「ん?何のことだ?」
「自分で染めたのか?それとも美容院?」
こいつは何を言ってるんだ?と思いながら、スマートフォンで自分の顔を写してみると、
髪の毛が明るく染め上げられていた。どういうことだ?俺は何もしてないぞ?
「俺も興味あるから今度教えてくれよ」
教授が来たので会話はそこで打ち切られ講義が始まった。
そこで気がついた。新調された様子もないのに机や椅子が妙に高い。何が起きてるんだ?
講義が終わったのと同時にトイレに駆け込む。一体どうなって?
鏡に映る自分の髪を見ると、根元から綺麗に髪の毛が染め上げられていた。まるで地毛のように。
「それに、なんか長くなってないか?」
髪だけではない。顔も何かいつもと違う気がする。
「どうした?腹の調子でも悪いのか?」
トイレから出るとトシアキが心配そうな顔をしながら声をかけてきた。
「腹の調子ではないんだが……」
俺はトシアキの顔を見上げながらそう答えた。
って、おい!?俺とトシアキは大体同じ身長だろ?
むしろ、俺のほうが少し高かったはずだ。それなのに、目線をまっすぐにすると、トシアキの肩ぐらいの位置にくる。
俺、縮んでる!?まさか?あり得ないことが次々と起こったせいで、頭がクラっとしてふらついてしまう。
「おい、大丈夫か?何があったか知らないが、今日のところはゆっくりしておけよ」
「ああ、すまん」
調子がすぐれないので、トシアキの通学用の車で家まで送ってもらうことにした。
「せっかくだから寄って行けよ。ジュースと菓子ぐらいならあるぞ」
そう言って、俺はトシアキを家に招き入れた。
「ん?なんだこれ?」
家に入ろうとするトシアキが例の作り物の学生証を見つけた。
「ああ、それは……」
正直に話そうか、適当にごまかそうかどうしようか……

[ルートA: 説明する]

仕方が無いので、事の顛末をかいつまんで説明した。
「ふーん。作り物なのか、それにしてもよく出来てるな」
「まーな」
「ところで、今気づいたんだけど、この娘、お前に似てないか?」
「どこがだよ?」
「ほら、この髪とか」
「髪だけで似てるってお前の目はおかしいんじゃないのか?」
「いや、それだけじゃなくて、ほら。目とか、鼻とか」
部屋の姿見に映る自分の顔と写真の女の子の顔を見比べてみる。
「あれ……?」
言われてみれば、確かによく似ている。ただ、どう見ても鏡に映る俺の顔がいつもの俺の顔じゃない。
「もう少し顔が小顔で、髪がこれぐらい長ければ」
その言葉と同時に、鏡に映る自分の顔が作りを換えていく。目が大きく、鼻と輪郭は小さく。既に白くなっていた肌が透き通るように白く。
そして、朝起きたときはショートヘアだった髪が、みるみるうちに肩まで届く長さに伸びていく。
俺はその様子を呆然と眺めていた。
変化が止まり、ようやく声を上げる。
「お、俺、その女の子になっちゃった……」
その言葉に俺と同じく呆然としていたトシアキが口を開く。
「いや、待て。この子、そんなに身長高くなさそうだろ?それに、まだ体の方は男なんだろ?」
「ちょっ……」
嫌な予感がしてトシアキの台詞を途中で止めようとしたが時既に遅し。今度は身長が縮んでいく。
身長だけじゃない。体全体が華奢になっていく。体の重心が変わっていく。胸と尻が膨らんでいく。
そして……
「くぅっ……」
股間が痛い。睾丸が体の中に入っていくような感覚と腹のあたりがかき混ぜられるような感覚に襲われる。
「はぁっはぁっ……」
変化が終わり、鏡に映る俺はどう見ても写真の女の子そのものだった。
「おい……黙ってその学生証を返せ」
俺のその言葉に、トシアキも気がついたようだ。
トシアキが学生証を持ちながら『清美』について口にすると、俺が清美に変化する。
飛びかかろうとする勢いの俺に対し、トシアキが口を開いた。
「まぁ、待てよ。俺からこのカードを取り返そうなんて無茶はいけないぞ。
 清美ちゃんはどう見ても、暴力なんて振るったこともないし、ハシより重いものを持ったことがないってぐらい力もなさそうじゃん」
「うるさい!黙れ!返せ!」
ポカポカとトシアキの胸板を殴る。しかし、全然効果が無いどころか、数発なぐっただけで自分の腕が痛くなってしまった。
「おいおい。清美ちゃんはもっと女子高生らしい声で可愛らしい言葉づかいをするはずだぜ?
 あと、そんなダボッとした男のもの服じゃなくて、俺と会うときは○○女子の制服を着て可愛らしい格好をしているはずだし」
「なっ……!?」
ずきっと頭痛が走る。
それと同時に、着ていた服が消え涼しげな○○女子の夏服が現れる。
髪もひとりでに編み上げられ、綺麗にまとめられていく。
ふわっと化粧品の甘い香りが漂う。
「お願いだから、返してよぉ」
俺の口から紡がれた声は、とても可愛らしいものに変わってしまっていた。
トシアキは、いやらしい笑みを浮かべながら言う。
「そうだなぁ。言う事を聞くなら返してやってもいいぞ?」
「何すればいいのよ?」
「そうだな。まずは……その可愛らしい口でフェラでもしてもらおうかな」
「ふざけないでよ!なんで、あたしが!」
「そうは言っても、見ろよこのくちびる。『ちんぽをしゃぶるのが大好きです』って書いているようなエロいくちびるだぜ?」
くちびるが艶っぽく膨らむ。
「それに、清美ちゃんは毎日毎日俺のちんぽがしゃぶりたいって、ねだってくるんだから今更嫌がることでもないだろ」
何言ってんだ?こいつは。確かにトシアキのちんぽはおいしいけど……っ!!!そうじゃないっ!
「しょうがないわね。これ以上変なことを言われちゃ困るもん」
そう、しょうがないんだ。自分にそう言い聞かせ、ベッドにこしかけたトシアキのズボンをずらす。
つーんっと、雄の臭いが鼻を刺す。すでに膨らんだトシアキの竿を小さな手で握る。
ぐにっとした感触と熱が手のひらに伝わる。
手を上下にさすると、だんだんと固さを増していく。
口で咥え込んだらのど元にまで達しそうな大きな竿を見ていると、何故だかとても美味しそうに見える。
……けど……だけれど!
「ね、ねぇ、ほんとにお口でしなきゃだめ?」
そう上目遣いで尋ねてもトシアキはニヤニヤしているだけだ。
「んっ」
覚悟を決めた俺は大きく固くなった竿を口にほうばる。しょっぱくて、弾力のあるソレは癖になりそうで……
「んふっ」
口全体を使ってちんぽをくわえ込む。空気を吸い込んで口をすぼめながら、舌でカリの周りを舐めつくす。
やばい。なんだか楽しい。手で袋を刺激するとトシアキは気持ちよさそうに声を上げる。
口元からじゅるじゅるといやらしい音が聞こえる。
「そろそろ、出すぞ」
ちょっと待てと思ったものの声とほぼ同時にドクドクと生暖かい液体で口の中が満たされる。苦い……だけど……
口の中の精液をゴクンッと飲み干し、
「んっ。おいひぃ」
俺は無心で口から漏れた分を舐めとった。
「ふぅ……」
トシアキが息を漏らす。
そして、俺も一息ついた途端に頭がまともに働きだした。
「あたしになんて事させんのよ!さぁ、言うこと聞いたんだから、さっさとその学生証返しなさいよ!」
「待てよ。これで終わりだなんて言ってないぞ」
「そ……そんなぁ!」
「そうだなぁ……次はパイズリでもしてもらおうかな」
「ふざけんじゃないわよ!フェラぐらいならともかく、パイズリなんて!だいたい、この胸でパイズリなんてできないわよ!」
俺はスレンダーな女の子が好みだから、昨日あのサイトで選んだ女の子の胸も小ぶり。
だから、今の俺の胸にあるおっぱいもAカップしかない。
「何言ってんだよ。着痩せするタイプだからこの写真だとわかりづらいけど、清美ちゃんの胸はパイズリなんて余裕だろ?」
「ちょ……ちょっとぉ!」
トシアキのその言葉をきっかけに、胸が風船の様に膨らみだす。
「そうだな。最近俺が毎日揉んでやってるから、ますますでかくなってきたよな」
制服の胸のあたりが盛り上がり、ブラ紐の食い込みがきつくなる。
「Gカップぐらいあるんじゃないか?」
その言葉とともに膨らむ速さが勢いを増し、ブラウスの胸のボタンが弾けそうに……

002_2013082323042457b.jpg
挿絵:四葉チカ

「く、苦しいよぉ……」
そう呟くと、胸の締め付けが突然緩くなる。
どうやら胸のサイズにあわせてブラウスのサイズもワンサイズ大きくなったようだ。
「何てことすんのよぉ!」
抗議の声を上げると胸元がたゆんとゆれた。
「さぁ、清美ちゃん。いつもどおりパイズリしてくれよ。フェラよりパイズリの方が好きだろ?」
まぁ、フェラチオなんてしてしまったんだから、パイズリしてもどうってことないか。
観念した俺は胸元のボタンを外す。
ぷるんっとピンクのブラに包まれたおっぱいが揺れる。
「すっげぇ」
何がすげぇだよ。お前のせいだろ。
背中に手を回してホックを外すと『タプン』と音でもしそうな感じでハリのあるおっぱいがこぼれでる。
目線を下に動かすと、真っ白い膨らみの先っぽで綺麗なピンクの乳首が立っている。
トシアキの上にまたがって、竿をはさみ込むように手で膨らみを支える。
俺の唾液と精液でぬらぬらした竿をこするように手を動かす。
「んっ」
ちんぽのいい匂いと、ゆさゆさと揺れる胸の谷間からの刺激が気持ちよく思わず声が漏れる。
そっと指で自分の乳首を刺激すると、
「あんっ♪」
やっぱり、パイズリって気持ちいいっ!
ちゅぱちゅぱ……
舌で鬼頭の先を刺激すると竿が先ほどの硬さを取り戻してきた。
それじゃぁ、いただきま〜す♪ちんぽを口にくわえようとすると……
「そろそろ、いいかな……」
「えっ……」
そう言って、トシアキは体を起こしながら、俺の体を押し俺の行為を中断させた。
俺は、思わずお気に入りの玩具を取られた子供のような顔をして、
「な……なんで止めるの?」
と尋ねる。
「前戯はこれぐらいにしとかないとな」
『前戯は』ってことはまさか……
「清美ちゃんのあそこはもうぬれぬれだから大丈夫だよね」
「そんなわけっ!」
トシアキの言葉に注意が自分のあそこに行く。
学生証の力なのか、今まで感じていたせいなのか。じっとりと湿っているのを感じる。
「そうか。まだ準備が出来ていないか。それじゃぁ、今度は俺が清美ちゃんを気持ちよくさせてやるよ」
そう言って右手で俺の胸をわしづかみにする。
「うおっ、柔らけぇ!」
「う、うぐっ!痛いって!やめてよぉ!」
「どうしたんだよ。清美ちゃんは俺に胸を強く揉まれるの大好きだろ?」
ポケットから学生証を取り出して笑いながら言う。
その言葉とともに、おっぱいの痛みが甘く切ない刺激へと変わる。
「ひっ!いやぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
何だこれ!?自分で胸を触っていたときと比べて何倍もの快感が襲う。
「特に……こうやって乳首を強くつねられるのが大好きじゃないか」
そう言って、人差し指と親指で俺のピンクの突起をぐにゅっとつねる。
「ひ……あ……ああっ……」
快感で涙と唾液がだらしなくしたたり落ちる。
「こうすると、どうだ?」
今度は両手を使ってカチコチに固くなった両方の乳首を攻める。
「……やあっ……あんっ!らめぇぇぇっ!」
頭の……中が……白く……
「そろそろ、いいかな……」
トシアキは、ぽんっと肩を押し、俺を倒すと、
「もうぐちょぐちょだな」
そう言ってショーツに手をかける。
「いやぁ……」
感じてるのがばれたらからなのか。とっても恥ずかしい。足を広げ、ショーツを横にやり、
「それじゃぁ、入れるよ」
「待って……あたし、処女なのにぃ……」
童貞と言おうとしたのだが、勝手に言葉が変換される。
男として経験するより先に女としてエッチするなんて!
「処女?清美ちゃんが?」
トシアキは鼻で笑いながら続ける。
「確かに、この写真をとった時の清美ちゃんは処女だったけどさ。俺と出会ってこの数ヶ月間、毎日のように愛し合ってきたじゃないか」
と、学生証を見せながら言う。
そんなわけがあるか!と思うものの、トシアキに貫かれる自分が頭に浮かんで、ますますあそこがじんじんする。
そして、トシアキはイチモツを俺のあそこにあてがい……
「ま、待って!」
俺の言葉を無視して、一気に竿を挿入してきた。
「んあっ」
愛液で濡れているからか、あるいはこの体が何十回いや何百回とトシアキのイチモツを受け入れているからか痛みはない。
だが、俺自身は大きな異物が体内に挿入されるのは当然初めてなわけで……
「やらぁ、抜いてよぉ」
俺のその言葉にトシアキはニヤニヤしながら。ゆっくり腰を引く。
「あんっ」
ちんぽとあそこのこすれ合う感覚が頭に突き刺さるぐらいに気持ちいい。
そして、今度は速めに腰を前に押し出して腰を振る。
体の動きに合わせて胸がぶるんぶるんと揺れる。
「あんっあんっ」
大きな嬌声を上げてしまう。なにこれ、気持よすぎるっ!
足でトシアキの体をはさみ、腕を首に回す。乳首と胸板がこすれる感覚と電撃の様な快感が走る。
「それじゃぁ、出すよ」
トシアキの言葉に俺は黙ってうなずく。瞬間、お腹の中に暖かいものが広がる。俺、男なのに、中出しされちゃった……

「それじゃぁ、学生証を返してやろうか」
ベッドに力なく横たわる俺にトシアキが言う。そうだ、早く男に戻るんだ……
「返す前に一つ聞きたいんだが、この学生証どうやって手に入れたんだっけ?」
「言ったでしょ?ネットを見てたら……」
「ん?お前がネットを?本当かな?清美ちゃんは、機械音痴で最近ようやくメールが出来るようになったぐらいだし、
この間なんかは『一生パソコンなんて買わないし、ネットも見ない』って言ってたような」
ずきっと頭痛が走る。トシアキは何を言ってるんだろう。
確かに、あたしは電気機器とか全般的に苦手。
ケータイは未だにメールと電話しかできないキッズケータイを使っていて、いい加減買い換えなよって、よく笑われる。
パソコンだって当然持っていない。
この間ネットを使う課題が学校で出された時には、トシアキに泣きついてなんとか誤摩化した。
便利なのは分かるんだけれど、パソコンとかネットは使いたくない。
けれど、パソコンとかネットと、あたしの学生証に何の関係があるって言うのよ?
「いいから、あたしの学生証返してよぉ」
あたしのその台詞を聞くとトシアキはニヤッと笑みを浮かべながら再度質問してきた。
「清美のこの学生証の写真、いつ撮ったんだ?」
「そんなの入学式の時に決まってるでしょ!」
「ふーん、やっぱりそうなったか……」
そう言って、学生証の写真とあたしをジロジロと見比べる。
トシアキの視線の先に気がついて、さっと腕で胸を隠す。
「もー!どこ見てるのよ!このおっぱいフェチ!」
「いやー、数ヶ月でよく育ったなぁと。今、Hカップなんだよな?」
「そ……そこまで大きくなってないもん!」
春先にトシアキと付き合い出してからバストもますますサイズアップして、最近新しくGカップのブラを買ったところだ。
恋をすると女性ホルモンがよく出るようになって、おっぱいが大きくなるというのはどうも本当みたい。
でも、4月の時点でもあたしのバストは充分大きくて、男の人の視線が恥ずかしくてたまらなかった。
だから、あの写真を撮った時にはバストが出来るだけ小さく見えるブラを着けていたってだけ。
そんな乙女心も分からないで……
あたしはぷぅっと頬を膨らます。
トシアキは、そんなあたしのおっぱいをしばらく見つめた後、
「そうだよな。おっぱいが急に大きくなったりするなんてことはあり得ないよな」
そう言って、勝ち誇ったような笑みを浮かべながら学生証を差し出した。
全く。トシアキってあたしより5つも年上の大人なのに、たまに子供みたいないたずらをする。
これだから、男って……
「何がそんなに嬉しいの?」
「清美みたいな可愛い彼女が出来たことを喜んでるんだよ」
「な、何いってんのよ?あたし達付き合ってもう4ヶ月でしょ?」
口ではそう言うもののとっても嬉しくなっちゃう。
「ああ、そうだったな……」
「そんなことより……ねぇ、もう一回、シよ?」
恥ずかしそうな笑みを浮かべて、あたしは大好きなカレシに甘く囁いた。 初出20130823?

コメント

作家さんの返事ありがとうございます。
荒らすつもりはないので、コメント内容は自削します。

盗作と言うショッキングな単語に、緊張して Fake ID を読んで確認しましたが、これはまったくの無問題ですね。

スパムよけのため、アドレスを表す文字列が禁止ワードに設定されているようです。
また、一部の英語について(ゲームなど)もスパム判定されるようなので、
適宜半角スペースを入れてスパム判定を回避しています。

goo.gl/5s8UVL

ご指摘の通り、
・謎の学生証が主人公に届く
・学生証の姿に主人公が変化していく
・友人の言葉に沿って主人公の姿や言葉使いが変化する
などの点において、設定の同一性やプロットの類似性が存在することは確かです。
漫画版が違法転載された海外のスレッドでも同様のことが指摘されており、
当該スレッドを読んだ人によって「アイデアをぱくられた」という旨の書き込みが
"Fake ID"の感想掲示板にも記載されています。

ですが、このSSを書いた段階(2012年2月頃)では、
"Fake ID"(2011年7月発表)は読んではいませんでした。
その後(漫画化の前)、"Fake ID"を読んで、
設定やプロットの一部が「似てるなー」とは思いました。

なお、身分証の姿に、容姿が変化するというアイデアは
TF Ga mes Siteの"missadventure at the mall"に影響されたものです。
(こちらでは、運転免許証の写真と実際の姿が連動して変化する)
"Fake ID"から剽窃したものではありません。
また、他の影響元としては、「妖精配達カタログ」があります。

本当に素晴らしい作品、イラストですね

徐々に浸食されていっているのがたまりません

AXさん>掲載に関しては全く問題が無いと判断しております。
ご指摘の例示は当ケースからは的外れかと。

おかしメーカーについては一生懸命作ったのですが一旦リンクは外しました。

この記事は一旦保留したほうがいいのでは
同時に2つの小説賞に応募した作品がどっちも賞を取っちゃった場合の出版社の対応を考えてみてください。
大げさとか利益目的ではないから大丈夫とかそういう問題ではないと思います。

ps 関係ないですが、たまたまクリックした「おかしメーカー」のページが酷いことに…

参考にさせていただきます。

なにがなんだか分からないけど。
あむぁいさんの小説が読めて良かった。
はじめの切り出しうまいですね。

誘導されて来た皆様>
あまり適切でない誘導があったようで、不愉快になられた方がおられたら申し訳ありません。大きな心で見逃して頂いた皆様、ありがとうございます。
今後は再発防止に努め、より良い運営ができますように精進致します。

これが今流行りのステルスマーケティングってやつ?

支援所からきました
素晴らしいアクセス稼ぎですね^^

まぁ、どちらかは判らないけど、そうまでしてアクセス数を上げたいのか、と。

アダルトTSF支援所から来ました
誘導お疲れ様です^^

誘導成功おめでとうございます^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/9668-d380c10b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2017-06