カウンター
[PR] 広島 美容外科 オフィス家具 買取 あむぁいおかし製作所 性の揺らぎを題材にした作品紹介
FC2ブログ

Latest Entries

告ったら、俺は「女」になっていた。

2016Q3おかし製作所DMM販売数58位

告ったら、俺は「女」になっていた。 DMM版
告ったら、俺は「女」になっていた。 Dlsitecom版

告ったら、俺は「女」になっていた。

理不尽少女~タイムリープセックス~

売れてます!
理不尽少女~タイムリープセックス~

理不尽少女~タイムリープセックス~

女体化聖騎士セレス 甘美で危うい魔王暗殺計画

売れてます!
女体化聖騎士セレス 甘美で危うい魔王暗殺計画

女体化聖騎士セレス 甘美で危うい魔王暗殺計画

げへへ…女の子の体を乗っ取ったぜ!【フルカラー】 DMM50%オフ と オヤジ⇔優等女学生~取り替えて蹴落として~

ごりぽんさんのご指摘で並べてみた。

げへへ…女の子の体を乗っ取ったぜ!【フルカラー】 DMM版
げへへ…女の子の体を乗っ取ったぜ!【フルカラー】 DLsitecom版

げへへ…女の子の体を乗っ取ったぜ!【フルカラー】

オヤジ⇔優等女学生~取り替えて蹴落として~ DMM版

オヤジ⇔優等女学生~取り替えて蹴落として~

れんちゃんのおっぱい

れんちゃんのおっぱい

れんちゃんのおっぱい

彷徨の洋館(夢幻館 愛に死すさんと栗餅さん挿絵の新刊) ※レビュー追加 さらにレビュー追加

2016Q3おかし製作所DMM販売数55位
2016Q2おかし製作所DMM販売数50位

彷徨の洋館 DMM版
彷徨の洋館 DLsitecom版

uosaoさんにレビュー頂きました!

「 とある理由で洋館に泊めてもらうことになった男たちが、館の主によって指示された役割そのものに変貌していくという…と書くとホラーチックな感じに思えますが、そういった要素は薄く、話自体はエロ方面に振られています。男→女の変化後だけでなく、変化途中にもきちんと話が割り振られているのはかなりポイント高いです。変化の早さの違いによる心情の変化なんかも入っております。多少セリフが説明的なのは、複数人の描写を頑張ろうとした苦肉の策でしょうか。ちなみに、読み直すとちょっとだけ楽しめる要素が増える…気も個人的にはします。」

starさんからもレビュー頂きました!

「緻密でスローな肉体精神変化ものを得意とされる愛に死すさんの作品です。仲良しグループ5名の集団変化(内4名が女体化)
それも4名の女体化もそれぞれ違う属性のキャラクターへの変化と意欲的な取り組みでまずその点を評価します。また小説的にもプロローグが最終的に伏線として回収される構造になっており感心しました。若干表現にねちっこさがあってその点は難点ですが、逆にこういうスローな変化ものには合っているとも言えます。栗餅さんの挿絵やキャラ設定表もいいところで過不足なく挿入されおりその点も評価してます。」

アネ゛デパミ゛さんからレビュー頂きました!

「ジャンルとしては変身、現実改変といった所。
山の洋館を訪れた主人公一行は、少女の主の勧めで館に滞在することとなり、
泊まっているうちに徐々に周りの友人たちが無意識の内に立場(メイドだったり犬娘だったり)を歪められ、主人公だけがそれを認識出来る展開は非常に好みです。
(ただ主人公も、無意識の内に性欲といった部分も弄られていたようですが。)
序盤に出てきた少女との繋がりや、最後の主人公の内心描写はTSFとは無関係ですが個人的に共感出来ました。

ただ一つ言いますと登場人物の台詞回しが若干クドいのが気になります。
やたら説明口調な喘ぎ声など、地の文に言わせたりしておけばいい部分をわざわざ言わせてあったりした点は改善を要するかなと。」

彷徨の洋館

【VR】レズ女子校生の日常 田中みゆき

【VR】レズ女子校生の日常 田中みゆき DMM版

レズ女子校生の日常 田中みゆき

【DL販売TSF小説】性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~ ② 

性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~ DMM版はこちらから
性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~ DLsitecom版はこちらから

性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~

作:kagami0235
絵:佐野昭様

サンプル②

(こっ、これ!?……やっぱり夢なのか……でもっ)
超常現象を目の当たりにして、眼前の淫らな情事は夢なのではないか、と思い込む。
今は恋人もなく、性欲を溜め込む自分が見た、恥ずかしい淫夢なのだ、と。
「あっ……澪――さん」
その証拠なのか。
何時の間にか服が消失し……剥き出しとなった男の体に。
「うふふ。どうしたの……ほら。頑張って妹を奪った女を倒しなさいよ。さっきまで握り締めていた拳は……どこにいったのかしら?」
麗しき美女の尻が、ぺたんと腹部に押し当てられる。
柔らかな肌、ムチムチの尻肉の弾力の心地よさに、息が漏れ掛けた。
(あっ、ああ!澪――さん。綺麗だァ!)
夢の中でも、悪夢の中でも、彼女は美しい。
揺れ弾む巨乳。
張りのある臀部。
細く括れた腰と、チャーミングなお臍。
完成された大人の色香に触れて、武司の体は歓喜に震える。
「……な、何が……どうなって。おわっ……さ、沙織!?」
剥き出しになった男の体。その股間部。
乱れた澪の痴態を見せつけられて、柔らかな肌を擦り当てられて――。
男として当然の如く勃起した牡肉棒を、最愛の妹が握り締めた。
「武司……兄さんの……おちんちんが……くすっ。すごく元気に暴れてる。……あははっ。私の手の中で……すっごく熱くなってるよ!」
「うあッ……ああっ。待って……やめ――」
夢であっても許されない禁断の行為。
けれども、生々しいほど暖かい手の感触に、男根には熱い疼きが張り詰め、びくんっ、と根元が跳ねた。
「はぁ、はぁあ……あ、ぁああ!」
しかも、絶妙な指の蠢きで、ぎゅう、ぎゅう、と肉幹が絞られる。
「どう妹の――沙織ちゃんのテクニックは?これでも……まだ彼女は子供なのかしら?」
「澪さんに、たっぷりと教えられたから。くすっ。武司兄さん……気持ちいいでしょ?」
「くぅ――ッ、はぁ!」
妹の手に性器を扱かれる背徳感に、焦りは募るばかり。
だが、それ以上に肉幹を下から上へと擦る手の動かし方が、蠱惑的過ぎて。
(さ、沙織――だめだぁ!あ、ああ!!)
亀頭の鈴口からカウパー液を滲み垂らし、息詰まらせながら、身動きもままならない状態で腰を突き上げる。
まるで妹の膣内<ナカ>に、己が勃起肉を差し入れたいような動きであった。
「や、やめろ!やめなさいッ!沙織――ひぃい!」
怒号が、間抜けな悲鳴に塗り潰される。
小さく、愛らしい可憐な唇が、ちゅぷり、ちゅぷり、と敏感な勃起先端を吸い上げた。
(ああっ、っっ。気持ち……イイッ!)
理性の警告も意味を成さず、脳裏が喜悦に満たされる。
淫欲を溜め込んでいた彼の体は……あまりにも肉欲に素直であった。
妹の手と唇に扱かれる――淫らで爛れた悦感に、牡肉棒は切迫的な疼きを高め、先走りの汁を噴き零す。
「んんっ、くぷっ。んんっ……れろ、んほっ……たけひぃ、ほ!武司……兄さん……おちっ、んぽ!おしっ、しいぃぃ!」
沙織の甘く濡れた喘ぎが溢れ、生暖かい吐息と舌先が、肉幹の裏側を刺激する。
切ない快感がさらに煽られて、びくん、びくん、と勃起肉は踊りくねる。
「――くぅ!さ、沙織ィ!や、やめなさい!やめるんだ!!」
肉体の欲望を必死に抑え込もうとするが、股間の充血は勢いを増していく。
むしろ……あの清楚で愛らしい妹が、普段の姿では想像できないほど淫靡な痴態を晒している事実に、倒錯の興奮を覚え、武司は鼻孔を膨らませた。
「んんっ……たけひほおっ、兄さん。沙織の舌っ、お口にぃ!出してぇ!武司、にぃ、さンンっ……れろっ、れろ!精子っ。沙織……食べたいぃ!」
「な、なんてことを――言うんだ!?い、嫌だ!こ、こらっ……いい加減に怒るぞ!ボクたちは……兄妹なんだから!こんなの……おかしいィ!」
大切な妹の味蕾にカウパー液の生臭さを染み込ませながら、必死に良識を訴える。
「……んっ、んん!うふふっ……そんなの愛の前じゃ……いい訳にならない。
……って澪さんが言っていたんだから!!武司兄さん……素直になってぇ!」
「あ、ああ!澪さん……が?そ、そんなことを――う、うう!いや、でも。
ボクは沙織のお兄ちゃんで。沙織はボクの妹で……はぅうう!」
碌に兄妹喧嘩もしたことがない。
だから、これが初めての沙織の反抗だったかもしれない。
(ぐわぁ。くふぅ、はぁああ――だめぇ、なのにぃぃ!!)
くちゅ、ぐちゅる、ちゅぱちゅぱ、ずちゅぅぅぅ!!
鼻の下を伸ばし、頬を窄ませ、強烈な吸引を巻き起こす妹。
逞しい勃起肉が、妖しく打ち震わされた。
暖かい口粘膜と共に、舌先が激しく鈴口を舐め抉る。
(ああ!あああッ!くふぅぅ!!)
腰が勝手にくねり上がり、妹の口腔に濃厚な先走り汁を吐き出しつつ、充血の肉幹が大きく膨れ上がった。
灼熱の焦燥感と、背徳の悦びを交えた肉欲の疼き。
理性と、欲望が主導権を奪い合うように――ガクガクと全身が戦慄いた。
そして。
「はぁ、はぁあ……よっ、良かったぁ……!」
弱弱しい吐息の中、安堵の呟きが紛れ込んだ。
沙織の淫らな口淫に絶頂寸前まで追い詰められたものの――。
武司は、兄としての威厳を守り抜いたのだ。
「……武司……兄さんの馬鹿……ひどぃ、ひどい」
ひとりの"女"として、自信と誇りをズタズタにされた少女が涙を浮かべた。
「本当に――酷いお兄さんね。沙織ちゃん」
一転して弱弱しくなった沙織の頭を撫で、よし、よし、と澪が慰める。
「こんなにも妹の気持ちが分からない。ダメダメなお兄さんは……私が懲らしめてあげるから。だから……そこで見て居なさい……沙織ちゃん」
「はい。澪さん」
兄の知らぬところで、沙織と澪は絆を作っていた。
まるで本当の姉妹のように微笑みを交わし……そして――。
「うわっ、何を……」
ぷるん、たぷるん。
揺れ弾む瑞々しい巨乳房が、胸板へと当たる。
形を歪め、躍動するおっぱい。
その蠱惑の光景と、肌に伝わる暖かさに、息を飲むのも忘れかけた。
「み、澪――さんっ!」
憧れの、想い人の艶美な肢体。
こんな近くに……と感動にも似た悦びを覚え、武司は震えた。
疼き捲る肉鏃が、さらに激しく反り返る。
(なんて……エッチな匂いだァ!……やばい!興奮するゥ!!)
濡れ茹るおっぱいを中心に汗が甘ったるく蒸発して、理性が痺れてしまう香りが、満面に迫って来る。
鼻孔を真ん丸に膨らませて、荒い息を繰り返す。
……と。
「武司さん……私ならどう?この体なら……抱いて貰えるのかしら?」
巨乳房を撓わに弾み拉げながら、澪が尋ねる。
ごくりっ……。
深まる乳谷間を凝視しながら、固唾を呑み込む。
「私、武司さんに抱かれたいなぁ。一回だけなら。――ねぇ。いいでしょ?
あなたのおちんぽを、私のココに……女の穴に入れても……いいでしょ?」
「あっ、ああ。……澪さん」
憧れの人からの、熱烈な誘惑 。
拒める男がいるのだろうか。
柔らかく熟した美唇から放たれる言葉のひとつひとつに理性が狂わされて。
「ボクも……澪さんとなら……ああ!澪さんと……セックスしたいですぅ!」
欲望のままに、叫んだ。
熱に乱された吐息が混じり、興奮が隠し切れない。
「……武司兄さん。……ひどい。最低っ!」
「いいの?本当に?大切な妹の前なのに、しちゃうの?私と、セックスを。……とんだ変態ね、あなた!!」
「あいっ、いや。それは……けど……ああ!……我慢なんてぇ!」
理性も、知性も、ぐちゃぐちゃだ。
沙織はどこか寂しそうに、悲しそうに、兄を見下ろしていた。
申し訳ない――兄として恥ずかしいばかりだ――とは思う。
(……ごめん。ごめんよぉぉ!)
けれども、澪の吐息が、澪の肢体が、武司を『男』へと駆り立てるのだ。
「澪さん……セックス!おっ、願いだァ!セックス……させてくれぇ!!」
「あはは。言っちゃったね……武司さん。妹の前で、盛ったオス猿みたいに!何時も何時も、私のカラダで欲情しちゃっていたのかしら!この変態ッ!!」
「んっ、んん!」
美女の唇と舌が、激しく武司の口内粘膜を掻き乱す。
ジンジンと甘く痺れるキス。ますます理性が霞む。
「いいこと、変態さん。あなたは、もう”兄”失格よ!妹の前で女に襲われて、セックスを望むあなたは――もう"男"ですらないわぁ!!さぁ、その阿保のように開いた口で、自分の愚かさを 言いなさい!!変態クズ野郎ゥ!」
「くひぃ……あふぅ!待って……それは――くふぁ……はぁ、ぅうう!」
唇は吸い上げられて、舌と舌は擦れ合い、何時しか互いの唾液を貪るように啜っている。
全身の発熱が勢いを増して、額や脇下、そして胸板からも汗が噴き出す。
(もう!いいや!どうせ――夢なんだからっ!)
半透明汁が亀頭から溢れ返り、ぬらぬらと濡れ火照る牡肉棒が、びくん、びくん、と跳躍。
早く、早く……眼前の女を犯したくて仕方がない。
本能の昂ぶりに、兄としての意識が呑まれて消えた。
「わっ、分かった!認める……認めるからぁ!」
「――認めたわね。それじゃあ……味わいなさい!兄としての――いいえ!男としての最後のセックス快感をォォ!!」
「武司兄さん――馬鹿っ。ばかばかっ……最低っ!」
最愛の妹が、侮蔑の眼差しを投げつける最中――。
ずぶ、ずぶぶ、ぬじゅぶっ!
「おっ、おお!これが……澪さんの……膣内<ナカ>。き、気持ちいい!!」
妖しく大胆にくねる細い腰が、武司の股間へと降り落ちる。
濃密に重なり合った股間。
淫らな肉音を響かせながら、彼の勃起肉が、澪の陰唇を掻き乱す。
「暖かい!それに……ぬるぬる過ぎてぇ!気持ち、よすぎるぅ!!」
妹の前であっても構いはしない。
厳しい社会生活で溜まりに溜まった肉欲が爆発し――無我夢中で、武司は腰を振り上げる。
「あ、ん。あふぅ……意外と大きいのね。平均サイズ……よりは上かしら?
うふふ……さあ!いいのよ、もっと澪のまんこを!女まんこを……掻き混ぜてぇ!あなたが味わう最後の……ちんこでおまんこを突くっ、感覚なんだからぁあ!!」
「う、うおおお!澪――さんっ、っ!!」
彼女の許しが出たからなのか。
床へと沈んだ体が僅かに上昇。
自由になった腕を使い、桃型の臀部を鷲掴みにすると、さらに激しく腰を振り、女体の奥へと肉鏃を叩き込む。
「んふぅ、ふぁあ!いいの……もっと!もっと……思う存分に!私の……澪の体を!!イジメてぇ!そして……あふぅぅ!私の体に溺れなさいっ!!」
濡れ火照る牝壺を刺激されて、甘く濡れた喘ぎを振り撒きつつ、淫靡に腰を捩じる澪。
膣襞がぎゅっと引き締まり、肉幹と擦れ合う官能が、苛烈さを増す。
「おあっ……ああ!おっ、おお!澪さん……素敵だ!こんな……すごいセックス――初めてだぁアア!!」
最初から全力で腰をストローク――前戯も、過程を楽しむ余裕すらもない。
ただ男としての、牡としての役目を全うしようと、武司は柔らかな尻に指を食い込ませ、腰を強く突き上げる。
ずぶ、ぬぶぶ、じゅぶぶ!
(すごいっ!すごいっ!最高だぁアア!!炎のように熱い……ひ、ひだがぁ!ボクのちんこを吸い上げて……こ、腰が砕けそうだ!あ、ああ!もう……出そうだァ!)
肉鏃を牝壺に突き入れる度に、悩ましく蠢く襞管がキツキツに窄まって、強く激しく媚肉と肉幹が絡み合う。
今までで一番の、最高のセックス――。
理性も、知性も置き去りにして、武司は息を熱く振り乱す。
「はぁ、はああ!澪さん……もう出して!出してぇ、いいですかぁ!……と言うか!出す!もう……我慢無理ィ!」
「勿論!オッケーよぉ!でも……ちゃんとボクは”兄“失格のド変態屑野郎です。って言ってくれたら……もっとサービスしちゃう!」
「はぅ、はぁあ!!おおっ、いい!この動き……おあっ。お、おォォ!!」
限界間近な所で、澪の腰振りに変化が起きる。
くねくねと蛇のように腰をくねらせつつ、高速で尻を弾ませ、一段階ギアを入れ替えたリズムの牝壺が、武司の勃起肉に圧し掛かる。
またも興奮と快感の記録を更新。
武司は涙すらも浮かべて、興奮を露わにした。
「くはぁ!いい!もっと……この腰!尻がァ……ああ!まんこぉ!澪さんのまんこ……最高ですぅ!!あ、ああボクは――ボクは……兄失格の、ド変態……くっ、屑……野郎ぅぅうう!!」
快感に潤んだ瞳で、澪の子宮へと亀頭を突き立てる。
直後、妹からの視線と、自身が吐き出した言葉の恥かしさに、眉を顰め、満面を赤く染め上げる。
だが、遅い。
もう何もかもが遅い――。
澪の頬が耳まで裂けたように吊り上がった。
「決まりね!あなたは、優しいお兄ちゃんなんかじゃないわぁっ!」
狂笑を浮かべ、彼女は妖艶に腰をくねらせる。
「妹の前で女とセックスを楽しんでいる……いいえ!女に襲われたのに、
逆レ×プを悦んでいる!!――ただの屑 よっ!!」
むっちりとした尻房を密着させて、武司の勃起肉を咥え込む牝穴が、苛烈に引き攣る。
ギュウゥゥ、と狭まる襞壁が肉幹を絡み取り、肉快感がさらに登り詰めた。
「くはぁあ!で、でるぅうう!!」
どびゅる、びゅるぅううう――ドビュバァァ!!
「はぐぅ……はふぅ……はぁあ!さ、最高……だぁあ……くふぅ……」
今までにないほど心地いい射精――。
澪の極上の牝壺を、自身の精子で穢し満たした悦びに、武司は満足の吐息をゆっくりと零す。
男として。牡として。
最高に気持ちいい体験をした、彼は文字通りに歓喜の頂きで彷徨い続ける。
……すると。
「どうかしら?妹の前で……あんっ。くふぅンっ……女に犯される気分は――?なによ……なんでそんなに顔を蕩けさせて嬉しそうにしているのよっ」
「み、おさん。あっ……気持ちいい……ッ」
「本当に……情けない子。いいわ……もうあなたは”兄”じゃない。あなたは
今日から、あなたに相応しい姿に――立場になるの。その代わりに、あなたの体は、私が有効活用して上げるから。……うふふ」
「くはっ、あっ、ああっ。うっ……わぁああ!」
苛烈な評価と判決を聞かされた途端、ずぶずぶと体は再び床へと沈む。
夢の、悪夢の――そして、淫夢の終わりなのだろうか。
そう思いながら、体と共に意識は床下の闇へと飲まれていく。
(ゆ、め……の中でも。澪さん……ああ、素敵だぁあ……もっと……セックスした、かったなぁ、ぁ……)
途方もない射精快感に打ちのめされた武司は、甘い当惑に囚われたまま、
澪との激しいセックスを望み続ける。

だが、彼は気づいているのだろうか。

夢は、終わった。
悪夢は、掻き消えた。
淫夢も、唐突に断ち切られた。

しかし――それでも。

「うふふ。楽しみね、武司さん――あなたが、どこまで自我を保てるのか。
たっぷりと私と沙織ちゃんが、可愛がってあげるわっ」

石塚澪による淫靡な性教育は、幕を開けたばかりであった。

性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~ DMM版はこちらから
性転兄妹~富永武司の淫靡な妹ライフ~ DLsitecom版はこちらから

弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!

弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!

弟がメス堕ちするまでフタナリチ○ポで犯すのを止めない!

オトコノコドウシ

オトコノコドウシ DMM版
オトコノコドウシ DLsitecom版

オトコノコドウシ

どうやら俺が美少女に見えるらしい。道を歩けば犯されるし…

どうやら俺が美少女に見えるらしい。道を歩けば犯されるし… DMM版
どうやら俺が美少女に見えるらしい。道を歩けば犯されるし… DLsitecom版

どうやら俺が美少女に見えるらしい。道を歩けば犯されるし…

どんなお願いでも素直に聞いてくれるボクのお兄さん!

どんなお願いでも素直に聞いてくれるボクのお兄さん! DMM版

どんなお願いでも素直に聞いてくれるボクのお兄さん!

『催眠ホスピタル タージ』-女体化催眠音声-耳舐め・羞恥 CV:小町ういら

『催眠ホスピタル タージ』-女体化催眠音声-耳舐め・羞恥 CV:小町ういら DMM版
『催眠ホスピタル タージ』-女体化催眠音声-耳舐め・羞恥 CV:小町ういら DLsitecom版

『催眠ホスピタル タージ』

女になったオレの処女、ほしい?(1)

(1)が2016Q3おかし製作所DMM販売数58位
(1)が2016Q2おかし製作所DMM販売数33位

女になったオレの処女、ほしい? (1) DMM版
女になったオレの処女、ほしい?(1) DLsitecom版

買いました!
ストレートな女体化エロもので、格別の特徴が無いし、全体的には絵のパンチ力がやや不足しているので押しずらいのですが、定番オナニーやセーラー服での登校など押さえるべきところは押さえているので悪くもないです。お値段もリーズナブルなところなので、値段分の価値があると評価。
男は髪型で描き分けるべきだったかなぁ。

b417abevy00536pl.jpg

リコのナカにおネガいします

2016Q3おかし製作所DMM販売数58位

リコのナカにおネガいします DMM版
リコのナカにおネガいします DLsitecom版

リコのナカにおネガいします

借金返済のため女体化させられた俺は今日もこうして体を売る

借金返済のため女体化させられた俺は今日もこうして体を売る DMM版
借金返済のため女体化させられた俺は今日もこうして体を売る DLsitecom版

借金返済のため女体化させられた俺は今日もこうして体を売る

黒脳シンドローム 1 ~ 5

黒脳シンドローム 1 DMM版
黒脳シンドローム 2 DMM版
黒脳シンドローム 3 DMM版
黒脳シンドローム 4 DMM版
黒脳シンドローム  5 DMM版

黒脳シンドローム:5 (LINEコミックス)  

6回目のマネキンゲームで、美少女「マイ」に作り替えられた雪村は猟奇的な殺人犯に攫われてしまい…! ?




黒脳シンドローム 4 アマゾン版


4巻が出てた。



黒脳シンドローム 3 (LINEコミックス)

3巻では主人公雪村は、岩田とともに双子の女の子の姿へと変えられます。雪村が「カンナ」、岩田が「アンナ」。そしてデスゲームがスタート!小学校で授業を受けた後、殺人鬼「森のハンター」に狙われた二人は・・・てな展開。美少女になって殺されかけたりしたい人に特にお勧めです!そうでもないなら、3巻もやや甘めの値段分の価値がある、と評価。



黒脳シンドローム 2 (LINEコミックス)



黒脳シンドローム 1 (LINEコミックス)

「元の体を返してほしかったら、マネキンゲームに参加する?」
交通事故で瀕死となった高校生・雪村は、“全くの別人"の姿で目を覚ました。
⇒とりあえず最初の別人のカラダがリカコという女の子でした。
とりあえず続刊も買う感じで、やや甘目の「値段分の価値がある」で評価スタート。フルカラー漫画です。



女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!【コミック版】 5、6が出た!

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 6【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 5【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 4【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 3【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 2【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!【コミック版】

女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!【コミック版】

女装してハッテン場に行ったらニューハーフ娼婦にされちゃいました

女装してハッテン場に行ったらニューハーフ娼婦にされちゃいました DMM版
女装してハッテン場に行ったらニューハーフ娼婦にされちゃいました DLsitecom版

女装してハッテン場に行ったらニューハーフ娼婦にされちゃいました

感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 1巻 2巻

感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 1 DMM版
感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 1巻 DLsitecom版

感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 1巻

感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 2 DMM版
感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 2巻 DLsitecom版

感じる乳首…女体化ホストがフェチ男のNo.1に弄られ責められ 2巻

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2017-07